シンガポールの人は「しまなみ海道」がお好き?多様化するインバウンドの行動

時事
スポンサーリンク

シンガポールで人気〜瀬戸内海の「しまなみ海道」ツアー

皆さんこんにちは。シンガポール在住ファイナンシャルプランナーの永柄正智@CFPです。

昨日、シンガポールの一大商業地、オーチャードにあるJTBに立ち寄ってみたのですが、瀬戸内海の「しまなみ海道」を組み込んだ旅行商品が販売されていました。

節約社長
(写真はパンフレットの表紙です)

4泊7日のツアーの価格は、シンガポールドルで早割2,988ドル(日本円で約24万円)からと高額ですが、それでも人気があるようです。

日本を訪れるインバウンドの目的は確実に多様化している

以前は目的地が「広島」や「四国」というような旅行商品は見かけましたが、「しまなみ海道」や「サイクリング」などにフォーカスしたものはじめて見ました。

また、私の実家のある広島空港でチャイナエアラインの担当者の方に伺った話ですが、台湾から広島に来られる観光客の中には、自転車を持って(受託手荷物として)来られる方も多く、しまなみ海道でサイクリングをすることを楽しみにされているようです。

台湾では「しまなみ海道」がとても人気なのだそうです。

昨年「シンガポール-広島」間の直行便が出来たのもあると思いますが、シンガポールでも確実に日本の地方都市が知られるようになっています。

以前、シンガポールで「北海道」と書かれたTシャツを着ている人をみて、思わず笑ってしまいましたが、確実に日本を訪れるインバウンドの行動が多様化していると感じます。

受け入れる日本側のコミュニケーション力も求められる

日本と海外を行き来していると、日本の良さをあらためて実感します。食べ物は美味しいですし、自然が豊かです。

そして、何より日本人の「ホスピタリティー」の高さも人気のひとつの要因なのでしょうね。

外国人の方が増えてくると、受け入れる側も対応が必要になってきます。

今後は日本でも外国人とのコミュニケーションが取れるようになること大切になってくるかもしれませんね。

時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
永柄 正智

1972年1月 長崎市生まれ。
シンガポール在住。

趣味:海外旅行、街歩き、子育て

性格:物事を常に前向きにとらえる非常にプラス思考な性格

【保有資格】
CFP@(日本FP協会認定:国際資格)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
神戸市アジア進出支援センター・アドバイザー
ロングステイアドバイザー(ロングステイ財団認定)

地方自治体の職員として20年間勤務し、都市再開発事業や観光振興、空港のオペレーション業務などの仕事を経験してきました。特に公共事業に伴う地元調整や補償交渉等の様々な経験を活かした問題解決型のアドバイスを得意としております。

数年前に妻の仕事の関係で、家族でシンガポールに移住することを決意し、移住の準備を進めてきました。その経験の中で、ライフプランニングにおいて適切な判断を行うためには、社会保障制度や税制、教育等の仕組みや知識を十分に理解する必要性があることを再認識し、FP資格及びロングステイアドバイザーの資格を取得しました。

現在、シンガポールにおいて、現地駐在員や海外移住希望者、教育移住希望者の方々を対象としたファイナンシャルプランナーとして活動しています。

永柄 正智をフォローする
節約社長