年間2400万円のコストを7%削減したはずがコストが増えていたワケ〜タコ社長の場合

コスト削減

 タコ社長が懸命に切り盛りするギフト会社Aは、目下1.5%の利益率を3%にあげようと必死です。そこで目をつけたのが、ギフトの資材包装代でした。月間200万円のコストを10%下げるべく、タコ社長は蛾次郎部長に指令を出し、7%の資材包装費ダウンにこぎつけますが、一年後に青ざめます。コストが増えていたからです。

ギフト会社Aのタコ社長がコスト削減を決意

 あるところにギフト会社Aがありました。タコ社長が懸命に会社を切り盛りしています。

 主力の商品は贈り物用の詰め合わせで、販路は問屋帳合の百貨店卸しが中心、

  • 売上:3,000万円/月
  • 粗利:900万円/月
  • 人件費:400万円/月
  • 家賃等の固定費:150万円/月
  • 配送料:100万円/月
  • 資材包装代:200万円/月
  • 税引前純利益:50万円/月

 という収入とコスト、利益の構造を持っていたとします。

 全てを差っ引いた税引き前純利益は1.5%であり、ギリギリやっている企業といったところ。

 百貨店も最近は売上が右肩下がりで厳しいため、コスト削減することで社内留保を多くし、利益率を何とか3%まで持っていきたいと考えています。

蛾次郎部長に課せた資材包装代のコスト削減

 ここでタコ社長が着目したのは、資材包装代の200万円でした。

 「年間2,400万円も資材費にかけてるの!?金かかりすぎ。これをあと10%コスト削減したら、一気に利益率が3%に近づく」と考えました。

 そこで社長は、生え抜き50代部長の蛾次郎さんに「資材メーカーと交渉しろ!」と怒鳴りつけ、Bさんも「この年でリストラはやばい」とばかりにか、社長の声にビビったのか必死に交渉をすすめます。

 ついに、「社長(心の声:タコこら!)!10%は無理でしたが、まとめ仕入れを行うことで、7%のコスト削減(値下げ)に資材メーカーが合意しました!少し多く仕入れた包装紙とダンボールは、空いたスペースがあるので、そこに置いておけば大丈夫です。」と報告があがってきました。

 2,400万円の資材包装代が2,232万円に下がれば、実に年間で168万円のコスト削減となり、利益率も2.1%へ大幅アップです。

 「よっしゃ、やったぞ!でかした蛾次郎!」

 さて、ここまでは良かったのですが、一年後にタコ社長は青ざめます。なぜでしょうか?

タコ社長に見えなかった「時間」というコスト

 タコ社長が一年後に青ざめた理由、それは、膨大に増えた資材の在庫管理に、蛾次郎部長が膨大な時間を使わなければならなくなったことです。

 タコ社長は当然のように蛾次郎部長に残業代も渡しませんが、蛾次郎部長も音を上げて在庫管理の担当を1人雇わねば、かえって不良在庫が増えると泣き言を言ってきます。

 「えーい!雇う!その代わり、営業もやらせるんだぞ!」と、年間350万円をかけてタコ社長は、30代後半のトラ君を雇いました。

 ところが、トラ君としては「入社したばっかりなのに、管理業務も営業もやらせるなんて…おまけに残業代も出ないなんて、まじで酷い会社だ!」と半年間でぷっつりキレて、やめてしまいました。

 蛾次郎部長は、トラ君への人材教育と在庫管理でヘトヘトになり、お金も人件費が半年分で180万円出ていった。

 「資材費で168万円削ったのに、トータルマイナス!」

 以上は仮名ではありますが、筆者が知り合いから実際に聞いた話です。皆さんにとっても「どこかで見た風景」ではないでしょうか?

 多くの企業では、見えるコストを削ることによって、見えないコストが増えている現状が多々見られます。

 これを防ぐ方法は、コスト削減を図る時に必ず、「人・モノ・金」という見える尺度だけではなく、「時間」という見えない尺度を念頭に入れることです。

  • 人を減らして節約(リストラ等)
  • 物を減らして節約(電球を減らす等)
  • 支出を減らして節約(交際費を減らす等)

 いずれも企業のコスト削減でよく利用されますが、これを行う時は「時間を効率的に使えるようになるか?」「生産性の高い時間を過ごせるようになるか?」という尺度を持たねば、かえって無駄が生まれてしまいます。

 タコ社長の場合も、生産性の高い時間への意識がコスト削減の際にはたらけば、もっと違った節約が出来たかもしれません。

 節約をする際は、「見えるもの」と「見えないもの」をトータルでバランスよく天秤にかけながら、問題を解決することが肝要ですね。

Photo credit: nappa via Visual Hunt / CC BY

コスト削減
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
景浦支勝

人事労務管理のエキスパートとして、40年に渡る日本企業の変遷を見てまいりました。

既存の価値観を常に疑いながら、人事労務管理の本質と助成金や補助金制度のオトクな情報をお届けします。

景浦支勝をフォローする
節約社長