【今更だけど】顧客生涯価値を伸ばしたほうが良いのはなぜか?

マーケティング
スポンサーリンク

LTV 顧客生涯価値とは?

マーケティングでも最も重要な数字の一つ「顧客生涯価値」

 『マーケティングとは数学と心理学である』

 こういったのはダン・ケネディなんですけれども、数字のからくりを知る事でマーケティングはもっともっと楽しくなります。

 そこで今日は、マーケティングにおいて今更感はあるけれど、絶対に抑えておいたほうが良い数字、「顧客生涯価値」について解説したいと思います。

 顧客生涯価値とは、お客様一人、平均一定の期間内、例えば「1年間の中で一体いくらの粗利を貴方にもたらしてくれるのか?」を表す数字です。

 意外に貴方の競合はこの数字を意識していないはずですから、知るだけでも随分違うと思います。

 しかも、顧客生涯価値の意味とからくりを知ると、アイディアも次々と生まれてきます。だから売上も確実に上がってきますよ。 

なぜ顧客生涯価値を伸ばす必要があるのか?

 まず、具体的に、顧客生涯価値を伸ばす施策をご紹介しましょう。

 例えば、最近のスタバに行くと「お食事も如何ですか?」と聞かれたりしませんか?

 マクドナルドに行くと、「ポテトも合わせて如何ですか?」なんてよく聞かれますよね?

 スーパーやコンビニに行くとレジの周りに「身の回り品」、ちょっとしたものがたくさん置いてありますよね。

 実はこれ、全て顧客生涯価値を伸ばす為の施策なんですね。

 では、なぜ顧客生涯価値を伸ばさないといけないかというと、理由は簡単です。手元に残る利益が大きく変わるからです。

 『顧客生涯価値』が小さかったら、苦労して新規のお客様連れてきても、手元に残るお金は少なくなります。

 一方で、『顧客生涯価値』がちゃんと一定の基準を満たして、更にそれを大きく伸ばすような試作を取る事が出来たら、広告で一人のお客さんを連れてきても、手元に残るお金は大きくなります。

 つまり、顧客生涯価値を意識しているかいないかは、お風呂に水を入れる時に、穴のあいたコップで水を汲んでお風呂に入れる人と、頑丈なバケツで水を汲んでお風呂に入れる人くらいの差を生むのです。

 『顧客生涯価値』の数字というのは『売る仕組みの強さを表している数字』でもあるんですよね。

ヒントは「単価と頻度」顧客生涯価値を伸ばす施策

 顧客生涯価値の設定期間は業種や業態、サービス内容によって変わります。

 お客様を獲得したら一人平均1年間でいくら貴方に力をもたらせてくれるのか?10年間でどれくらいのお金を支払ってくれるのか?といった具合にです。

 この『顧客生涯価値』を決めるのは、1回あたりの利用単価と利用回数、つまり「単価と頻度」です。

 これを考えると『顧客生涯価値』を増やすアイディアが色々考えられますよね。

 例えば、マクドナルドやスタバのように会計の時の声がけをルーチン化して、関連商品・上位商品を売ることができます。

 これは、「クロスセルとかアップセル」とかと言います。

 あとは、商品ラインナップの中に超デラックス版を追加してみるのも顧客生涯価値を増やすと、一定の割合で必ず買う方が出ます。

 超デラックス版は粗利率が高いですから、『顧客生涯価値』もいっぺんに大きな割合で改善されます。

 あとは、「毎月××日に必ずお届けします」みたいな、継続課金(サブスクリプション)のサービスを導入してみるのも一つの手です。

 『次に何をする』『次に何を売る』

 これをちょっとおまじないにしながら、『顧客生涯価値』を大きく伸ばしていくアイデアを出してみてくださいね。

 
マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長