節約 社長

脱税

脱税は完全にオワコン。今年更に強化された追徴課税をおさらい。

今年更に強化された追徴課税をおさらい

脱税は完全にオワコン。今年更に強化された追徴課税をおさらい。

 脱税をした場合は、罰金以外にも重いペナルティが課せられます。それは、追徴課税です。たとえ罰金を支払ったとしても、税金を支払ったことにはなりませんので、支払わなかった分のペナルティを加えられた額の...

投稿日:2016年12月7日

【似て非なる】経営者なら知っておきたい脱税と粉飾決算の違い

経営者なら知っておきたい脱税と粉飾の違い

【似て非なる】経営者なら知っておきたい脱税と粉飾決算の違い

 粉飾決算と脱税、両者はどちらも不当に利益を増す行為であり、社会に対して「ウソ」をついている共通点があります。しかしながら、両者は似て非なるものです。脱税とはどのような行為なのか?粉飾決算とはどの...

投稿日:2016年11月21日

節税と脱税の意味はわかる。ところで租税回避ってどんな行為?

節税と脱税と租税回避はどう違う?

節税と脱税の意味はわかる。ところで租税回避ってどんな行為?

 『節税』は、納税者に対して、政府が公に認めた税金を少なく出来る権利であり、『脱税』は、違法に節税を行おうとする行為です。節税と脱税の定義は、誰もが知るところなのですが、それに対して、『租税回避』...

投稿日:2016年11月15日

国税局OB税理士の5億脱税指南に実刑判決!税を司った者が脱税指南に走る背景

国税OB税理士が脱税に走った背景

国税局OB税理士の5億脱税指南に実刑判決!税を司った者が脱税指南に走る背景

 国税局OB税理士が顧問先企業4社合計で約5億円の脱税指南に走った件で、東京地裁は懲役5年の極めて重い実刑判決を言い渡しました。国税局OB税理士がこのような脱税指南に走った背景の一つには、国税局に存在...

投稿日:2016年9月13日

小倉優子が元所属事務所に勝訴・芸能事務所の脱税手口とは

芸能事務所がよくやる脱税手口とは

小倉優子が元所属事務所に勝訴・芸能事務所の脱税手口とは

 タレントの小倉優子さんが、所属していた芸能プロダクションから「一方的に契約解除されたのは不当」と訴えられていた訴訟で、東京地裁は「事務所による脱税」を主因として請求を棄却しました。そこで本稿は、...

投稿日:2016年9月5日

国がパナマ文書問題にテコ入れ!富裕層の租税回避締め付けへ

租税回避行為を予防する国の方針

国がパナマ文書問題にテコ入れ!富裕層の租税回避締め付けへ

 今年の春先に世界を揺るがしたパナマ文書問題は、租税回避行為を行った著名起業家や大手企業の実名を、白日の下にさらすことで、大きな話題を呼びました。これを受けて、8月末には、国が租税回避行為の開示を義...

投稿日:2016年9月1日

愛人宅・タンス・庭の地中…脱税はなぜマルサにバレるのか?

脱税行為が必ずマルサにバレる理由

愛人宅・タンス・庭の地中…脱税はなぜマルサにバレるのか?

 国税局の発表によると、タイヤの中、床下、ソファー内、空き缶の中、知人宅の木箱や庭の地中など、様々な隠し場所から脱税によって得たお金が見つかっていることが分かります。なぜバレないと思っていた脱税が...

投稿日:2016年8月30日

【悲報】加算税ペナルティを国が強化!税金は絶対に支払おう

加算税の罰則規定が更に厳しくなる

【悲報】加算税ペナルティを国が強化!税金は絶対に支払おう

 「加算税」は、通常の期日どおりに適正に申告・納税を行わずに発生する罰則制度です。ペナルティで課せられる金額が大きいため、納税をしない会社にとっては、支払いが生じた時に命取りな制度ですが、今年の改...

投稿日:2016年8月4日

供託金逃れと告発されたLINEは本当に違法?供託金って何?

告発されたLINEに学ぶ供託金

供託金逃れと告発されたLINEは本当に違法?供託金って何?

 LINEが供託金逃れを行ったのではないか?とのニュースが話題になりました。ところで供託金とは、どのような趣旨に基づき制定された制度なのでしょうか?会社で供託金を供託所に預ける時の、会計処理方法とはど...

投稿日:2016年4月18日

野球賭博は違法で問題 ところで社長、賭けゴルフは大丈夫?

野球賭博が問題なら賭けゴルフは…

野球賭博は違法で問題 ところで社長、賭けゴルフは大丈夫?

 プロ野球シーズンがいよいよ始まりましたが、野球賭博の遺恨はまだ拭われていません。さて、春先といえばゴルフもトップシーズン入りとなりますが、かなり多くの皆さんが賭けゴルフをやられていることでしょう...

投稿日:2016年3月31日

多国籍企業の租税訴訟が中小企業にも影響を与え始める

大企業の租税訴訟が中小課税に影響

多国籍企業の租税訴訟が中小企業にも影響を与え始める

 毎年、国税庁からは異議申立、審査請求及び訴訟の概要が公表されています。毎年300~400件近くのものが終結し、そのうち5%~13%程度の訴訟について納税者の主張が認められています。しかしこれからは、国税局...

投稿日:2016年2月24日

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

むやみなタワマン節税にご注意を!

貴方のタワマン節税は国税庁に見張られているかもしれない

 最近雑誌などでよくみかけるタワーマンション節税ですが、国税庁が行き過ぎた節税策に監視の目を向けているようです。一般にマンションは高層階の部屋になるほど市場価格は高くなりますが、相続税評価において...

投稿日:2015年11月19日

エアビーアンドビーで稼いだお金の税務署逃れは可能か?

エアビーアンドビー脱税ほぼ不可能

エアビーアンドビーで稼いだお金の税務署逃れは可能か?

 民泊サービス・エアビーアンドビー(airbnb)の活用が、日本にも徐々に浸透し始めています。エアビーアンドビーを活用して、ゲストハウスをきちんと運営する仕組みさえ作れば、民泊サービスは大きな利益に繋る...

投稿日:2015年11月17日

税金の時効をまとめてみた 脱税はこんなにも難しいのだ

税金の時効をまとめてみた

税金の時効をまとめてみた 脱税はこんなにも難しいのだ

 法人であれば法人税や消費税の支払い、個人でも所得税や住民税の支払いをすると「なんで一生懸命に働いたのにこんなに国は持っていくの」と、うなだれたくなる時があります。納税が嫌な人の一部は「税金も支払...

投稿日:2015年11月12日

組織のリーダーが違法行為に対して嫌悪感を保つべき理由

リーダーはなぜ道徳心求められる

組織のリーダーが違法行為に対して嫌悪感を保つべき理由

 1960年代に行われたミルグラム実験は、人が権威の下に置かれた時良心に反する行動を取ってしまうことを証明する実験だ。転じて経営者は違法行為に対して普段から嫌悪感を持ち、違法行為に対して甘い一言を社員...

投稿日:2015年5月13日

中途半端なタックスヘイブン活用は脱税で訴えられる要因

タックスヘイブン半端な節税に用心

中途半端なタックスヘイブン活用は脱税で訴えられる要因

 タックス・ヘイブンは節税手段の1つだ。しかし目先の利益や身内のためにタックスヘイブンを利用した税金逃れを行うと、思わぬしっぺ返しを喰らうことになる。所得税は、「居住している国」の法律が適用されるが...

投稿日:2015年5月13日

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

脱税がバレやすい4つの手口

マルサの女で振り返る 脱税がバレやすい4つの手口

 約30年前に作られた「マルサの女」という映画で描かれる脱税の手口は、21世紀に入ってもそれほど変わっていない。経営者は事業を始めた時点で国税局にとって身元のわかる脱税の容疑者としてマークされており、...

投稿日:2015年2月5日

「おくりびと」制作会社が国におくり返した追徴課税額を計算してみた

「おくりびと」が返した追徴課税は

「おくりびと」制作会社が国におくり返した追徴課税額を計算してみた

 大ヒット映画「おくりびと」を手がけたセディック社が5年間で約10億円の所得隠しを国税局に指摘され、追徴課税額は約4億円となった。脱税の悪質さレベルが高い場合は、大きなペナルティが与えられる。本稿では...

投稿日:2014年10月30日