2020年から青色申告は電子申告が断然有利!紙申告だと損するよ!

節税

2020年から電子申告(青色申告)が断然有利

確定申告が終わって1ヶ月が経ちましたが、今回、皆さんはどのような形で申告されましたか?

紙申告ですか?電子申告ですか?

今は慣れ親しんでいることもあり、紙申告をされている方もまだまだ多いかと思いますが、今後は電子申告したほうが、文字通りメリットが大きくなります。

というのも、2020年から電子申告(青色申告)するだけで減税できる制度が開始されるからです。

電子申告(青色申告)が断然有利になるワケ

青色申告者には色々な特典がありますが、2020年より青色申告特別控除額が現行の65万円から55万円に引き下げられることになりました。

しかし、青色申告特別控除については、従来の要件に加え以下のいずれかを行うと、現行のまま65万円控除を受けることが出来ます。

  • 1)電子帳簿を保存する
  • 2)電子申告を行う

つまり、電子申告を行うだけで現行のままの青色申告特別控除の適用を受けられます。

また、2020年から基礎控除が38万円から48万円に引き上げられることを考えると、現在65万円控除を受けている場合は所得が以下のようなります。

  • 1)紙申告:プラスマイナス0
  • 2)電子申告:所得が10万円減る

所得が10万円減ると、最大で所得税4.5万円、住民税1万円、合計5.5万円の税金を減らすことが可能になります。

また、国民健康保険等も減ります。

これを踏まえると、2020年以降は、青色申告するならば電子申告が断然有利と言えますね。

電子申告の準備や手間の早急な解消が望まれる

ただし、電子申告をする際には、ICカードの準備やカードリーダーの購入など、申告者側に準備が求められます。

また、電子申告は、MFクラウドやfreeeなどの会計ソフトで全てが完了するわけではなく、作ったデータを一度出力し、再びe-Taxソフトに組み込み申請する必要があるなど、手間がかかります。

とはいえ、電子申告するだけで、10万円の控除枠が拡大し、節税効果もあることから、やってみる価値はあるかと思います。

会計ソフトサービスを提供する会社も、これらを踏まえてサービスをアップデートすることを望みます。

節税
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
株式会社C Cubeコンサルティング

株式会社C Cubeコンサルティング/税理士法人C Cube
代表取締役/代表税理士 清水 努
昭和41年(1966年)10月28日生まれ(ひのえうま)

C Cube(シーキューブ)は銀座に創業20年の実績を持つ経営コンサルティングが強みの
会計事務所グループです。
『惚れられるサービスを心がける』を経営理念・社長信念とし、企業の経営者にとって
良き参謀役であるために、社長自らが行動し全力で伴走中。

毎週金曜日に社長ブログ『孤独な経営者の為の元気力』、月曜日に『知って得する!1分で読める税務・労務・法務の知恵袋』を配信中

株式会社C Cubeコンサルティングをフォローする
節約社長