経済の余裕と自由を手に入れるために僕が意識した2つのこと

資産運用

経済の余裕と自由を得たければ2つのことを意識しよう

自由。この言葉が僕は大好きです。20歳から自由を掴むため、喜んで代価を払ってきました。

お金を節約し、24歳で大家業をスタートしたのも自由を手に入れたいからです。

今回は自由を掴むために、18年間僕が注意したことを書こうと思います。

増加よりも減価

『これから不動産は値段が下がるから』

『◯◯って投資はこれから価格が上がるよ』

これらの言葉は、一般的な方が使う言葉です。投資している方が100人いたら90人くらい使ってると思います。

僕の中で投資は、『利益は売る時ではなく、買うときに生まれる』と思ってます。

もっというと、値上がりを期待して買ってないということです。(値上がり益はボーナスみたいなもの)

つまり、キャッシュフローをあてにして投資しています。

さらに、不動産投資の場合、減価償却が非課税のキャッシュフローを増やしてくれます。

つまり頂く家賃に対し、課税額が少ないということです。

お金を貯めるよりもお金を作り出す

お金を貯めるということは、僕も20歳のときから継続してやってきました。

やっとの思いで貯めたお金を使って、20歳〜28歳で不動産を4件取得しました。

もちろん家賃収入が生まれましたが、僕はその後お金を貯めるよりも、お金を作り出すことを意識するようになりました。

不動産が更に再投資するお金を産み出し、再投資した不動産が更にお金を産み出しました。

お金は天下の回りモノとはいいますが、実際にお金(頭金)を貯めていた時よりも、お金を作り出してからが、経済の余裕と自由が増えたのを実感しています。

資産運用
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
山口 史

東京投資クラブとは、経済と時間の自由を目指し、初心者の方でもスタートできるようになるための投資クラブです。
「不動産投資セミナー」や「投資クラブ」、「キャッシュフローゲーム」を中心に学び、実践することにより、お金と投資の基礎から学ぶ学校です。
2018年現在、延べ9000人の方が受講しております。

【メディア取材・掲載】
日本経済新聞社「日経ヴェリタス2012年10月号」に東京投資クラブ代表の投資セミナーが掲載されました。
他、産経新聞、NHKなどに取材・掲載されています。

山口 史をフォローする
節約社長