キャリアアップ助成金

助成金

助成金を申請する前に会社として準備しておきたい4つのこと

 助成金の給付を受けるということは、会社の将来的な目標を掲げ、目標を達成して会社を新たなステージに引き上げるために、国から手段としてお金を受け取ることを意味しています。従って、助成金の申請を検討するなら、会社は「経営方針の明確化」をはじめとして、事前に4つの準備をする必要があります。
助成金

経常利益6%の会社が約120万円の助成金を受け取る際にかける労力の目安は?

 助成金を申請する際に、経営者の皆さんが悩まれることの1つが、「この助成金を取得する際にかける労力は果たして給付を受けた分でペイできるのか?」ということです。ならば、どれくらいの手間をかけるべきか、目安を抑えた適正な労働配分で申請を実行するまでのこと。そこでオススメしたいのが、経常利益から助成金にかけるべき手間と労力の目安を把握する方法です。
助成金

知らないと怪我するよ!助成金を申請する際に踏まえるべき4つのデメリット

 助成金の給付を受けることには様々なメリットがあります。一方で、返済不要なお金を国からもらえるわけですから、様々な制限や手間が発生するのも事実です。経営者はこれらデメリットを冷静に踏まえ、自社が本当に必要としている分野の助成金を申請する必要があります。以下、4つのデメリットをご紹介しましょう。
助成金

なぜあの企業は助成金に力を入れるの?助成金を申請する5つのメリット

 企業の中には助成金に詳しい専属チームを抱えている会社があります。なぜそんな部隊を抱えている会社があるのか?理由は、助成金を申請することで、これらの会社が余りあるメリットを享受しているからです。そこで、「助成金の全て〜活用のイロハ」シリーズ第3回目は、「助成金を申請するメリット」についてご紹介しようと思います。
助成金

助成金ってどんな制度?なぜ国は助成金を増やしているの?

 よく耳にする「助成金」ですが、我が国の企業で受給要件を満たして活用している企業は、全体の20%以下に留まっていると言われます。使わぬ理由の殆どは、「どんなものか内容を知らないから」「申請するのが面倒くさそう」という勿体無いものばかり。そこで本稿は、「助成金ってどんな制度?」「なぜ国は助成金を増やしているの?」という素朴な疑問にお答えします。
助成金

非正規労働者の正社員化を支援するキャリアアップ助成金とは?

 非正規労働者と正規労働者の間では、賃金や社会保証にかなりの格差があります。キャリアアップ助成金は、両者間の格差を是正する目的、もしくは正社員化を促進する目的を持ち、非正規労働者を正規労働者へ転換する取り組みを行っている事業者に対して支給される助成金です。本稿ではキャリアアップ助成金の概要を説明します。
助成金

更に支給額が増額され活用し易くなったキャリアアップ助成金

 キャリアアップ助成金とは、勤務地限定正社員、短時間正社員等の多様な正社員への転換制度を、パートタイマー、アルバイト等の有期雇用労働者が利用した場合に、企業へ支給されるものです。この助成金は今年も支給枠が拡大しましたが、背景にはどのような国内問題があるのでしょうか?申請時の注意点も含めて助成金のプロが解説してくださいます。
労務

若者雇用促進にユースエールマークを利用する4つのメリット

厚生労働省が今年の10月から、若者の雇用管理が優良な中小企業を認定するマーク(愛称:ユースエール)の運用を開始しました。マークを取得し若者の採用で助成金を受給しつつ、若者の育成でも助成金を受給することができ、対外的にも自社のブランド価値を高めることが可能な制度です。中小企業にとってはマークを利用するメリットが多いため、早い段階で利用を開始することをお勧めいたします。
助成金

数千万〜数億の資金確保も可能!キャリアアップ助成金とは?

 日本政府は、企業が非正規労働者の正規雇用を念頭に置いた訓練を施す場合に、企業にメリットがあるキャリアアップ助成金制度を設けています。ただでさえ優秀な人材の確保が難しくなっている今、人材確保にかかるコストは助成金を上手に活用し確保していくべきです。数千万~億単位の人材確保コストが削減できたため、人材育成にお金をかけて業績を伸ばしている企業もあります。