個人的な借金を持つ経営者の会社は融資審査を通過しにくいって本当?!

資金調達

経営者が個人的な事情で借入金をおこす際は、会社の融資審査への影響が脳裏をよぎります。

実際にプロパー融資の審査では、経営者の借入金が趨勢に影響を与えます。一方で保証協会付き融資の場合は、会社の業績や将来性による判断メインで、あまりこの問題は関係ありません。

まずは保証協会付き融資を受けて、個人の借入金はダッシュで全額返してください。

スポンサーリンク

経営者の個人的な借入金は会社の融資審査に影響する?

長期間にわたる低金利や減税策で、ここ最近になって住宅ローンを組んだという人も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

また法律の改正や運用の厳格化、過払い金請求などの影響で利率が明確化され、消費者金融を利用しやすくなったと感じている方もいらっしゃると思います。

ただ、あなたには気になることが1つあります。

それは、あなたが会社の経営者であり、個人でおこした借入金が会社の融資に影響しないだろうか?ということです。

特に、あなたが個人で借入金が残っている人だったのに起業したとします。

初期投資や事業拡大など、会社では何かと資金が不足しがちなため、銀行からの融資を受けたいところです。

このようなケースで、個人の借入金は銀行の融資審査に影響するのでしょうか?
スポンサーリンク

経営者個人の借入金は一定のパターンで会社の融資審査に影響与える

社長(=個人)と会社(=法人)は法律上別個の存在であるため、社長個人の借入は本来会社とは何の関係もないはずです。

ですが、結論から言うと、

一定の条件下で社長個人の債務は会社の融資審査に大きな影響を及ぼします。

以下、銀行から受ける融資パターンの種類別にご説明しましょう。

プロパー融資の場合

特に中小企業では会社=社長という実態がほとんどであるため、銀行も直接融資、いわゆるプロパー融資の時には社長の個人信用情報まで審査します。

通常の住宅ローンであればよいのですが、もしその借入に多額の滞納が発生していたり、あるいは高利の消費者金融からの借入があったりすると、銀行としてはせっかく会社に融資したのに、社長個人の返済に流用されてしまうかもしれません。

返済が滞るリスクが高まります。

結論としては、

社長個人に借入金がある場合のプロパー融資は、融資を断られるか、個人借入の返済が会社融資の条件とされることがほとんどです。

信用保証協会の保証付き融資

一方、信用保証協会の保証付き融資の場合、銀行と保証協会が審査することになりますが、社長個人の信用情報までは対象とならないのが一般的です。

この場合は、会社の事業内容等から融資の可・不可を決めることとなります。

保証料を支払う必要はありますが、社長個人の信用情報という面からはプロパー融資よりも借りやすいと言えると思います。

ただし、保証協会の面談等で消費者金融からの借入があるなどと社長自らしゃべってしまうようなことがあると、断られたり全額の返済を条件とされたりするでしょう。

借入金があっても、むやみな他言は無用です。

スポンサーリンク

借入金があるなら保証付き融資から始めて、その間に個人の借入金は全額返せ

プロパー融資は保証料を支払わなくてよい分、手元に入るお金が多く借り入れ側には有利ですが、銀行側には外部の保証がないためリスクが大きくなります。

長年の取引実績や会社の業績等で信頼関係を築けていないとハードルは高いでしょう。

そのため中小企業では、保証協会の保証付き融資からスタートすることが多くなります。というか殆どです。

そこで着実に返済をこなし、実績を積み重ねていくとプロパー融資の話まで広げていけるでしょう。その間に消費者金融の借入は全額返しておくということは言うまでもありません。

資金調達
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長