あなたのビジネスを強くしたいなら「弱点を示す数字」をレコードし続けよ

経営
スポンサーリンク

レコードダイエットの力を貴方は信じますか?

こんにちは、ブリッジワークの高橋です。

今日のテーマは、『貴方のビジネスを強くする「レコード」の力』です。

「レコードダイエット」この言葉聞いた事ありますよね。

毎日体重を記録していれば、それだけで痩せる事が出来るというやつです。

貴方はこのレコードダイエットの効果を信じるでしょうか?

僕は激しく信じていますし、レコードダイエットをやれば必ず痩せると考えてます。

「考える」と言ったのは、僕が食べても食べても太らない典型的な痩せの大食い人間で、ダイエットの経験が無いからです。

それでも僕はレコードのもたらす効果が、ビジネスの現場でどれだけ威力を発揮するかを知っています。

僕自身もそうだし、僕の集客プログラムを実践して、継続してビジネスを成長させている人は必ず、しかるべき数字をしっかりと記録しているからです。

毎月・毎週・毎年。

でも、何年経ってもずっと低空飛行で離陸出来ず、悩み、苦しみ、ストレスで胃を悪くして、ずっと地べたを這いずり回っている人は大体、『数字を見てない』『把握してない』『記録してない』人なんです。

ビジネスを飛躍させるには「弱点」をレコードし続けねばならない

では、なぜ数字を記録しているだけで痩せる事が出来たり、ビジネスを大きくする事が出来るのでしょうか。

これは明確で、人は自分に関係のある数字を見続けると、潜在意識の中でその数字を良くしたいと思うようになるからなんですね。

記録し続けていると、昨日よりも今日の数字が少しでも改善させる事が出来ていれば、そのことに対して快感を覚えて、続けようと思うわけですよね。

ただ、ビジネスにおいて数字を記録する際は、ちゃんとしかるべき数字を記録する必要があります。

例えば、先程の地べたを這いずり回ってる人達は、何一つ数字を見てないわけじゃないんですよ。

見ている数字が間違えていて、大概がその数字を見ても何も変わらない数字、例えば預金通帳の残高ばかり見てるんですよね。

対して、ビジネスをどんどん伸ばしてる人が見ている数字は改善ポイントに関連する数字です。

輪が繋がって出来てるチェーンがあって、その輪の強度がもの凄く高いけれど、一つだけでも壊れかかってる輪があったらどうなります?

そこでプチンっと切れるでしょ?

じゃあ、他の輪を10万倍強度を増したとしても、弱い輪がそのままだったら、負荷をちょっとかけるだけでぶちんと切れちゃうわけですよね。

ビジネスも同じで、『弱点』がビジネス全体の強さを決めてしまうので、この数値をずっと記録していって欲しいわけですよね。

たとえば、リピーターがほとんどおらず新規集客に頼りきりなら、リピート率をレコードし続けて改善策を高速で回し続ける。

どんなに改善策を回し続けても改善しないなら、そもそもの商品、ビジネスモデルをチェックして、ピボットを図る。

こんなふうに売れる人は「自分が弱い数字」に着目します。

どんなに売れても粗利が低空飛行でお金が貯まらないなら、販管費に大鉈を振るったり、販売チャネルをシフトしたり、メーカーになったり、商品を変えたりする。

稼ぐ人は実践を重ねながら、弱点が粗利なら、粗利の推移をレコードし続けます。

ビジネスを飛躍させるためにレコードすべき数字は、『貴方の弱点になっているところ』です。

目標をレコードする際にあいまいなニュアンス目標を立てるのはNG

ちなみに、弱点を改善する際には、必ず目標もレコードしてください。

例えば、お客様がリピートしない状態で、あなたは顧客満足度が低いかもしれないと考えて、顧客満足度を高める施策を打つかもしれません。

この時に注意してもらいたいのが、ニュアンスレベルの目標を記録しても全く意味がありません。

「私は優しい人間になります」なんて目標をレコードしても何の意味もない。

優しくなったかどうかをニュアンスでどう判断します?優しくなれたかどうかなんて主観レベルでしか判断できないですよね。

でも、「今年5通だったお客様からの「ありがとう」というお葉書を50枚にする」という目標を立てて、その経過をレコードするなら、数字だから分かるじゃないですか。

努力目標は必ず数値にして表現するというのも、これまた重要な事なんじゃないかなーなんて思います。

ぜひ、貴方の弱点となっている改善ポイントをずっとレコードし続けてみてください。そして、目標も数値管理できる目標を立てて、これをレコードしてください。

その変化をチェックして、失敗も重ねながら改善を図っていくと、少しずつビジネスが良い方向に回るようになってきますよ。

 
経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長