環境の変化に対応し成功する人と時代に取り残される人の決定的な違い

マーケティング

環境の変化が早くともマーケティングの大原則は普遍的

僕達が売れるために取り組んでいるマーケティング。そして、マーケティングが対象にしているのは、『人』であり『人の心』です。

だから僕達、「人を取り巻く環境の変化」に対して、躊躇せず対応していかなければいけません。

そして私達を取り巻く環境は今や「ドッグイヤー」とか「マウスイヤー」と言われるくらい、早く変化していきます。

人間の一年が、犬にとって8年、ねずみの場合は18年分に相応すると、それくらい技術革新は早くて、マーケットは1年で8年分も18年分も変化していきます。

ところが最近では、このマウスイヤーでさえ陳腐化してしまうほど、私達を取り巻く環境の変化が激しくなっています。

1週間前に最新と思われていた技術、もっと大袈裟に言うと、昨日凄いと思われていた商品が、今日になると陳腐化していることがザラにあるわけです。

僕達がこのように激しい環境の変化に対応していくのは、本当に大変なことですが、心配する必要がないことが一つだけあって、『主役は人』だっていう事なんですね。

「人が物を買う」購買行動を起こす際の購買心理というのは、古今東西ずっと変わってないわけなんですよね。

だから、幾ら技術革新が進んでも、マーケティングの世界にある幾つかの普遍的な大原則を、僕達は無視してはなりません。

今日は、その中でも特に重要な大原則を一つご紹介しましょう。

マーケティングの普遍的な大原則:①テストする②1に戻る

今日ご紹介させて頂く大原則は、お客さんの問題というよりも貴方の問題に近いかもしれません。

それは「今出来る事を躊躇せず、迷わず速攻でやってみる」です。

ある著名なマーケッターは成功についてこんな事を言っています。

「貴方に成功する秘訣を教えましょう。それは①テストする②1に戻る。たったこれだけです。」

この言葉が何を言わんとしているかというと、「迷わず今すぐテストしなよ」という単純なメッセージです。

実はこの大原則を僕の妻が実証してみせたので、少し恥ずかしいんですがご紹介したいと思います。

一週間ほど前、僕の妻が、ある飲食店の店長さんからこんな相談を受けたんですね。

「高橋さん、実はこのインド風ピザ、凄く美味しいんだけど全然売れないんですよ。何かいい方法ありませんかね?」

そこで僕の妻は「うん。わかった考えてみる。」

ちなみに彼女はマーケティングに関してはずぶの素人です。愛嬌だけは良いですからボソッと相談されたんでしょうね。

頼むほうも頼むほうなら、受けるほうも受けるほうという感じなんだけれども(笑)、そこで彼女が何をやろうと思ったかというと、POPを作ろうと思ったんですって。

数日間パソコンに向かって、何かせっせかやっとるなーとは思ってたんですけども。

ちなみに彼女はパソコンもずぶの素人です(笑)。イラレはもちろんの事パワポもワードも使えない。彼女が使える唯一のソフトはお絵かきソフトだけ。

これを使って一枚のPOPを作ったわけなんですね。

それがこれ。

うん、まぁまぁよく出来てるように見えるけども、プロの僕から見るとやっぱり突っ込みどころは満載なんですよね。

ですが彼女はとにかくやってみて、そのお店にPOPを持って行って3箇所に張り出してみたんですって。

店内に一つと、レジ周りに2枚と置いておいて来たわけです。

そして、このPOPを掲載した翌日、なんとこの店の店長さんから電話があって、「高橋さん!ありがとう!インド風ピザもの凄く売れたよ!」と、こういう電話がかかってきたんですよね。

なぜ、ド素人の僕の妻が作った素人感満載のPOPでインド風ピザが売れたのか?皆さんはなぜだと思いますか?

完璧を求める人とすぐにテストする人には数千倍の差が生まれる

店長さんがやっていなくて、僕の妻がやったこと、それはマーケティングの基本である『知らせる』という行為です。

「この商品がありますよ」「こういう商品がありますよ」という事を『知らせる』、これを彼女は単純にやったんですね。

もし彼女が「私がマーケティングなんて知らないから」とか「私はパソコンが苦手だから」とか言っていたら、こういう展開にはなりませんでしたよね。

如何でしょうかね?

とにかく僕達はどうしても今出来る事をすぐやってみる。これが実は簡単そうで中々出来ないんです。

一つには、「恥ずかしいから」という理由、もう一つの理由は、「完璧じゃないと」という気持ちが僕達にはあるからなんです。

でもそんな事を言っていたら、完璧なものを求めていたって、いつ出来ます?完璧なもの。

例えばGoogleだって完璧なもの何か作ってないんですよ。だから常にローンチしたサービスをアップデートし続けているじゃないですか。

iPhoneにしたって、新しいOSが出たら必ずバグが生じて、その都度バージョンアップしてきますよね。

つまり、今出来る事を速攻でやる人は、「恥ずかしいから」とか「完璧じゃないから」とか言ってる人に比べたら、もう数千倍ぐらい先に行けるんですね。

もう一度言いますね。貴方に成功する秘訣を教えましょう。それは①テストする②1に戻る。たったこれだけです。

 
マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長