ビジネス

以下のカテゴリーもご参照ください。

経営

ナッツリターン 子供は会社を継ぐべきか?

 大韓航空の副社長がナッツの出し方に激怒し、乗っていた自社旅客機を搭乗口へ引き返させた責任を取り、辞任に追い込まれた「ナッツリターン」騒動が世界的な話題となっている。子供に会社を継がせるか否か判断する際には、本人に能力があると客観的に認められること、優れた二番手の存在が重要になる。
IT

ビジネス仕様の英単語はユーチューブで学ぶ

 楽天やユニクロが社内公用語として英語を採用したように、ビジネスのグローバル化に伴い英語を修得する重要性はますます高まっている。英会話スクールへ行ったり、英単語帳を見るのが億劫ならユーチューブで海外の動画を日本語訳と一緒に並行して見ることで、効率的にビジネスで必要とされる英単語(フレーズ)を修得することが可能だ。
企業分析

カイゼンせよ トヨタが本格的に農業進出

 トヨタ自動車が熊本の農業法人へ出資を行うことが報じられた。トヨタが農業へ直接出資することは今回が初めてとなるが、グループ会社「豊田通商」で、既に国内青果の生産から販売を一気通貫で行うことに成功しているので算段はつきやすい。不効率な作業が当たり前の業界で、トヨタの「カイゼン」が浸透するか見ものだ。
企業分析

人材育成を重視 日高屋インフレでも絶好調

 外食チェーン店の多くが軒並み業績を落としていく中で、気を吐いているのがラーメンチェーン店「日高屋」を運営するハイディ日高である。35期連続黒字かつ10年連続最高益を達成する裏側には、自社人材に対する真摯な姿勢があった。人材の流出を防ぐことにより、無駄な採用経費をかけない日高屋はまさに節約経営のお手本と言えよう。
コスト削減

ヤマト佐川相次ぐ値上げ 宅配コスト削減術

 企業にとって商品配送コストの削減は利益を左右する大きな命題の一つである。今年に入りヤマト運輸や佐川急便が相次いで配送費の値上げを行ったため、利益を押し下げられているケースも多い。配送コストを下げるためにどんな対策が打てるか具体的対策方法を3つ提示する。原油価格が値下がりした今がチャンスだ。
マーケティング

2014日経MJヒット番付発表 来年のヒット商品も独自大胆予想

 「日経MJヒット番付」が昨日公開された。現在の日本を流れるビジネストレンドが把握できるので、ぜひチェックしてみよう。併せて本年の番付入り商品のうち、節約社長独自視点で各商品にフォーカスした記事を再度ご紹介する。おまけコーナーでは節約編集部が考える来年の流行トレンドを元に、来年どんなヒット商品が世の中に登場するのか大胆に予想してみた。
労務

超効率国家ドイツ 18時以降残業禁止へ

 合理的な思考のドイツで「18時以降は全国民残業禁止」という驚きの法案が国会を通過しようとしている。羨ましい限りであるが、ドイツは人口8,000万人、GDPも日本に次ぐ世界4位の超大国である。真面目な気質や職人が尊ばれる文化など日本とドイツには似た側面もあるため、彼らの働き方から学べるものは多い。
企業分析

吉野家はなぜ牛すき鍋戦争に勝利したのか?

 昨年の冬、大きな話題を提供したのが、吉野家とすき家がメニュー化した「牛すき鍋定食」である。同じ定食を出した吉野家は直近四半期業績前年比4倍増、一方のすき家は上場来初の営業赤字となった。吉野家にあって、すき家になかったものは「よい仕組み作り・効率化」に対するノウハウの積み重ねだ。質の高い仕事を維持するために牛鍋戦争から学べる教訓は多い。
効率化

ジェネレータで効率的にスクリーンショット作成

 ウェブでブログや記事を発信する際にスクリーンショットの見せ方で悩むことが少なくない。しかし、時間短縮・作業効率化を図るのであればジェネレーターと呼ばれる自動で画像を合成・作成してくれるサービスを使ってみるとよい。記事やブログの中身に割ける時間が格段にあがる。
IT

驚くほど効率的 LineをPCに入れるメリット

 スマートフォンユーザーにとって、もはや必須のアプリとなったLine。読者の皆さんも多くの時間をLineで行うコミュニケーションに費やしているのではないだろうか?プライベートはもちろん仕事でも気軽に利用できるコミュニケーションツールだが、文章を確認したり、送信する作業をPCで行えるようにしておくと効率的でかなりの時間短縮が可能となる。ぜひインストールをおすすめしたい。
マーケティング

ニッチ分野に狂え オタフクソースの選択

 「お好み焼き」といえば「オタフクソース」を使用することは世の中で常識として受け入れられている。お好み焼き市場は2,000億円にも到達する巨大市場であり、オタフクソースは市場の母と言えるほどお好み焼きの全てに関わるユニークな企業である。特定のニッチ分野への集中と選択が効率化につながり、ソース市場に君臨する会社に迫る。
企業分析

テレビ東京増収増益 弱小テレビ局汚名返上

 テレビ局5社の2014年9月期業績発表が終了した。5社中2社が増益となったが、その中でも著しい躍進を遂げているのがテレビ東京である。長らく続いたテレビの時代に「5強1弱」の1弱と呼ばれた弱小テレビ局が予算の少なさをバネに、ブレない姿勢とニッチな市場を狙う戦略で独自の差別化に成功したことは多くの経営者にヒントを与える。
企業分析

広島カープ 39年連続黒字の節約市民球団

 緋色のキャップに「C」の文字といえば広島カープである。カープは一見、日本プロ野球界の中でも地味な球団だが、他球団が成し得ておらず、民間企業にも至難の業と言える39年連続の黒字経営を続けている優良企業である。カープが黒字を毎年達成するために行う、ユニークな節約術を本稿では紐解いてみた。
経営

大局観を持つ経営を 業界地図のススメ 

 そろそろ2015年を意識する時期だ。多忙な経営者は、自社の事業計画をどう進めるかについて明確であっても、他の業界がどのような動きをしているか把握していない場合が多い。そんな時に効率よく世の中を知る上で役立つのが「業界地図」の活用だ。一読することで自身のビジネスへのヒントやチャンスも見いだせるかもしれない。
企業分析

iPhone6大ヒット 裏で大儲けの節約企業 

 米アップル社が9月に発売開始したiPhone6が大ヒットしている。利益率の観点で、今回のiPhone6ヒットでアップル以上に恩恵を受け、笑いの止まらぬ日本企業がある。山梨県忍野村に本社を置く工作機械メーカー「ファナック」だ。コツコツ節約しながら、確固たる技術力で圧倒的な利益を出す企業に迫る。
経営

【徳川家康・伊達政宗・毛利元就】戦国大名達に学ぶ 粗食で制覇のススメ

天下人となった徳川家康、奥州の覇者となった伊達政宗、中国地方を支配した毛利元就、といった戦国時代の成功者に通じるキーワード、それは「粗食」。平均寿命が30歳前後であった戦国時代に前述の3者は倍以上の長寿を全うして、コトを成し遂げた。戦国時代のヒーロー達は、食生活がいかに仕事と関係しているか教訓を残す。
経営

軍師黒田官兵衛に学ぶ 戦上手は節約上手

大河ドラマで脚光を浴びている黒田官兵衛。太閤秀吉の天才軍師として活躍し、後に将軍家康が一目置き、福岡藩52万国の祖となったことがクローズアップされやすい。官兵衛が戦上手だった理由は日頃の「節約術」にあった。企業も勝負時に備え普段から如何に節約を行うことが大事か、偉大な軍師は教える。
経営

三菱の歴史は買収の歴史 成城石井も一例

 高級スーパー成城石井がコンビニ大手ローソンに550億円で買収された。今回の買収は買収する側も売却する側も三菱グループの企業である。動乱期にお得な買収で巨大化した三菱グループの文化を知ることは、混迷を極める過当競争の時代に生きる経営者に、動乱期こそ規模拡大のチャンスがあることを教える。
企業分析

アップル節税阻止 ヨーロッパの伝統的価値観

 欧州委員会はアイルランドの米アップル社への法人税優遇措置が、EUの競争法に違反していると主張した。アップル社への追徴課税も視野に入る。EUは国際司法の中心であり多くの規範を作り出してきた。ノブレス・オブリージュという伝統的価値観を元に、国際的な節税阻止の動きが始まる可能性がある。
マーケティング

ご当地グルメ 負のスタートからイノベーション

 いぶりがっこ、信州そば、さぬきうどん、といえば日本を代表するご当地グルメであるが、そのルーツが地域特有の資源不足を補うために作られた事を知る人は少ない。日本特有の「足るを知る。」精神から生まれたご当地グルメ誕生ストーリーは人・モノ・金という資源が限られた経営者たちに教訓を与える。