節約 社長
大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

はれのひが粉飾決算で融資受ける〜皆やってるからOKは通じるか?

はれのひが粉飾決算で融資受ける〜皆やってるからOKは通じるか?
 はれのひの元社長が、粉飾決算後に6億円の融資を受け、それを返済に回したと報道されています。批判が集まる一方で、嘘で塗り固めた粉飾決算書類を使って、金融機関から融資を受けている企業は掃いて捨てるほどあります。「皆やっているから大丈夫」が、これからの時代通じなくなる理由を説明します。

はれのひが粉飾決算で融資受けてた?!どこにでもある話じゃないか。

 はれのひの元社長が、粉飾決算後に6億円の融資を受け、それを返済に回したと報道されています。

 結果破産したわけで、「とんでもないこと」という評価を受けています。

 参考リンク:粉飾決算後に6億円の融資 はれのひ元社長、返済に回す:朝日新聞

 しかし、どうでしょう?こんな話はどこにでもある話ではないでしょうか。

 嘘で塗り固めた粉飾決算書類を使って、金融機関から融資を受けている企業は掃いて捨てるほどあります。

 例えば以下の4つを私は、粉飾決算頻出事項と呼んでいますが、心当たりのある経営者、税理士の先生も多いはずです。
  • 1)売上架空計上
  • 2)在庫架空計上
  • 3)減価償却費未計上
  • 4)引当金を含む、負債未計上

マイナス金利政策の下、金融機関も黙ってはいられなくなっている

 そう、粉飾決算は誰もがやっていることなのです。だからと言って粉飾決算をやっても大丈夫、という話ではありません。

 金融機関もマイナス金利政策の下で少ない金利を強いられており、融資では稼げなくなってきています。

 そんな中、目をつぶって融資をすることは難しくなっています。

 たしかに、既に貸してしまっている融資先に対しては、担当者が責任回避のために懸命な延命措置を取る可能性がありますが、これも例外と考えるべきです。

 簡単にいえば、嘘をついてお金を借り、それを返済できないのであれば、これは詐欺です。

 その片棒を担いだとすれば、税理士、会計事務所の責任も完全に免れることは難しいかもしれません。

 背に腹は代えられないかもしれません。

 でも、自分が苦しければ銀行強盗をしてよいのでしょうか。

 当たり前のことを当たり前にやる。これがいかに難しいことか、私も業務を通じて実感をしています。

 M&Aの局面でも、粉飾決算をしている企業を売却することは相当難しいものです。

 今の時代、基本にかえることが大切だとあらためて感じます。結果を出している企業やビジネスは基本に忠実です。

2018年7月2日

銀行 金融機関 会計事務所 税理士 融資 粉飾決算 はれのひ

大原達朗
大原達朗アルテパートナーズ株式会社代表取締役/公認会計士・JMAA認定M&Aアドバイザー

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。