ダイエットに失敗する人とビジネスに失敗する人の失敗構造は基本的に同じ

効率化
スポンサーリンク

毎日定期的に体重計に乗る人はダイエットの成功確率が高い

先日、ある会合に出席した時の話なんですけども、ダイエットプログラムを提供している女性経営者から、とても面白い話を聞いたんですね。

それは、『ダイエットの成功確率』と『リバウンドしてしまう確率』についてです。

実は、『体重計に乗る頻度』と『ダイエットの成功確率・リバウンドしてしまう確率』には、一定の相関関係があるんだそうですね。

例えば、毎日定期的に体重計に乗る人はダイエットの成功確率が高くて、リバウンドしてしまう確率が低い。

片や、不定期、たまにしか体重計に乗らない人はダイエットをするスピードが遅くて、且つリバウンドしてしまう確率も極めて高いとのこと。

数字を記録していることで、人は自然とその数字を改善しようと、最適な食事だとか運動だとかを自然と選択するようになるんだそうです。

優秀な経営者は例外なく自社の『然るべき数字』を把握している

僕はこの話を聞いて、「あー、これビジネス、特にマーケティングと同じだな」と思いました。

例えば、優れた経営者は、例外なく数字にとても敏感なんですよね。定期的に数字を把握しています。

そして、その数字も部門別の売り上げ推移、原価率、前年比…ありとあらゆる数字、もの凄い多くの数字がちゃんと頭の中に入っているんですよね。

なぜかというと『今やるべき事』に対して、遅れを取れないためなんですよね。

優秀な経営者は打ち手が遅れることが、時にはビジネスにとって致命傷になってしまうことを知っています。

そこで質問です。

貴方はマーケティングの改善、ビジネスの改善に必要な然るべき数字をしっかりと把握しているでしょうか?

というのも、これはビジネスの大原則なんだけども、『計測出来ないものは改善出来ない』わけです。

たとえば目標設定、「私は優しい人になります」なんてのはちょっとビジネスの目標としてはピント外れ。

だって、1年後の結果を見た時に、自分がその優しい人間になれたかどうかってどうやって判断出来ますか?

出来ないですよね。数字で把握してないから。数字で把握出来ないから。

『然るべき数字』を『然るべきタイミング』で把握する

たとえば、マーケティングの改善に必要な数字にも色々あるんだけども、「売り上げを上げたい」って言う課題だとしたら『見込み客の数・成約率・顧客生涯価値』なんかは当然把握する必要があります。

貴方が治療院さんだとか、サロンとか店舗型のビジネスを経営しているのであれば、『お試し客』はもちろん把握している必要がある。

広告の反応率を上げたいのであれば、『顧客獲得コストと顧客生涯価値』。この2つの数字は絶対に把握しとかなきゃいけないんです。

なぜなら、顧客獲得コストと顧客生涯価値というのが、広告の効果測定において、善し悪しを図るための数字だからです。

言葉を変えると、売り手の人が計測してない数字は改善出来ないっていう事です。

「売り上げが欲しいんです。」「売り上げが足りないんです。」「売り上げを上げたいんです。」

こうやって騒いでいる人ほど、実は預金通帳の残高しか見てないんですよ。

いくら預金通帳、穴が開くほど眺めていたとしても、マーケティングの改善なんか全然出来るわけないわけですよね。

ダイエットで失敗する人、マーケティングで失敗する人の共通点は、『然るべき数字』を『然るべきタイミング』で把握してないことです。

両者において、基本的に失敗する構造はよく似てます。

『然るべき数字』を把握して、『今やるべき事』にフォーカスして取り組めば、時間やお金のロスをする事なく改善する事が出来るじゃないですか。

ビジネスは数字のゲーム。Numbersゲームなんて言われたりします。

数字のゲームである以上、やっぱり数字に強い人が勝つことになってるんです。

 
効率化
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長