「清貧」なんてクソ食らえ!一番恥ずかしいのは売れなくて売上や利益がないことだ

営業
スポンサーリンク

なぜ清富ではなく清貧でないとダメなのか?

いきなりですが、僕は「清貧」という言葉が大嫌いです。

「清」はわかる。「濁」なんて嫌ですからね。でもなんで「貧」なの?

だから、「清く貧しく」ではなく「清く富める」

「清貧」ではなく「清富」だろうと僕は激しく思うわけです。

古今東西、お金持ち=悪人、儲けること=悪いこと。映画に出てくる悪役は大抵がお金持ち。

こんな思考パターンを僕達は子供の頃から、知らぬ間に刷り込まれているのではないでしょうか。

実はこれ「メンタルブロック」と言うやつです。

「メンタルブロック」とは経験や環境によって培われた一定の思考パターンのことであり、心の中を支配する巨大な「壁」です。

思い込みや先入観も「メンタルブロック」の一種です。

日本人を支配する「売ることは悪」のメンタルブロック

「メンタルブロック」が厄介なのは、視点や行動を著しく偏ったものにしてしまうこと。

「思考」というのは「見方」をコントロールし、最終的に「行動」をコントロールします。

自分の心を守るために、本来見るべきものを見ようとしない。本来、やるべきことをやろうとしない。

ビジネスにおいて最悪な「メンタルブロック」は、「売る」ことに罪悪感を持ってしまうこと。

この売ることに対する罪悪感ゆえに、多くのビジネスが壊れていきます。

しかも僕達日本人の多くは、無意識のうちに「売ることは悪だ」という罪悪感を植え付けられています。

「セールスマンお断り」「セールス・勧誘は一切お断りします」という文字が、そこかしこに溢れているからです。

物言う株主、村上世彰さんがその昔、「カネ儲けは悪いこと?」という言葉を発して世間から大ブーイングを受けたのをあなたは覚えていますか?

確かに悪いことをして売るのはダメ。でも売って儲けることは本当に汚れた行為なのでしょうか?

よくよく周りを見渡してみてください。誰かが「売る」という活動をしなければ、この世の中はどうなってしまうのでしょうか?

優れたデザインの家、機能性の高いスマホ、家族の心を潤す美味しい食べ物…誰かが僕達に売ってくれなかったら、僕達はちっとも快適な生活なんて出来やしません。

売ることは本来、尊い行為だと思いませんか?

一番恥ずかしいのは、売上や利益がないことだ

ビジネスとは「価値」を提供し、その対価としてお金を受け取ることです。

つまり、売上・利益が多い「稼いでいる」のは、それだけ「価値」を社会に提供していることを意味しているはず。

売上や利益は、価値を交換した成果、一種のバロメーターなのではないでしょうか。

僕は思うんです。

ビジネスオーナーである以上、一番恥ずかしいのは、売上や利益がないことだと。

なんだけれども、心の何処かで「売ることが嫌だな」と思っちゃう。

だから営業やセールスという職種は、まー人気がありません。就職活動でも学生が一番嫌がる、やりたくないのは営業職です。

でも、ビジネスをやっていくうえで、売ることに対する罪悪感を抱えているうちは、どうやったって成功できません。

売ることに対するメンタルブロックを外せないままビジネスに挑むことは、ブレーキを掛けながらアクセルを踏むようなものだから。

どこかで心が壊れちゃいます。

押し売りなんて必要ない。まずはマーケティングで買いたいファンを増やせ。

たかだか数分の、これくらいの話で営業嫌いの人が、営業が好きになるなんて難しいとは思います。

でも、僕は自分自身が世の中に価値を提供していると感じているから、やっぱり「清貧」は嫌だな。

「清く富む」、「清富」の状態でいたいと心から思います。

では、営業が大好き、営業がしたい。この状態を作るには、どうする必要があるのでしょうか?

闇雲に押し売りする?数撃ちゃ当たる?まさかです。

答えは簡単。自分を受け入れてくれる人、自分の会社や商品に興味を持ってくれる人を増やせば良いのです。

すなわち、マーケティング活動によって、自分たちの商品を買いたいと感じる人を増やすこと、これこそが営業を好きになる一番の近道です。

僕達を通じて笑顔になってくれるお客様が一人でも多くなったら…考えただけで嬉しくなります。

売ることって本当に尊い活動だと思いません?

 
営業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長