ビル・ゲイツの休暇の過ごし方をGW中に真似してみませんか?

時事

マイクロソフトのビル・ゲイツが休暇を取る際に、習慣としていることがあります。
それは、意図的に人と連絡が取りにくく、情報が遮断された場所で時間を過ごすことです。

情報産業の最先端にいる彼が、休暇を情報が遮断された場所で過ごす理由とは?
GW中にお金をかけず、ビル・ゲイツに習った過ごし方を少しでも実践してみませんか?

スポンサーリンク

ビル・ゲイツは休暇を人里離れた場所で過ごす

マイクロソフトのビル・ゲイツが休暇を取る際に、習慣としていることがあります。

それは、意図的に人と連絡が取りにくく、情報が遮断された場所で時間を過ごすことです。

ゲイツは年に二回、誰にも知られないアメリカのどこかにある山荘へ閉じこもり、休暇を過ごしているのです。

なぜ情報産業の最先端にいる彼が、休暇を情報が遮断された場所で過ごすのでしょうか?
スポンサーリンク

ビル・ゲイツが読書に充てるシンクウィーク

彼が休暇中、敢えて人と会うことが難しい場所に行く大きな理由は、コテージでゆっくり昼寝をするためでも、家族でバーベキューを楽しむためでもありません。

休暇の時間を、読書によるインプットへ全て充てるため、情報が遮断された場所へ移動するのです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ゲイツのこの習慣は、「Think Week(シンクウィーク)」として知られています。

ゲイツはこの休暇期間のうち、飲食や睡眠以外を全て読書に充てます。

英国の哲学者・フランシス・ベーコンは、読書についてこのように述べました。

読書は、論争のためではなく、そのまま信じ込むためでもなく、講演の話題探しでもない。それは、熟考のためのものなのだ。

本は先人の英知や経験を学ぶための、最も効率的な道具の1つであると同時に、内容を熟考し自分のものとすることで、新たな創造性を与えてくれる武器ともなるのです。

スポーツ選手が科学的に自分の身体の特徴を認識し、弱点を克服するためのトレーニングへ時間を充てるように、経営者も読書によって、自らの思考回路を豊かにすることは賢明です。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークは読書にうってつけの時間

まもなくゴールデンウィークが迫っていますが、今年は最大で10日間の休みとなります。

この期間にもし休暇が取れるならば、ゲイツのように1週間みっちりとは行かなくとも、1日〜2日を読書にみっちり充てるのはいかがでしょうか?

普段の忙しい仕事の合間に本を読むのも確かに勉強となりますが、内容を熟考し自分のものとするならば、まとまった時間を確保する必要があります。

インプットなくして、創造性に溢れるアウトプットは成し得ません。

ゴールデンウィークは、まさにそんな時間を意図的に作るにあたって、うってつけの時期だと思いませんか?

画像:ウィキペディア

時事
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
編集部

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長