節約 社長

脱税

脱税は完全にオワコン。今年更に強化された追徴課税をおさらい。

脱税は完全にオワコン。今年更に強化された追徴課税をおさらい。

 脱税をした場合は、罰金以外にも重いペナルティが課せられます。それは、追徴課税です。たとえ罰金を支払ったとしても、税金を支払ったことにはなりませんので、支払わなかった分のペナルティを加えられた額の課税額を、脱税した会社は支払う必要にさらされます。平成28年度には更に制度が厳格化しており、まさに「脱税はオワコン状態」と言えるでしょう。

小倉優子が元所属事務所に勝訴・芸能事務所の脱税手口とは

 タレントの小倉優子さんが、所属していた芸能プロダクションから「一方的に契約解除されたのは不当」と訴えられていた訴訟で、東京地裁は「事務所による脱税」を主因として請求を棄却しました。そこで本稿は、芸能... 

脱税ニュースの記事をすべて見る

脱税
脱税とは、納税義務がある、と見なされている個人や法人が、その義務の履行を怠り納税額の一部あるいは全部をのがれることです。知らず知らずのうちに脱税に手を染めないよう、何がシロで何がクロなのか脱税についての知識を整理してみてください。
貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

 最近雑誌などでよくみかけるタワーマンション節税ですが、国税庁が行き過ぎた節税策に監視の目を向けているようです。一般にマンションは高層階の部屋になるほど市場価格は高くなりますが、相続税評価においては、上記のとおり高層階であることによる価値は評価されず相続財産を圧縮できます。正当な使用目的や手順を踏んだ相続が認められなければ、節税が無効になる場合もあるので注意が必要です。


エアビーアンドビーで稼いだお金の税務署逃れは可能か?

エアビーアンドビーで稼いだお金の税務署逃れは可能か?

 民泊サービス・エアビーアンドビー(airbnb)の活用が、日本にも徐々に浸透し始めています。エアビーアンドビーを活用して、ゲストハウスをきちんと運営する仕組みさえ作れば、民泊サービスは大きな利益に繋るからです。「ちょっとしたお小遣い稼ぎだから、年間20万円以上稼いでも税金の支払いはあまり考えていない。バレないでしょ。」という意見もありますが果たして答えは?当記事でチェックしてください。


税金の時効をまとめてみた 脱税はこんなにも難しいのだ

税金の時効をまとめてみた 脱税はこんなにも難しいのだ

 法人であれば法人税や消費税の支払い、個人でも所得税や住民税の支払いをすると「なんで一生懸命に働いたのにこんなに国は持っていくの」と、うなだれたくなる時があります。納税が嫌な人の一部は「税金も支払わなければ時効がやってきて免税されるのでは?」という考えを持たれる場合もあるようです。確かに税金には時効が設定されていますが、実際に時効を待つのは得策なのか?プロが解説してくださいます。


組織のリーダーが違法行為に対して嫌悪感を保つべき理由

組織のリーダーが違法行為に対して嫌悪感を保つべき理由

 1960年代に行われたミルグラム実験は、人が権威の下に置かれた時良心に反する行動を取ってしまうことを証明する実験だ。転じて経営者は違法行為に対して普段から嫌悪感を持ち、違法行為に対して甘い一言を社員に言わないよう気をつけるべきだ。経営者の一言が、社員を違法行為に誤誘導してしまう可能性を認識しておきたい。


中途半端なタックスヘイブン活用は脱税で訴えられる要因

中途半端なタックスヘイブン活用は脱税で訴えられる要因

 タックス・ヘイブンは節税手段の1つだ。しかし目先の利益や身内のためにタックスヘイブンを利用した税金逃れを行うと、思わぬしっぺ返しを喰らうことになる。所得税は、「居住している国」の法律が適用されるが、日本国籍を有する場合、「生活の本拠」としての実態も海外に移さねばタックスヘイブン節税は脱税となってしまう。


マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

 約30年前に作られた「マルサの女」という映画で描かれる脱税の手口は、21世紀に入ってもそれほど変わっていない。経営者は事業を始めた時点で国税局にとって身元のわかる脱税の容疑者としてマークされており、如何に巧妙な手口を使ったとしても脱税は見抜かれる可能性が高い。映画でも描かれたバレやすい脱税手口を4つ紹介する。


「おくりびと」制作会社が国におくり返した追徴課税額を計算してみた

「おくりびと」制作会社が国におくり返した追徴課税額を計算してみた

 大ヒット映画「おくりびと」を手がけたセディック社が5年間で約10億円の所得隠しを国税局に指摘され、追徴課税額は約4億円となった。脱税の悪質さレベルが高い場合は、大きなペナルティが与えられる。本稿ではセディック社が具体的にどのくらいの規模でペナルティを受けたか計算してみた。翻って合法的な節税を行いたい。


脱税ニュースの記事をすべて見る

検索

無料メールマガジン

配信前ニュースを特別にお届け

一般配信前のオトクなニュースをメルマガ会員だけに先行配信します。

これを読めば貴方も他の人より一歩先に節約・節税・効率化に長けたイケてる社長になれる!

一週間のニュースをおさらい

本を読むなら目次から。新聞を読むなら見出しから。一週間に配信されたニュースを一挙におさらいします。