節約 社長

確定申告

今年は確定申告で税務署が激コミ?!マイナンバーが引き起こす3つのトラブル

今年は確定申告で税務署が激コミ?!マイナンバーが引き起こす3つのトラブル

 いよいよ確定申告のシーズン入りとなりましたが、今年は昨年と一つ違った対応が必要になります。それはマイナンバー対応です。申告の手順も一つ増えるのに加えて、自分や扶養家族のマイナンバー忘れなど、申告会場ではトラブルで大アラワとなる人が増えることが予想されています。紙の申告をする方は一刻もはやく作業を終えることをお勧めします。

確定申告前にチェック〜遅れて支払った保険料や年金は控除の対象にしても良い?

 確定申告の準備期間に入り、昨年の領収書をチェックしている方も多いことでしょう。ふと見ると、お金の工面上の問題、うっかり支払い忘れなどで、遅れて支払った社会保険料、国民年金の領収書が出てきました。納付... 

確定申告ニュースの記事をすべて見る

確定申告
確定申告には見落としがちな還付申請があります。損をしない確定申告テクニックをおさらいしましょう。
個人事業主の実態を掴みにくい4つの仕訳〜悩み始めたら法人化

個人事業主の実態を掴みにくい4つの仕訳〜悩み始めたら法人化

 個人事業でも青色申告を行う場合は、複式簿記による帳簿記帳が必要になります。ところが、法人の場合だと複式簿記による帳簿をするとわかりやすい仕訳も、個人事業の場合はわかりにくいケースが存在します。もしも、個人事業で会計上わかりにくい部分に悩み始めたら、それは法人化のタイミングかもしれません。


確定申告のキホン!申告する時期・場所・申告方法をおさらい

確定申告のキホン!申告する時期・場所・申告方法をおさらい

 確定申告は毎年、2月16日から3月15日の間に行われますが、準備していないがために、シーズン入りしてからバタバタする人が多いものです。そこでお勧めなのが、年末までに大方の処理を済ませてしまうことです。今回は、確定申告を行う際に必要な情報のうち、キホンの「キ」にあたる、申告する時期・場所・申告方法をおさらいします。


小規模事業主にお勧め!家内労働者の特例で65万円まで経費へ

小規模事業主にお勧め!家内労働者の特例で65万円まで経費へ

 ピアノの先生や保険の外交員、シルバー人材センターなどの職業で得る収入は、あまり経費がかかりません。このような収入はお給料ではないので、ある程度の収入がある人は、確定申告をする必要があります。このような場合は「家内労働者等の必要経費の特例」を利用するのは如何でしょうか?メリットと注意点をご説明いたします。


日本の会社はなぜ3月決算を選ぶの?その理由を徹底解説!

日本の会社はなぜ3月決算を選ぶの?その理由を徹底解説!

 日本企業の実に20%が決算月を3月に据えています。なぜでしょうか?大企業、特定の取引先を持つ企業、中小企業・個人商店毎に、その理由は全く異なるものとなります。更に、なんとなく3月を決算月として選んでいたなら、決算月を変えることでメリットが生じる場合もあるようです。走る税理士・鈴木さんが面白おかしく、深い内容で解説してくださいます。


来年の確定申告でドバっと活用したい新たな3つの控除項目

来年の確定申告でドバっと活用したい新たな3つの控除項目

 来年の確定申告に向けて、節税対策で活用可能な新たな控除が、平成28年度税制改正で決まりました。いずれの控除も、平成28年から3〜5年の間に期間を限定されたものばかりです。特に住宅関連の控除は、マイナス金利の導入による住宅ローン金利の低下と共に有効活用できそうです。オトクに活用したい新たな控除を3つご紹介したいと思います。


その発想は想定外!ドキッとした確定申告に関する質問あれこれ

その発想は想定外!ドキッとした確定申告に関する質問あれこれ

 3月に入り確定申告もいよいよ折り返し地点を迎えました。既に申告済みの方もいらっしゃるかもしれませんが、これからという方も多いことでしょう。そこで今日は税務のプロが確定申告について顧客から聞いた、びっくり仰天、だけど意外と多くの人が知らない、素朴でちょっと笑える素人な質問をご紹介します。青色申告があるなら黒色申告もあるの?ユーモアな質問満載です。


お金持ちを丸ハダカにする財産債務調書が確定申告デビュー

お金持ちを丸ハダカにする財産債務調書が確定申告デビュー

 富裕層や超富裕層と呼ばれる家計に対して、国税局が課税締め付けを強めています。平成27年の税制改正により導入が決まった「財産債務調書」は、いわゆる富裕層と呼ばれる収入・資産を持った人々に対して、資産のありとあらゆる情報を提出することを求めた、罰則規定付き書類です。いわば、お金持ちを丸ハダカにする制度と言って良いでしょう。


管理会計が出来ない経営者に好業績の未来はない

管理会計が出来ない経営者に好業績の未来はない

 事業者は法人であれ個人事業主であれ会計帳簿を作成し、確定申告をします。その際に、1年分の成績を決算書に取り纏めるのですが、その数字を経営に活かせているかというと、全く使用していないというのが正直なところではないでしょうか。会計には財務会計と管理会計という二種類の会計がありますが、経営者が未来について数字の判断を行うためには管理会計を覚える必要があります。


確定申告ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。