会社設立に掛かる費用は何ヶ月前の分まで経費にできる?

新設法人を立ち上げるには何かと費用が掛かる

 新設法人を立ち上げビジネスを開始するためには、法務局での登記作業や、オフィスの契約、電話やインターネットの契約など様々な準備が必要となります。

  法人の設立日は法務局への登記申請日となるのですが、企画を練るなど法人の設立前から、ビジネスはスタートしていることが通常です。

 法人の設立日前にかかった経費は「創業費」という科目に計上して、経費算入されることになります。

 ここで問題となるのが、設立日からどの程度の期間に払ったものであれば認められるのか?という事です。

 本日はこの疑問について解説していきます。

創業費には創立費と開業費というものがある

 創立費とは、会社の設立費用全般のことです。

 会社設立に掛かる費用とは例えば、

  • 定款や諸規則の作成費用
  • 創立事務所の賃借料
  • 設立事務に使用する使用人の給料
  • 創立総会に関する費用その他会社設立事務に関する必要な費用
  • 発起人が受ける報酬
  • 設立登記の登録免許税等

 のことです。

 開業費とは、会社成立後、営業開始時までに支出した開業準備のための費用を言います。

 具体的には、

  • 土地、建物等の賃借料
  • 広告宣伝費
  • 通信交通費
  • 事務用消耗品費
  • 支払利子
  • 使用人の給料
  • 保険料
  • 電気・ガス・水道料等

 を指します。

国税庁は創業費の経費算入にどう言及してる?

 国税庁は「創業費」という科目に対して、設立日からどの程度の期間に払ったものであれば、経費算入を認めているのでしょうか?

〈法人税基本通達2-6-2〉法人の設立期間中の損益の帰属

法人の設立期間中に当該設立中の法人について生じた損益は、当該法人のその設立後最初の事業年度の所得の金額の計算に含めて申告することができるものとする。

ただし、設立期間がその設立に通常要する期間を超えて長期にわたる場合における当該設立期間中の損益又は当該法人が個人事業を引き継いで設立されたものである場合における当該事業から生じた損益については、この限りでない。

 黄色部分が要旨です。噛み砕いて表現しますと、

  1)設立期間中の経費などは、設立第1期目の計算に含めてもオッケー。

  2)ただし、常識的な設立期間より長くさかのぼっての計上はいけません。あと、個人事業主が法人化する場合には、設立前の費用などは個人事業の方に含めてくださいね。

 こんなニュアンスです。

結局、創立費計上は何ヶ月前まで遡れるのか?

 結局のところ、創立費は何ヶ月前まで遡って、経費計上できるのでしょうか?

 法人設立は、スムーズにいけば2~3週間もあれば事足りますが、どんなに長くとも1ヶ月程度でしょうね。※合同会社、株式会社の場合

 つまり、設立日前1ヶ月程度前の領収書であれば「創立費」としての計上には、問題ないものと考えます。

 では、1ヶ月以上前の経費はどうなのでしょう?

 これは税理士によって見解の別れるところです。3ヶ月までという人もいれば半年まで大丈夫という人もいます。

 これは完全なグレーゾーンです。

 もしも、1ヶ月以上前のものを経費算入するのであれば、会社設立のためにどうしても必要である旨を、説明できるようにしておくことが最低限必要でしょう。

 もちろん、さかのぼる期間が長ければ長いほど、難易度が高くなることを付け加えておきます。

節税
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カナリ総合会計事務所

カナリ総合会計事務所
代表税理士 金成 茂樹(かなり しげき)

「経営者が本業に100%専念できる環境づくり」が経営理念。
理念実現のために、近年はクラウド会計の普及による「会計の自動化」に尽力している。

毎月面談を強要する旧来型の税理士の在り方に疑問を感じており、これを廃止。
ITを駆使することにより「必要時に必要なアドバイス」を提供。経営の合理化に努めている。

2005年 大原簿記学校 入社 消費税法講師担当
2008年 KPMG税理士法人 入社
2010年 荒井税理士事務所 入所
2013年 税理士登録(登録番号:124636)
2014年 カナリ総合会計事務所 開業

カナリ総合会計事務所をフォローする
節約社長