7月からの実現可能な「下期計画」を具体的に立てるための4ステップ

経営
スポンサーリンク

ダイソー矢野社長の「計画立てたことない」に騙されるな(笑)

いきなりですが、100円ショップのダイソー。一度くらいは利用したことがありますよね?

今や全世界で5,050店舗、年商も4,200億円に達しました。100円ショップのパイオニア的存在ですよね。

そのダイソーの矢野博丈社長が、TBSの『がっちりマンデー』に出ていて、こんな面白いことを言ってました。

「いやーうちは一度も経営計画とか年間計画とか立てたことがないんだよね。ただお客様のために一生懸命やってきただけなんです」

これ聞いて、そっか、お客様のことを考えて一生懸命やればいいのかって思ったら、僕たちは確実に失敗しちゃうわけですね。

騙されちゃいけないっていうことですよ!『がっちりマンデー』をそのまま見ていると、もの凄くガッチリと半年先の商品とか計画しているんですから(笑)。

ところが、1人でビジネスを始めたり、仲間の何人かでビジネスを始める時って、まあ計画を立てない方が残念ながら多いんですね。

たとえ、「計画を立てました!」とか言っても、エクセルにズラーっと7月何万円、8月何万円みたいな数字の羅列が書いてあるだけ。

これは申し訳ないんですけれど計画ではないんですね。エクセルに打ち込まれた数字っていうのは、まあ願望?夢?まあ言葉を良くして目標ぐらいですかね。

スポンサーリンク

計画を立てるのはカーナビで道筋を決めるのと同じこと

結論から言うと、計画というのは何を決めることかというと、『何をすべきか』行動計画するってことなんですよね。

実際にダイソーなんて、やることをガチガチに決めてるわけですよ。

やることをずっと前に決めて、ひたすら決めたことを実行しているわけですね。

この何をすべきかっていうことを決めるのが計画なんです。そして、エクセルに打ち込まれた数字っていうのは、あくまで前提条件なんですよね。

例えば、12月までに月商××万円のビジネスを確立する。これ前提条件なんですよ。そのために、何をすべきか決めること。これが計画です。

12月に××万円のビジネスを確立するっていうのは、カーナビでいったら目的地をセットした状態です。

そして、そのカーナビって道筋を示してくれるでしょ。これが計画なんです。

スポンサーリンク

7月からの実現可能な「下期計画」を具体的に立てるための4ステップ

早いもので6月も過ぎ去ろうとしています。1年もあっという間に半分以上が過ぎてしまいました。2018年も残り6ヶ月です。

そこで、次の4つのステップで、今年の『下期計画』立ててみてください。簡単に言いますね。

  • ステップ1:『今のビジネスの現状を把握する』
  • ステップ2:『12月31日までに、ビジネスをどうしたいのかを決める』
  • ステップ3:『期限までに解決しなければいけない課題を3つピックアップする』
  • ステップ4:『各月、この3つの課題を解決するために何をやるのか決める』

この4つのステップを1つ1つ本当は説明したいんだけれども、それはまた次回詳しく。

計画が無いところにビジネスの成功というのはもう本当にないです。絶対に無いと言ってもいいかもしれません。

ただただ一生懸命やっていれば、数字がいくなんてことは、まぁ起こりえないです。

ぜひ、この4つのステップで、『下期計画』をやってみてください。

 
経営
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長