テレビCMの料金相場が寿司屋と同じ“時価”で決まるワケ オトクな枠の見つけ方

マーケティング
スポンサーリンク

テレビ広告の料金はお寿司屋さんの”時価”みたいなもの

今日のテーマはテレビ広告の料金について。

チラシはお手軽に始められて、Web広告の市場は急拡大中。それでも、未だに多くの会社がテレビCMをバンバン流していますよね。

なぜか?テレビCMが絶大な影響力を今も持っているからです。

インターネットの時代だと言っても、パズドラもグノシーもモンストもスマートニュースもみーんな、認知度を一気に上げる時期はテレビCMを打ってましたよね。

気になるのはその料金。

広告ビジネスに関わっていると、時々クライアントの方から「テレビCMの料金、知りたいのですが」という質問を受けます。

でも、この質問、結構解答に窮するものだったりします。

というのも、テレビCMの料金はお寿司屋さんの”時価”みたいに変動するからです。

お寿司も広告も”時価”だと頼むのに勇気いりますよね(笑)。

これからテレビCMを検討されている方もいらっしゃると思うので、テレビCMの料金が時価で決まるのはなぜか?その理由についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

テレビCMの料金が時価で決まる2つの理由

テレビCMの料金が時価で決まる理由その一、それは料金を決める方法が複数あるからです。

料金は、

  • 視聴率で決める
  • 定価に対する割合で決める
  • CM本数で決める

など様々な形態で決まります。

この料金はクライアントさんごとに異なります。

テレビCMの料金が時価で決まる理由その二は、需要と供給で料金が変わるからです。

これは経済学の原理で、CMを出稿したい企業が多いと料金は上昇、CMの依頼が少ないと料金が下がるという方式で成り立ちます。

つまり”時価”

ね、複雑でしょ?

これら2つの理由ゆえ、一概に「テレビ広告の料金は○○です」と答えることはできません。

テレビCMは明朗会計ではないのです。

なぜ、テレビCMがこのように複雑な料金体系になっているのかというと、テレビ広告で使える時間に制限があるからです。

まず、放送時間の約10%以上を広告で使うことはテレビ局に許されていません。

例えば55分の番組だと約5分。これ以上は規定でCMには使えないのです。

とはいえテレビ局も商売をやっているわけです。

限られたCM枠で、出来るだけ売上を上げたいから売れる時は高く売り、売れない時はCM枠を埋めるために安く売る。

季節や景気動向で料金は変動するのです。

もし、テレビCMを検討する場合、この特性を理解して料金交渉する必要があります。

スポンサーリンク

お得なCM枠ってどうやって見つければ良いの?

では、テレビCMを実施しようと思う時、試験的にお得な枠をどうやって見つけたらよいでしょうか?

先程もお伝えした、CMを出稿したい企業が多いと料金は上昇、CMの依頼が少ないと料金が下がる、の原則がヒントになるでしょう。

実は、CM枠が混んでいるかどうかを大まかに判断する方法があります。

それは「番組宣伝や公共広告機構の告知が多い時はCM枠は比較的余裕がある。(売れていない)」ので、そこで試してみる。という方法です。

テレビ局はCM枠が売れ残ると番組宣伝告知で空き枠を埋めるので、こういう枠は比較的交渉を有利に進めやすいでしょう。

最後になりますが、テレビ媒体は強力な販促媒体です。

でも、使い方を間違えると、お金をドブに捨てるようなもの。

特性をしっかり理解してから検討してくださいね。

中途半端な予算と中途半端な知識でテレビCMをやってはいけません。もし検討する場合は、代理店や専門家を通すのがベストです。

貴重な広告費用、無駄にしないためにも忘れないでくださいね。

マーケティング
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長