コスト半分も実現?!経理業務はアウトソーシングで大幅に節約

コスト削減

 中小企業にとっての付加価値とは「お金を生み出す業務」であり、それ以外の業務は、アウトソーシングすることが賢明な場合が殆どです。代表的な付加価値を生まない業務の一つが、経理です。一般的に記帳作業はアウトソーシングする中小企業が多いですが、経理までアウトソーシングすると、どんな節約が可能になるのでしょうか?

中小企業にとって経理業務は付加価値が少ない

 限られたリソースに、どれだけ大きな付加価値をつけられるかは、中小企業の生命線と言えます。

 付加価値とは「お金(利益)を生み出す業務」であり、付加価値を作る業務以外は、アウトソーシングすることが賢明な場合が殆どです。

 実際にクラウドソーシングなど、アウトソーシングの技術は日々進化しています。

 付加価値を生まない業務の代表例として、経理業務があります。経理業務はお金を生み出しません。

 そこで本日は、中小企業が本業に専念し、リソースをお金を生むことに集中させるため、税理士事務所に領収書等の入力をアウトソーシングすることはもちろん、「経理業務全般」をアウトソーシングすることのメリットを、お伝えします。

経理業務全般をアウトソーシングするメリット

 まず最初に、記帳業務と経理業務の違いは何かということですが、経理業務は記帳業務よりも、その範囲が広いと思ってください。

 記帳業務とは、その名の通り、領収書や通帳取引を会計ソフトへ入力することを意味します。

 一方、経理業務とはその範囲が多岐に渡り、主に以下の様なものが挙げられます。

  • ・見積書作成
  • ・請求書発行
  • ・支払業務
  • ・経費精算(経営者や営業担当者の立替経費)
  • ・給与計算
  • ・入金確認
  • ・資金繰り管理

 記帳作業の他にも、お金周りの業務はこれだけのボリュームがあります。

 会計事務所は、これらの作業を行うエキスパートであり、人を一人経理で雇うより、遥かに安いコストで、正確に実行してくれます。

 内製化の半額程度で経理業務を実行可能な場合もあり、会社にとっては大きなコスト削減・節約を実現する手段の一つとなることでしょう。

経理の外注を導入するのが望ましいタイミング

 税理士と顧問契約を結んで、記帳業務からは開放されたものの、請求書発行業務等は結局、経営者や営業担当者、事務の人間などが作成しているのが、中小企業の現実です。

 経理担当者を採用するというのも1つの手段ではありますが、せっかく記帳を依頼して、御社のビジネス内容を理解している税理士がいるなら、その他の業務も任せてみてはいかがでしょうか。

 導入タイミングとしてお勧めな段階は、「ある程度ビジネスが軌道に乗り、請求書発行等に割く時間がもったいない」と感じ始めた頃です。

 上記の全てをいきなり外注するのも良いですが、御社の忙しさや予算に併せて部分的に外注していくという方法で、外部との連携で生じるリスクを抑えることができるでしょう。

コスト削減
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カナリ総合会計事務所

カナリ総合会計事務所
代表税理士 金成 茂樹(かなり しげき)

「経営者が本業に100%専念できる環境づくり」が経営理念。
理念実現のために、近年はクラウド会計の普及による「会計の自動化」に尽力している。

毎月面談を強要する旧来型の税理士の在り方に疑問を感じており、これを廃止。
ITを駆使することにより「必要時に必要なアドバイス」を提供。経営の合理化に努めている。

2005年 大原簿記学校 入社 消費税法講師担当
2008年 KPMG税理士法人 入社
2010年 荒井税理士事務所 入所
2013年 税理士登録(登録番号:124636)
2014年 カナリ総合会計事務所 開業

カナリ総合会計事務所をフォローする
節約社長