マネー

以下のカテゴリーもご参照ください。

資産運用

スイスフラン急騰 FX取引はリスクヘッジが命

 スイスフランの急騰によって、東欧諸国を中心とした実体経済への影響はもちろんのこと、FX投資家やFX業者では破産に陥っている人が多く出た。FX取引はレバレッジが効くために、短期間で大きな利益を得ることが可能な取引であるが、失敗した時に取り返しがつかない状況に陥ることも把握し、リスクを未然に防ぐ取引が望まれる。 
資産運用

日銀政策決定会合とはなに?-経済用語一本釣り

 今週も経済に大きな影響を与えるイベントが目白押しである。中でも一番の注目は、年明け初めて日銀政策決定会合が行われることである。ニュースでよく聞く「日銀政策決定会合」とは誰が、どんなことを決める会合で、どんな権限を持っているのだろうか?1月の政策決定会合における争点も含めて解説していきたい。
資産運用

ブル相場 イグニスはガンホーの後継者候補

 市場はすっかりブル(強気)相場入りとなった。日銀の追加金融緩和、自民党の圧勝、12月FOMC(米連邦公開市場委員会)の金利2015年4月までの利上げ見送りなど、春先までは株式市場でバブルが起きる様相ができあがっている。次のガンホーはどこになるのか、候補の一つとしてイグニスという会社を知ってもらいたい。
資産運用

混乱する株式市場 テーマを決めて投資

 先週混迷する株式市場について投稿した。月曜日の株式市場は大幅反発となったが、火曜日は300円以上の下げを見せるなど揺れ戻しは続く。暴落相場でお得な投資をするにはテーマを決め、投資する必要がある。単に値頃感で投資するのではなく、根拠を持って臨みたい。本稿では2014年ウィンター相場のテーマ別に、どのような企業への投資に注目が集まる可能性があるか検証する。
資産運用

日経平均暴落 暴落時の投資鉄則おさらい

 株安が止まらない。日経平均株価は16日(木)前日比-353円安、終値14,753円で取引を終えた。直近2ヶ月の上げ相場における上昇分を3週間で一気に消した計算となる。長期的な株価上昇路線に変更はないと思われるが、安易な買いは身を持ち崩す。暴落時の投資鉄則をおさらいし、お得で安全な投資を心がけよう。