面白くなければ誰も僕達のことなんて振り向いてくれない

マーケティング
スポンサーリンク

売れているものは例外なく「面白い」

こんにちは、ブリッジワークの高橋です。

例えば書籍。『売れている本』と『売れていない本』、これを分けるのはなんでしょうね?

そうですよね。面白い本が、つまらない本か。

では、読まれるブログと、読まれないブログ。これを分けるのは?

これもそうですよね。

面白いブログの記事は読まれるし、つまらないブログの記事は読まれない。

では最後にもう一つ。

広告はどうでしょう?

実は広告も、読まれる広告・止まれない広告、それは面白い広告かつまらない広告日っていう事なんですよね。

結論から言うと、マーケティングにおける「情報」は面白くなきゃ駄目なんですよね。

ほとんどのセールスが「内輪の面白い」をお客様に伝えている

はい、では、この『面白い・つまらない』を分けるものは一体何でしょう?

実は昨日、スターバックスに行ったんです。

オフィスが凄い蒸し暑かったんで「あーもう、スタバでアイスコーヒーでも飲みながら仕事しよう」と思って、スタバに行ったんですね。

そしたら、左側に女子高校生3人のグループがいて、後から右側に男女4人のサラリーマンのグループが入ってきたんですね。

この両隣のグループがうるさいうるさい。キャッキャッキャ笑って盛り上がってるわけですよ。

僕も流石に仕事するのを諦めて、彼らの話にちょっと耳でも傾けてみよっかなと思ったんだけども、どうしても笑えない。

彼らはあんなに自分達の話題で盛り上がってるのに笑えなかったんですね。

彼らが話している内容が、ワールドカップとか、僕も多少知っているものなら、興味深く聞けたのかなあと思うんだけども、彼らが話しているのはクラスの男の子の話。会社の上司の話。

いわゆる内輪話だったわけですよね。

だから、僕には全く知識がないものばかりで、全然面白いと思えなかったんですよ。

実はここが面白いかつまらないかを分けるポイントなんです。

『面白い』の源泉と言うのは、実は『共感』なんですね。

例えば、セールスのメッセージであれば、売り手が貴方と買い手のお客様が『共に知っていて』『共に興味を持っている話』で繋がっている状態。

これが『共感の状態』なんですよね。

だから、この状態になって初めて、お客さんは「あ、面白い」て思ってくれるわけなんですよね。これが前提なんです。

でも、売れない広告って大抵が、面白がってるのは売り手だけ。これじゃ駄目なんですよね。

メッセージの『面白い・つまらない』を決めるのは送り手ではなく、受け手であるお客様なわけですよね。

『お客様が興味を持っている事』から会話を始めよう

では、どうすれば、あなたの発信するメッセージをお客さんは面白いと思ってくれるのでしょうか?

そう思ってもらうためには、あなたの発信するメッセージの情報の一部を、お客様が知っている必要があります。

例えば、テレビ番組のネタ、お笑いのネタ、週刊誌のネタ。

扱っている内容について皆知っていて、皆が興味があるものをネタに話を始めれば、お客さんから面白いと思ってもらえます。

広告であっても、冒頭は必ず『お客さんが知っている事』『お客様が興味を持っている事』から始めましょう。

そのセールスメッセージの中では、時々『質問』を挟みながら読み手であるお客さんと会話をしながら続けるとか。

この共感を作って、共感を保っていく為にやれる事はいっぱいあるわけなんですよね、実は。

そのベースになっているのが、『お客様が知っている事』です。

だから、広告における内輪話『業界用語』・『専門用語』とかひけらかしてたらアウトです。

お客さんにとってみれば、「そっちの内輪話でしょ?」って話で、ここで共感途切れちゃうわけですよね。

つまり、マーケティングというのは、『面白くなきゃ駄目だよ』っていう事なんですね。

 
マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長