【節約】僕が20代で4件の不動産を取得するための頭金を用意した方法

資産運用

20代で不動産を4件取得できたの秘訣は節約

はじめまして。東京投資クラブの山口健と申します。

医療系の大学を卒業した後、病院に勤務しながら、24歳の時に不動産投資を開始しまして、区分所有を1室ずつ手堅く購入しながら、20代で4件の不動産オーナーになりました。

今では東京・神奈川、要は関東近辺で複数の不動産オーナーをやらせていただいてます。

節約社長

不動産投資を始めるにしても、平凡な勤め人がどうやってお金を貯めたか。

ズバリ節約なのですが、どんなふうに節約してお金を貯めたのかを簡単にご紹介します。

20代がアルバイトと給料をどう貯めたのか?

節約するためには、まず、以下のような目標と数字を設定する必要があります。

  • ①目標を設定する(ただ単に節約するというわけではなく、何のために節約したいか)
  • ②具体的な数字を決める(いつまでに?、いくら?)

僕は、20歳の時に30歳までにリタイヤすると決めていたので、不動産投資をするための資金がほしかったので、毎月いくら貯める。という感じで貯金をしました。

学生のときは、実家暮らしだったのでアルバイト代の70%貯金しました。社会人になってからは、1人暮らしだったので給料の30%貯金しました。

これは、「まず初めに貯金する数字」です。なので、臨時で支出があるときは「工夫」をしなければいけない状態にしてます。

「まず初めに貯金する」と、支出に対して「工夫」が生まれるんですね。無駄な飲み会や、無駄遣いは無くなりました。

最初に節約して購入した不動産が今も基盤

あっけらかんと簡単に書いてみましたが、意外と実践するのが難しくて、頭金を貯めるところで挫折する方が多いです。

ただ、僕の場合は20代で4件の不動産を購入できたのが(ちゃんと頭金を3割~5割いれて購入してます)、本当に大きかったです。

投資不動産が増えた今でも、あの初期購入の不動産が僕の基盤になっています。

ですから、37歳になった今でも、節約の習慣は変わりません。

資産運用
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
山口 史

東京投資クラブとは、経済と時間の自由を目指し、初心者の方でもスタートできるようになるための投資クラブです。
「不動産投資セミナー」や「投資クラブ」、「キャッシュフローゲーム」を中心に学び、実践することにより、お金と投資の基礎から学ぶ学校です。
2018年現在、延べ9000人の方が受講しております。

【メディア取材・掲載】
日本経済新聞社「日経ヴェリタス2012年10月号」に東京投資クラブ代表の投資セミナーが掲載されました。
他、産経新聞、NHKなどに取材・掲載されています。

山口 史をフォローする
節約社長