マーケティング

スポンサーリンク
マーケティング

新たな販促手法として活用できる「クラウドファンディング」

 中小企業が一般的に利用できる資金調達手段は、金融機関からの融資もしくは親や友人に頭を下げてお金を借りる以外にはありませんでした。しかし、クラウドファンディングの台頭は、個人からの個口出資を募ることにより返済義務のない資金調達手段を産みました。実はクラウドファンディングは、新たな販促手段としても利用できるものです。
マーケティング

ピザ屋のチラシに学ぶウェブ集客でやってはダメな2つのこと

 毎日、大量に自宅ポストへ投函されるチラシの山。皆さんはこれらのチラシをまともに見ていますか?おそらく、ニーズに合ってない広告を投函された住人の側にとって、それらのチラシはゴミでしかありません。ウェブ集客でも同じことが起こりがちです。ゴミになるチラシから学べるウェブ集客でやってはいけない2つのことを解説します。
マーケティング

NBAステフィン・カリーにみるゲームチェンジャーの本質とは

 ジュリアス・アービングより、もしかするとマイケル・ジョーダンよりも圧倒的なゲームチェンジャーかもしれない…偉大なるNBAの偉人達が築きあげてきた歴史の中で、これまでの常識を全て覆す選手がいます。3ポイントシュートで試合を制するステフィン・カリーです。どのように彼はゲームチェンジャーとなったのか?ビジネスにも通ずる「常識を根本から覆す」思考を、ステフィン・カリーから学んでみましょう。
スポンサーリンク
マーケティング

Windows10の強制アップデートに皆が激オコとなった深い理由

 「Windows10への強制アップデート」により、作業へ支障をきたした人や、慣れた操作ができなくなった等、多くの人が怒りを覚えているようです。なぜ私達は今回の出来事に怒りを覚えるのか?その理由は「説得の心理学」のキーワードである「コントロール感」で説明できます。ウィンドウズの対応を反面教師として見ながら解説いたします。
マーケティング

優秀なキャッチコピーを判断する物差しに「かっこ良い」は無い

 ヒットしたキャッチコピーを見ていると、キャッチコピーはかっこ良くなければならないのか?と考える人がいます。しかし、キャッチコピーは結果として格好良くなくても、買ってもらえるなら優秀なキャッチコピーです。かっこ良くないキャッチコピーの成功事例から、考えてみたいと思います。
マーケティング

脳科学が明らかにした「コカ・コーラ」が消費者に選ばれる理由

 ペプシコーラは、コカ・コーラとペプシコーラのブラインドテストを過去に行ったことがあります。いわゆるペプシチャレンジです。品質面で選ばれたのはペプシにも関わらず、ブランドラベルを見せた後、消費者はどんな反応を見せたのか?その時、脳でどんなことが起こっていたのか?ブランド力が如何に人の選択を左右するかを理解することができます。
マーケティング

MBAが薦めるゴールデンウィーク中に読みたい3冊のビジネス書

 経営者(経営者層)の方々にとっては、あまりゴールデンウィークも関係がないのかもしれませんが、電話も鳴らず、打ち合わせもほとんど入らない期間ではあるはずです。この機会にしっかりと読書をする時間を作ってみるのはいかがでしょうか?MBAが薦める3冊のビジネス書をご紹介します。
マーケティング

なぜ男達は後の苦痛を知っていてラーメン二郎を目指すのか?

 ラーメン二郎にハマった人なら、グルタミン酸がもたらす快楽と引き換えに、何かを失ったり苦痛を感じた経験を一度はしているはずです。それでも人々がラーメン二郎に行列を成すのはなぜなのでしょうか?その答えをCRM( 顧客関係管理)の観点から考えてみました。
マーケティング

ガリガリ君に学ぶ 商品の値上げ時にやって良いこと悪いこと

 アイス・ガリガリ君の、60円から70円への値上げが各所で話題となっています。中でも社員総出の「お詫びCM」が大反響であり、 「値上げ」逆手に動画再生回数は、4月13日時点で142万回を超えて、公表を博しています。このように値上げを行う際に「やっておくべきこと」「やってはいけないこと」とは何なのか?解説いたします。
マーケティング

セブン&アイ鈴木氏が経営学や経済学より心理学を活用したわけ

 先日引退を表明した、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEOは、『消費は経済学や経営学ではなく「心理学」で考えなければならない』という考えを、折に触れて述べていました。鈴木氏の主導のもと、消費者の心理を読み切り、大きな成果を上げた販促キャンペーンが、なぜ成功したかを、心理学の観点から、マーケティングのプロに読み解いてもらいました。
マーケティング

2万円高額サロンを中止した梅木雄平さんの言い訳が草すぎる

 節税研究所さんからインターネット上で、経営者にとって反面教師として見ておくべき事案の緊急報告がありました!舞台はカリスマブロガー2人が開設した月額2万円の高額なインターネットサロンです。サロンを彼らが中止した理由を節税研究所さんは「草すぎる(わらえる)」と表現します。なぜ?
マーケティング

相手に同調するミラーリングを実践しセールス効果を上げよう

 人間は社会を作って行動する種の動物です。社会を作って生きる以上、各自が好き勝手にバラバラな行動をしていては集団を形成することができません。この特性を活かして、セールスの効果を格段に上昇させるのが「ミラーリング」というテクニックです。意識的に「同調行動」を取って相手の好感度と満足度を上げる術を、マーケティングのプロが解説してくれます。
マーケティング

五感は最強の購買スイッチ 顧客の嗅覚と触覚をフル稼働させよ

 リアル店舗で小売販売を行うときに、顧客の購買意欲を刺激する常套手段といえば、独自の陳列構成や手書きのPOPなど視覚に訴えるものが多く利用されていますが、五感を使うと更に購買に関する意思決定を強める傾向にあります。五感の中でも特に有効なのが、「嗅覚」と「触覚」です。これらをフル活用して見事に大幅な売上増を果たした企業の実例も交えて解説します。
マーケティング

低コストで接客の質を劇的に向上させたJINSの秘策

 読者の皆様は、格安でメガネをつくれる専門店「JINS」を利用されたことありますか?JINSはここ数年で急成長した企業ですが、店舗を短期間で増やした小売企業に起こりやすい、店頭での「接客サービスの低さ」に悩んでいました。形式的な決まり文句しか店員が言えないため、接客されたと顧客が感じていなかったのです。JINSが接客サービスを向上させるために取り組んだ秘策をご紹介いたします。
マーケティング

今日から出来る CRMを活用したリピーターを創出する接客術

 CRM(顧客関係性管理)とは、「お客様との良好な関係を形成し、維持することを目的とする様々な施策の企画・実施・検証・改善活動」のことを指します。 CRMというと、相応のコストのかかる「ポイントシステム」の導入など、難しい取り組みを想像される方も多いと思いますが、接客においては誰でもすぐに始めることが可能です。笑顔を見せて顧客を個人として認識することは立派なCRM活動となります。
マーケティング

ビジネスマンが名刺を持つことには本当に意味がなくなったの?

 ネットワークの発達により、最近では名刺の重要性が薄れてきたと感じる方も多いのではないでしょうか?スキャナーで読み込み、名刺情報のデータベースに入れるので、名刺自体は引き出しの奥にしまったまま。では本当に名刺に意味はなくなったのか?といえば、それは違います。第一印象の「印象管理」を行うためには今でも名刺がコストパフォマンス抜群なツールとして役立ちます。
マーケティング

なぜユニクロは自ら商品を「大ヒット商品」とアピールする?

 ちょっと季節外れっぽい話ですいませんが、入り口に、「ビール冷えてます!」というのぼりやステッカーがある居酒屋をみかけますね。あのようなのぼりを見るとなぜ私達はビールを飲みたいと考えてしまうのでしょうか?実はこれ「アンカリング効果」という心理学を巧みに利用したマーケティング戦略の1つなのです。手間を掛けない「言葉の調味料」をビジネスに積極活用しましょう。
マーケティング

なぜ商品に顔マークをつけると売上が爆発的に増えるの?

 パソコンの周辺機器メーカーのエレコムは多様な製品を開発していますが、同社製品の中で、とてもよく売れているシリーズが「顔マーク」付きの製品です。顔マークには、アテンション効果という人の「注意」を喚起する効果と、擬人化効果という2つの効果があり、人間の感情に訴求する上でうってつけの商品における意思表示を行う武器となります。お客さんを微笑ませる効果は間違いなくあります。
マーケティング

海外進出・製品開発の鍵「節約イノベーション」で道を切り拓け

 海外進出において現地法人設立はスタートに過ぎず、いざ始めると一番苦労するのは顧客の開拓です。多くの日本企業が日本製品は品質が良いので、高所得者層を狙えば売れるのではないかと安易に考えますが、大概のケースで失敗し失意のうちに日本へ撤退します。日本企業が海外へ進出する際は、現地の実情に合わせて製品からムダな機能を取り除く「フルーガル(節約)・イノベーション」を取り入れることが肝要です。
マーケティング

なぜ彼女はディズニーで3時間の乗り物待ちができるのか

 人が一見不合理かつ非論理的な消費行動を選択する例の1つに、ディズニーランドでの乗り物待ち時間が挙げられます。ディズニーランドはピークエンドの法則を応用し、乗り物のフィナーレを鮮烈で印象深いものとすることで、顧客に満足感を与えてリピーターとしています。ビジネスの様々な場面でピークエンドの法則を思い出すことは賢明です。
スポンサーリンク