年収を300万円から1億円に一撃で伸ばした人が使っている必殺技

営業

年収300万円から1億円?そんなんできる?

今回は、『年収300万の状態から一撃で年収1億円になる方法』というテーマでお話をしていきたいと思います。

年収300万円から1億円「そんなの不可能でしょ!」と思われがちなんですけれども、実は出来るんですね。

ちょっと発想を変えれば出来るんです。

なかなかピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんけれど、まずはお付き合いください。

1対1のビジネスから1対Nのビジネスに展開せよ

まず、あなたが既にビジネスをされている前提でお話をします。何か商品、またはサービスというのをあなたが販売しているとしましょう。

それって例えば店舗ビジネス、店舗ビジネスをもしされているんであれば、お店に来たお客に対して売ってるわけですよね。

これって、1対1の商売じゃないですか。 接客して販売をしていくという事なんで、1対1の商売なわけです。

正直、この1対1の状態を続けている限り、絶対に億単位で稼ぐ事は出来ません。

1億どころか3,000万円とかも無理でしょうね。

なので、300万から3,000万でもいいし、1億円というふうに数字を作っていくには、この1対1という発想をしてなければいけないんです。

代わりに、1対1ではなく1対Nの発想でビジネスを始めるんです。

自分が何かやったことが多くの人に一気に届くと、自分1人がN人に影響を及ぼすビジネスに転換していかなければいけないです。

「そうは言っても、そんな簡単にビジネスなんて変えられないよ」

「今店舗でビジネスやって、ようやくうまくいきかけてるのに、そんな事言われたらもう将来お先真っ暗じゃないか、夢もないじゃないか」

こうおっしゃる方もいるのですが、そうじゃないんですよ。

今、貴方が店舗ビジネス、お店で売って成功しているそのビジネスモデル、またはマーケティング。

例えばチラシを出したり、ネットで販売してるんであれば、ネットショップの作り方とか、セールスページの作り方みたいなもの。

そういったノウハウをパッケージ化して、それを1対Nに売るという事ですね。

そうすれば、今までは店舗で接客してるだけだったのが、今度は店舗経営のノウハウを売れるようになります。

実際にご自身がやってきたことをまとめているわけですから、経験から生まれたノウハウもあるわけですよ。

なので非常に価値が高いので、高値で売れるわけです。そして、それを1対Nで売ったらどうですか?ということです。

1対Nのビジネス=『教育ビジネス』で稼いでる人が多い

たとえば、店舗ビジネスで、1個150円のおまんじゅうを売ってても売り上げなんか知れてます。

じゃあ、おまんじゅう屋さんの経営の仕方をパッケージ化して教えたら、例えば「300万とかで売ったらどうですか」という話なんですよ。

だいぶ近づいてくるんじゃないですか?

要するに、1対Nのビジネスをするっていうことは、言い換えれば『教育ビジネスをする』っていうことです。

教育ビジネスって、基本的に何か仕入れて売るとか、元手が必要ありません。

300万で売ったら、そのまま全部の売り上げが利益ということになるわけですね。

じゃあ、その売るものは何かって言ったら、まさに貴方がやっているお店の経営の仕方とか、ビジネスモデル・マーケティング・テクニック・ノウハウ。

そういったものをパッケージ化して、自信持って売ればよいです。

このやり方で、一撃で1億円以上、1億円じゃなくて1億円以上稼いでる人は結構いますから、ぜひ自分の場合、どうやって教育ビジネスに転換できるか考えてみてください。

 
営業
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

島倉大輔をフォローする
節約社長