節約 社長
節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

法人カードのマイルやポイントを経費に充てた場合の会計処理方法は?

法人カードのマイルやポイントを経費に充てた場合の会計処理方法は?
 法人用のクレジットカードを使用すると、マイレージやポイントがかなり貯まりますよね。このポイントやマイレージを使って、会社の備品、あるいは会社主催の催し物で使う景品などを購入した場合、どのような会計処理を行えば良いのでしょうか?また、このような経済行動を行う場合、消費税は課税されるのでしょうか?

法人カードのマイルやポイントは経費に充てられる

 会社で経費精算が面倒ということで、法人名義のクレジットカードを作り、現金精算の手間を省くということもよく行われています。

 クレジットカードを使用すると、マイレージやポイントがたまるものがほとんどです。

 このポイントやマイレージはもちろん会社の持ち物ですので、会社経費に充てる分にはよいのですが、こっそり個人的なものに使ったりすれば業務上横領ということになりますし、税務的には給与(賞与)として課税されてしまう恐れがあります。

 それでは、たまったポイント等を使って会社の経費を支払った場合、経理処理はどうなるのでしょうか?

法人カードのマイルやポイントで経費を賄った場合の会計処理

 この点、税務上の規定がないため、次の二つの処理のどちらかで取り扱うことが考えられます。

1)値引き

 1万円の商品を購入する際、1,000ポイントを使って差額の9,000円を支払うという場合、ポイントの1,000円分を値引きとして考え、9,000円の商品を購入したとして処理します。

 もし全額をポイントで支払った時には、0円の商品を購入したとして経理処理はしないこととなります。

2)収入とする

 ポイント分を会社の収入として考え、上記の例の場合、消耗品費等を1万円、クレジットカードの未払金を9,000円で計上し、差額のポイント分1,000円を雑収入として処理します。

 全額ポイント支払の場合には全額が雑収入となります。

ポイント利用の取り扱いでは消費税が不課税

 ポイントを使って会社の経費を支払った時に注意することとして、消費税の取り扱いについて最後に触れてみたいと思います。

 こちらも規定はないのですが、国税庁HPに公開されている税務大学校の研究論文要約では、「ポイント利用の取り扱いは不課税」と記載されています。

 従って、現実の取り扱いもこれに準じると思われます。

 そうすると、ポイント分に対応する雑収入と消耗品費等の経費部分は、どちらも不課税取引として処理する必要があります。

 通常の経費とは異なる消費税の処理が必要となりますので、注意していただければと思います。

2017年12月7日

マイレージ ポイント 法人カード 景品 経費 消耗品費 税務 消耗品 国税庁

節約社長編集部
節約社長編集部

ホームページ

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。