史上初の職業コピーライターが教えてくれた売れ続ける商品と広告に必要な3原則

マーケティング

高校生のガチな喧嘩に見た正直な感情表現

先日、本当に久しぶりにガチのケンカを目撃しました。

オフィスの近くにある高校の前にあるバス停。2人の男の子が急に取っ組み合いのケンカを始めたんですよ。

で、近くにいた女の子が「2人とも喧嘩やめてぇー(叫)!」みたいな。

いや、いいですね。いいですねって言うと、不謹慎かもしれないけれども。僕はそう思ってしまいました。

なかなか今時、こんなシーンは見られないなと思って。だって、本当にドラマみたいだったんです。

いや、正直、僕がその時に思ったことっていうのは、なんだろう。羨ましかったですね。これが一番近い言葉かなあ。

いいなーと思ったと同時に、羨ましかったんですね。

あんなふうに、正直に感情を何も隠さずぶつけ合うっていうのは、僕らの歳になると、中々やっぱりできない。いや、ほんとにいいなー、羨ましいなー、って思いました。

というのも、実は、僕もこう見えて喧嘩やりましたね。弱いくせにね。今でも後頭部に、あの当時鉄パイプで殴られた傷痕が残ってるんですよね。

今考えると信じられないですけれど、その当時を思い出すと、本当に純真に追い求めていたんだと思います。自分の存在意義とか、そういうものを。

粋がってたし、何もわかっちゃいないんだけど、自分が正しいと思うことを貫こうと、必死にやっていたんだじゃないかなって思います。

史上初の職業コピーライターが教える売れ続ける商品と広告に必要な3原則

正しいことを貫く。これはビジネスにおいて、とっても重要なことなんですよね。

それを教えてくれるのが、史上初。本当に世界で初めての職業コピーライターと呼ばれている人なんです。

コピーライティングというのが職業として初めて認知されたのは1800年代後半のこと。

その史上初の職業コピーライターは「ジョン・ E ・パワーズ」っていう人です。

節約社長
John Emory Powers

この人、広告を担当して、とあるデパートの売上を2倍にしたことで一躍有名になります。他にも色んな逸話を持っている人です。

ジョン・ E ・パワーズは、僕たちに「広告においては、これ絶対に守ってよ」という貴重な言葉を残してくれています。

いわゆる広告の3原則というものですが、以下のとおりです。

  • 1:広告は刺激的でなければいけない。
  • 2:広告は真実を伝えなければいけない。
  • 3:真実が伝えられないならば現状を改善しなくてはいけない。

1の広告は刺激手抜きでなければいけない。これはわかりますよね。広告が刺激的、つまりインパクトがあって目立つことがなければ、沢山の広告の中に埋もれてしまう。広告が読まれることがない訳だから、商品も売れません。

問題は原則の2と3。広告は真実を伝えなければいけない。そして真実が伝えられないのであれば現状を改善しなければいけない。

実際、ジョン・ E ・パワーズには、「この商品では真実を伝えることができません。」と言って、高額な報酬の仕事を自ら降りたという逸話も残されているんですよね。

じゃあ、ジョン・ E ・パワーズは何を言いたかったのでしょうか?

僕たちはどうしても、広告で商品をよく見せたりしちゃいますよね。だからちょっとオーバーめにメリットを伝えたり、時には煽るような文章を書いてみたりしちゃうっていうことないですか。こんな経験ないんでしょうか。

でも、そんなことをやっていてもお客さんっていうのはもう見通してしまう訳ですよね。僕たちは見透かされてしまう。結局売れない。一時的にお客様を集めることができても、継続的に安定してビジネスを成長させるこういうことはできないんですよね。

つまり、わかりやすく言うと、自信を持って真実で勝負できる商品を扱いなさい、と。もしそれができないのであれば、商品を改善して堂々と真実で勝負できる商品にしなさい、って言ってるわけですよね。

真っ直ぐで正直な商品と広告が継続した売上を作る

いかがでしょうかね。糞みたいな商品やサービスを広告で売ることって、やっぱりできないです。

確かに、先ほども言ったみたいに1回は売れるかもしれない。でも、マーケティングで売ることはできません。

つまり、継続的につまりビジネスとして成立することはない。

良い商品を広く知らせることこそが、マーケティングの役割だからです。

あなたは今、良い商品、良いサービスを扱っているでしょうか。であれば、そのまま真実で勝負できる訳じゃないですか。

堂々と真実で勝負できるように、もう一度商品とサービス、見直しをしてみてください。

いくら良い商品であっても、マーケティングが下手くそであったら売れません。

そして、いくらマーケティングは上手でも、商品が糞みたいなものだったら、最後には売れなくなります。

堂々と真実できるように、正しいことを貫く。

ジョン・ E ・パワーズの

  • 1:広告は刺激的でなければいけない。
  • 2:広告は真実を伝えなければいけない。
  • 3:真実が伝えられないならば現状を改善しなくてはいけない。

という3原則を見るたびにそう思うんです。

これができたら、真剣に取っ組み合いの喧嘩してた2人の男の子みたいに、お客様にも本気で伝わるんじゃないかなと、そう思うんです。

 
マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長