2015年フォーブスが発表した世界と日本の大富豪

経営

 アメリカの経済誌「フォーブス」により、毎年恒例の世界長者番付が今年も発表されており、日本円で合計1200億円の資産を持つ世界の大富豪1,826人が名を連ねている。世界のトップ5は顔ぶれが変わっておらず、日本の経営者もトップ3の資産評価額は1兆円を超えた。保有資産の大半が株式のため、昨今の株価上昇が更に資産を増やす可能性は高い。

世界富豪2015 トップ5の顔ぶれは変わらず

 アメリカの経済誌「フォーブス」により、毎年恒例の世界長者番付が今年も発表されている。ランキングには併せて10億ドル以上(日本円で1200億円)の資産を持つ、世界の大富豪1,826人が名を連ねた。

 まずは世界の大富豪ベスト5をご紹介しよう。

  • 1位 ビル・ゲイツ マイクロソフト元会長兼顧問 792億ドル(日本円で9.50兆円)
  • 2位 カルロス・スリム  テレフォノス・デ・メヒコ会長(メキシコの大手通信業社) 771億ドル(日本円で9.25兆円)
  • 3位 ウォーレン・バフェット バークシャー・ハサウェイ会長兼CEO(世界最大の投資持株会社) 727億ドル(日本円で8.72兆円)
  • 4位 Aアマンシオ・オルテガ インディテックス元社長(ザラを運営するアパレルメーカー) 645億ドル (日本円で7.74兆円)
  • 5位 ラリー・エリソン オラクル元CEO  543億ドル(日本円で6.52兆円)

 トップ5の顔ぶれは2014年となんら変わらない。それぞれが千億単位で資産を増やしていることもわかった。

 20位以内で一番年齢の若い大富豪は、フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ(30歳)だ。日本円で約4兆円の資産を持つ。

日本の大富豪 資産額ベスト3は有名人並ぶ

 小さな国の国家予算のような莫大な資産を有する大富豪たちだが、日本の大富豪はどうなったのだろうか?ベスト3をご紹介しよう。

1位 柳井正 ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長

 
資産額:202億ドル(日本円で約2.4兆円)
 前年2位からランクアップし日本人では1位の大富豪となった。柳井会長は2人息子を持ち、彼らの持つ資産も10億ドル(日本円で1200億円)以上である。2人はいずれも同社に入社し執行役員に就任しているが、柳井氏は以前から「社長を世襲しない」と公言している。

2位 孫正義 ソフトバンク代表取締役社長

 
資産額:141億ドル (日本円で約1.7兆円)
 昨年の日本1位からランクダウンしたものの、きっちり上位をキープした。5分で投資を決定したというエピソードが有名な、アリババの株30%を保有し、昨年アリババがニューヨーク証券取引所に上場したことから資産を積み重ねている。

3位 三木谷浩史 楽天代表取締役会長兼社長

87億ドル(日本円で約1兆円)
 ベンチャーの若き起業家のイメージのある三木谷氏はようやく50歳を迎えた。昨年は渋谷の松濤に、推定30億とも言われる自宅を建造したことで話題をあげた。楽天の海外におけるM&Aは加速しており、本体も今季の第一四半期で営業利益が昨年対比30%増と好調だ。

日本のトップ3も世界ではトップ10に入らず

 日本のトップ3はいずれも資産額1兆円超えとなっているが、日本で1位の柳井氏は世界で41位、2位の孫氏は世界で75位と、世界のトップ10には食い込んでいない。

 ダイヤモンドとサファイアの比較になるが、ビル・ゲイツの資産は柳井氏の約4倍にもなる。

 ただし日本の大富豪トップ3の経営者は、いずれも株式が保有資産の大半である。

 おりしも今年は株価が20,000円に到達しており、日本の株価が上昇することになれば、来年には世界的な順位をあげる可能性は高い。

経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長