「2019年計画」の落とし穴 あなたの計画は単なる夢や願望になっていませんか?

経営
スポンサーリンク

間違えていませんか?2019年の計画作り

年が明けて仕事始めの一週間、皆さんはいかがお過ごしですか?

こんにちは、ブリッジワークの高橋です。

僕達ビジネスオーナーが欠かさずにやらなければいけない仕事の一つに、『明日の計画作り』があります。

きっと、この記事をご覧頂いている方の大半は、今年の計画を年末に考えられたことでしょう。

でも、僕の経験上、この『計画』について勘違いしていらっしゃる方や、大間違えしている方が結構多いんですよね。

例えば「一年間の計画を聞かせてください」と尋ねると、「年商5,000万を達成したいと思います」「売上倍増です。」「海外進出です。」だとどうでしょうか?

これは『計画』ではありません。厳しく言ってしまえば、単なる「夢」や「願望」でしかなく、恐らく100%の近い確率で達成されることもないでしょう。

そして、もう一つのタイプは、エクセルのシートで作った数枚のシートに、前年比やら原価率がどうたらやら、何ちゃら増減率がどうやらとか数字がびっしり羅列してあるタイプ。

「これです!これが私達の計画です!」と。

これも単なる数値の管理であって計画ではありません。数字が羅列してあるだけで、それを見た従業員は一体何をして良いかわからないことでしょう。

計画は『誰が・何を・いつまでにやるべきなのか』を示す行動の源泉

そもそも計画とは一体何なのでしょうか。Wikipediaで調べてみるとこうあります。

「物事を行う為にその手法や方法を筋道を立てて企てる事」

これを僕流にアレンジして、わかりやすく言い換えるとこうなります。

「計画とは、行動を目的とした自分自身に対するメッセージである」

つまり『計画』を立てる目的は「行動すること」にあります。

なぜなら、「成果」を生むのは「行動」であり、「行動」からしか「成果」は生まれないからです。

この「行動」、「正しい行動をする為に『計画』をする」わけだから、『計画』の目的というのは行動なんですよね。

例えば『2019年の計画』であれば『今』と『来年』、この間にあるギャップを埋める為に『誰が・何を・いつまでにやるべきなのか』これが明記されているものが行動です。

行動を目的としたメッセージ。これ何かに似ていると思いませんか?

そうです、広告です。

広告は行動を目的とした見込み客に対する、シンプルでわかりやすく、読みやすいメッセージです。

ですから、計画というと、分厚い資料を作られる方や、エクセルで数字がダラーッと羅列してあるなものを作られる方がいますけれども、決してそんなものを作る必要はありません。

長ったらしい計画を作ったところで、ほとんどの方が作った時以外に、その計画なんか見ません。

計画は「シンプル・わかりやすい・読みやすい」ものでなければなりません。

長ったらしくて難解な広告を誰も見たくないですよね。従業員だって、そしておそらくあなただってそのはずです。

買いたいと思わせるわかりやすい広告が人を行動へ促すように、やりたいと思わせるわかりやすい計画が人と組織を動かします。

シンプルでわかりやすく読みやすい計画を立てる際の注意点

最後にシンプルな計画を作る際の注意点を2つだけ。

一つ目は、計画は今と将来のギャップを埋める行動を起こすことを目的としてるので、「現状」を正しく認識して作り始める必要があります。

目的地は同じ大阪でも、札幌からスタートするのと、東京からスタートするのと、神戸からスタートするのだと、ルートや交通手段が全然変わってきてしまいますよね。

飛行機なのか?新幹線なのか?はたまた車か?手段は全く違います。

どの手段を選べばよいのかを把握するには、自分達の会社の現状を正しく知る必要があります。

二つ目に注意すべき点は、計画を出来る限り数字で表現することです。

数字で表現できない計画は、達成出来たかどうかも検証できません。

ちなみに、計画時に設定する数字目標は売上ではなく、自社の現状を認識したうえで「現状、自分達が弱い数字」これを改善することです。

あなたがお店をやっていて、リピート率が低くて10人中1人しかリピーターがいないのだったら、計画は「~をいつまでに~~な形で改善することによってリピート率を1.1から1.3にあげる」というふうに計画を立てましょう。

ほかにも弱い数字(新規、購買単価、成約率etc…)があるのなら、同じようにシンプルで、わかりやすく、読みやすいところに落とし込んで、それを同時並行で実行していきます。

面白いもので、それぞれの数値がほんのちょっと上がるだけで、掛け合わせてみると最終的な数値(売上)は驚くほど改善されます。

単純に感じるかもしれませんが、ぜひやってみてくださいね。

ここまで読んでいただいて、自分の立てた計画がちょっとピント外れだと気が付いた方、今からでも遅くないので、今年の計画を修正してみてくださいね。

経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長