節約 社長

コスト削減

会社にとって悩みの固定費「地代家賃」を削減する3つの方法

会社にとって悩みの固定費「地代家賃」を削減する3つの方法

 地代家賃がやっかいなのは、会社のコスト全体に占める割合が非常に大きく、一度賃貸借契約を結ぶと解約しない限り、毎月必ず計上される固定費となることです。そこで本稿は地代家賃のコストを削減する、基本的な3つの方法について説明致します。なるべくキャッシュアウトを伴わぬ方法から始めることをお勧めいたします。

法人契約の携帯電話料金をコスト削減しよう!役立つ2つの方法

 殆どの企業は会社契約の法人携帯を利用しています。日経BPコンサルティングの調査によると、2014年の法人携帯の平均使用料金は、なんと一人あたり月額6,523円。100人の従業員が利用していれば、それだけで月額60万... 

コスト削減ニュースの記事をすべて見る

コスト削減
企業が行うコスト削減には戦略的なものから短期的なものまで千差万別です。単なるケチ経営者にならないように、コスト削減に関する成功事例・失敗例をご紹介いたします。
コスト半分も実現?!経理業務はアウトソーシングで大幅に節約

コスト半分も実現?!経理業務はアウトソーシングで大幅に節約

 中小企業にとっての付加価値とは「お金を生み出す業務」であり、それ以外の業務は、アウトソーシングすることが賢明な場合が殆どです。代表的な付加価値を生まない業務の一つが、経理です。一般的に記帳作業はアウトソーシングする中小企業が多いですが、経理までアウトソーシングすると、どんな節約が可能になるのでしょうか?


3秒で理解!コスト削減を円滑に進める3つの段階とは?!

3秒で理解!コスト削減を円滑に進める3つの段階とは?!

 常に増収増益を重ねられれば、自社にとってはどれだけ良いことかと思う方は多いことでしょう。しかし、現実にはなかなかそうは行かないもので、業績が悪い時には、時として思い切ったコスト削減を行わなければなりません。しかし無茶なコスト削減は社員の意識にも関わるため、3つの段階で適正に段階を踏んでコスト削減を行う必要があります。


コスト削減の観点と会社のステップアップの関係とは?

コスト削減の観点と会社のステップアップの関係とは?

 リーマン・ショック以降、経済の急激な落ち込みに伴って日本企業のコスト削減が加速しました。しかしその施策が落ち着いた現在、競争力強化のために業務改善を行う必要が出てきました。コスト削減することと、競争力を強化して会社をステップアップさせるために、必要な意識を本日は探ってみたいと思います。


経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット

経営者が埋没原価(サンクコスト)に惑わず前に進むメリット

 経営者の方の多くは、自分の事業に想い入れを持って、実務にあたっていることと思います。ところが自分が考えている想定利益を下回る収入しか得られていないとしたら、本当にその事業は行う価値があるものなのでしょうか?管理会計の埋没費用(サンクコスト)という概念を理解すると、経営者が意思決定を下す際には、過去の費用に囚われないことの重要性を学べます。


法人を解散し「個人成り」を決断したほうが良い3つの局面

法人を解散し「個人成り」を決断したほうが良い3つの局面

 個人事業主が法人を設立することを「法人成り」と言います。法人成りには節税対策の幅が広がることや、社会的な信用が増すこと等、様々なメリットがあります。逆に法人の経営者が、会社を解散し「個人成り」したほうが良いケースもあります。法人であり続けることには、メリットと裏腹に社会保険負担などコストの負担が大きいからです。以下、詳しく解説していきます。


社長そこはケチっちゃ駄目! ケチは◯◯を失うコスト削減

社長そこはケチっちゃ駄目! ケチは◯◯を失うコスト削減

 コスト削減は重要な経営課題です。しかしコストを下げることでお客様の満足度を下げてしまっては、結果的には客数が減少し売上が立たなくなります。お客様を失うコスト削減は「節約」ではなく、単なる「ケチ」となってしまいます。当サイトのテーマである「節約」と「ケチ」の違いを、実際にあった2つの残念な企業サービスの事例を元に、プロフェッショナルマーケターが解説してくれます。


1ページ100万円かけてもネット広告費はコスト削減できる

1ページ100万円かけてもネット広告費はコスト削減できる

 ネット集客で自社サイトを持つ時に便利なのが、リスティング広告を活用してブラウザ上で自社サイトの広告を打つことだ。しかしリスティング広告は入札によりクリック単価が決まるため、人気のあるキーワードで広告出稿すると競争に巻き込まれる。費用の一部でランディングページの強化を行えば、ネット広告はトータルで見た時にコスト削減可能になる。


フリーアドレス(座席自由)にしてコスト削減&効率アップ

フリーアドレス(座席自由)にしてコスト削減&効率アップ

 オフィス空間を上手に活用するために、有用な1つの手段が社員が自分だけの机を持たずに、出社したら空いている席に座り仕事をするオフィススタイルが「フリーアドレス」である。フリーアドレスを利用する際のメリットとデメリットを比較してみよう。導入を検討する際は、仕事がスムーズで効率的になるかどうかも重視する必要がある。


コスト削減ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。