日医工がSMBC日興証券に発行した新株予約権って何?その意味するところ

資金調達

ジェネリック医薬品メーカーの国内最大手・日医工が、すでに関連会社としているエーザイの子会社を子会社化へ向けて買収すると4月初旬に報道されました。

参考リンク:新株予約権発行 212億円調達へ 日医工 エーザイ子会社買収で

ここで気になるのが資金調達の方法。今回の資金調達はSMBC日興証券に対して、新株予約権を発行する形で実施されます。。

新株予約権とは、一定の行使価格を払い込むことで、株式会社に対して権利を行使し、当該株式会社の新株もしくは会社が保有する株式の交付を受けることができる権利です。

新株予約権はその性質によって、

  • 社内の人間に付与するストックオプション
  • 社外からの資金調達

というふうにわけられますが、今回の日医工のケースは資金調達目的です。

予定通り予約権が行使されれば、日医工は212億円の資金調達に成功し、買収資金に170億円を活用し、差額を借入れの返済などにあてることとなります。

今回の資金調達が、新株予約権によって行われる理由は、株価の下落を避けるためと言われていますが、一般投資家向けというより、今回の引き受けであるSMBC日興証券のリスクヘッジが目的でしょう。

彼らは5,300万円のオプション料を払っていますが、必ずしもこのオプションを行使する必要はありません。

行使価格を株価が大幅に下回っていれば、株式を引き受ける必要はないのです。今回の行使価格には10%のプレミアムがのっていますので、これから10%以上株価があがらないと日医工では損になります。

一般的には、これだけの株を買う見込があるわけですから、市場はその株価をターゲットに買いがはいることが多いでしょう。

日医工の買収によほど市場がネガティブに反応すれば、話は別でしょうが、そのリスクは少ないとSMBC日興証券は考えているはずです。

SMBCが気にしているのは、マーケット全体の動きでしょう。

facebook問題も含むトランプ問題で、マーケットは非常に不安定です。

マーケット全体の暴落の危険性も少なからず感じているからこそ、念のためのオプションという策をとったのでないでしょうか。

これが正しければ、証券会社もマーケット暴落の可能性を、かなり現実的なものと考えているということになります。

資金調達
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大原達朗

一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事・アルテパートナーズ株式会社代表取締役として、M&Aを手掛ける公認会計士です。

BBT大学、法政大学院イノベーションマネジメント科の教員も兼任しております。

大企業だけではなく中小企業にとっても、ユーザーフレンドリーな会計業界を、世界中に広めることが目標です。

M&Aの悩み(会社や事業を売りたい/会社や事業を買いたい/小規模M&A投資を検討している)があれば、お気軽にお問い合わせください。

運営サイト:
経営者のための実践ファイナンス

【現職】
一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会代表理事
アルテ監査法人代表社員
アルテパートナーズ株式会社代表取締役
日本マニュファクチャリングサービス株式会社監査役
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師
ビジネス・ブレークスルー大学大学院准教授
ビジネス・ブレークスルー大学准教授
PT. SAKURA MITRA PERDANA Director

【職歴】
1998年10月 青山監査法人プライスウオーターハウス入所
2004年1月 大原公認会計士事務所開設
2004年6月 株式会社さくらや 監査役
2006年1月 株式会社ライトワークス リスクコンサルティング部ディレクター
2007年4月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院講師
2008年4月 法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任講師(現任)
2008年4月 アルテ公認会計士共同事務所開設 代表パートナー
2008年6月 日本マニュファクチャリングサービス株式会社 監査役(現任)
2009年4月 アルテパートナーズ株式会社設立 代表取締役(現任)
2010年7月 アルテ監査法人設立代表社員(現任)
2010年8月 日本M&Aアドバイザー協会 理事
2014年10月 日本M&Aアドバイザー協会 代表理事(現任)
2016年4月 ビジネス・ブレークスルー大学准教授(現任)

【所属団体】
日本公認会計士協会、一般財団法人日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)、日本税理士会、日本CFO協会

【資格】
公認会計士、税理士、 JMAA認定M&Aアドバイザー (CMA)

【その他】
ビジネス・ブレークスルー大学大学院MBA/経営管理修士(専門職) 日本CFO協会主任研究員(2006年)

大原達朗をフォローする
節約社長