海外出張の際に経費を現金で支払った場合、為替換算はどうしたら良いか?

節税

海外出張で気になるのは経費の為替換算

経済活動のグローバル化が当たり前になり、中小企業でも頻繁に海外へよく出向くことが普通になりましたよね。

さて、海外に出張する際に問題となるのが、経費の為替換算です。

航空券や宿泊先など事前に旅行会社やサイトで日本円決済している分については問題ないのですが、渡航地で現地通貨での決済の場合、帰国後の精算や記帳には日本円への換算が必要となります。

どのように処理すれば良いのでしょうか?

クレジットカード・現金それぞれの決済における為替換算

クレジットカード決済の場合

もしクレジットカードを使って決済した場合、カード明細には日本円に換算した金額が記載されてきますので、その明細に記載された金額を使用すれば問題ないでしょう。

特に欧米などの海外では、クレジットカードが身分証明書代わりにもなるため、実際にはカードを使うケースが多くなります。

現金決済の場合

現金決済の場合、空港の免税店などは例外として、日本円をそのまま使えるということはありません。

したがって、現地通貨を使うことになり、日本円にはその使用した日の為替レートを使用して換算することになります。

現地通貨に両替した日、現金を使用した日、残りを日本円に戻した日、それぞれでレートが異なりますので、その差額は為替差益/差損として認識する必要があります。

海外で領収書を紛失したりもらえない場合の処理

渡航中にもしアクシデントで領収書を無くしたり、もらい忘れたり、そもそも領収書がもらえなかったりした場合は、どうすれば良いのでしょうか?

領収書がない分の費用については、日付、金額、お店の名前、取引内容(物品の購入や飲食など)をメモ帳などに残しておきましょう。

特に金額は後から思い出すのが難しくなりやすいため、早めに処理する必要があります。

なるべく使えるところではクレジットカードを使用するのが、手間やトラブルを防ぐ上では有効策となりそうです。

節税
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
編集部

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長