「売る仕組み」をささえる2本の柱の作り方 Part1

経営

こんにちは。ブリッジワークの高橋です。

『売る仕組み』を持っていないビジネスというのは、本当にもろいです。

調子がいい時はあまり関係ありませんが、逆風が吹いた時に仕組みがないともの凄くもろいわけです。

そこで今回は『「売る仕組み」を構築していくためにとても重要な2つの柱』について解説していきます。

スポンサーリンク

『売る仕組み』とはなにか?

『売る仕組み』を作る目的とは?

まず『売る仕組みの目的』とはなにかというと、「ビジネスの目的とは顧客の創造である」。

これはドラッカーの有名な言葉です。

『売る仕組み』とは、貴方のことを信頼して何度も店に足を運んでくれる、沢山の常連さんを生み出すシステムのことです。

『売る仕組み』を作る工程は工場作りと似ている

例えば工場。工場はシステムですよね。次に何をするのか決まっているラインがあります。

つまり、『売る仕組み』というのは言葉を変えると、「常連客を生み出すための工場」とも言えるでしょう。

たとえば、貴方が工場を作るとしたら最初に何を考えますか?

『ロスなく高い品質の製品を生み出すためにどういうプロセスを作るか』ということではないでしょうか。

工場のラインは、どの順番で何をしていくのかによって、ロスであったり、品質というところに差が出てきますから、、最初にこのプロセスを考えるわけです。

「常連客を生み出す工場」であるとしたら、やることはこれと同じで、『売る仕組み』を作るために最初にやるべきことは、『セールスプロセスを決める』ということです。

『セールスプロセスを決める』

では具体的にセールスプロセスを決めるとは、どういうことなのでしょうか?

セールスプロセスを決めることは、広い意味で言うと、常連客を生み出すために、どの順番で何をやって行くかを決めることです。

  • 「見込み客を集めるために何をするか」
  • 「集めた見込み客から信頼を獲得するために何をするか」
  • 「信頼を獲得した見込み客に最初の商品を売るために何をするか」
  • 「継続的に商品を購入してもらうために何をするか」
  • 「常連客になったら、常連さんを守るために何をするか」

このプロセスごとに何をやるかを決めます。

もっと具体的には、

例えば、

  • 「セールスレター」
  • 「商談・セールストーク」
  • 「クロージングトーク」
  • 「アフターケア」

をいつ、どの段階で、どのように提案するかを決めることです。

『仕組み』を作る上でこの『プロセス』はもの凄く大切なことです。

「次に何をやるのか決まっている」、つまり売ることのシステムが出来上がっている状態ですね。

工場は『次に何をやるのか決まっている』からラインになっていって、最後製品になるわけです。

マーケティングも同じで、『次に何をやるのか』が決まっていて初めて、『仕組み・ライン』になっていくということです。

『売る仕組み』が無いとどんな問題がビジネスに起こる?

調子がいい時は本当に仕組みとか関係なく売れるものです。しかし、残念ながらビジネスというのは、そんないい時ばっかりではありません。

無風、逆風の時にこそ『仕組み』が重要です。例えば工場でトラブルがあった事を想定してみてください。

工場でトラブルがあるとどこで起きているかすぐわかります。原因もすぐにわかります。要するにそこを直せばいいわけです。

『売る仕組み』も同じで、「売上が伸びない」「売上が停滞している」という時にどこに問題があり、どの過程で問題になっているのかが分かると手を打つことができます。

もしこの『仕組み』を持っていないと、「売上が下がる」「低迷する」「停滞する」となっても、どこで何が起きているのかがわからないので、何をすればいいかわかりません。

スポンサーリンク

『セールスプロセス』がしっかりした『売る仕組み』のもたらす効用

『セールスプロセス』があると行き当たりばったりにならない

『売る仕組み』について、最初にやるべきは、この『セールスプロセス』を決めるということです。

しかし、多くの人は、行き当たりばったりでシステムになっていません。

例えば、「3回以上ご来店頂いたのに、しばらく何ヶ月間来てくださっていない」という場合に、仕組みがしっかりしていると、「はい、じゃあ休眠客の方々にレターを出そう。」というようになります。

とはいえ、システムも、経年劣化を起こします。

時代の変化によって、環境の変化によって作り変えたり、改善しなければいけない場面が沢山ありますので、『セールスプロセス』は常に改善を求められます。

「売る仕組み」を支える1本目の柱は「セールスプロセス」2本目の柱は?

さて、「売る仕組み」を支える柱には、実はニ本の柱があります。

一本目の柱は、今日ご紹介した「セールスプロセス」です。

このプロセスがあるから、今何をするべきかが明確になります。

次回は『ニ本目の柱』について紹介します。

プロセスを考えるということは『設計』です。

これを実際に動かしていかないといけないわけです。

動かしていくためにはある『ドライバー』が必要になります。

次回はこの『ドライバー』についてお伝えしたいと思います。

経営マーケティング節約
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長