82歳の女性プログラマー、若宮正子さんは教えてくれる「僕達がいつだって変われること」を

経営

ご存知ですか?82歳の女性プログラマー、若宮正子さん

いきなりですが、50代を迎えた僕、高橋はスノーボードを始めようと思っています。

生まれは福島、育ちは北海道と、まさにスノーボード天国で育ったのですが、この年令になってやっとそう思い立てました。

これを聞いたあなたは何を思いますか?きっと笑いますよね。でも、これが結構本気なのです。

インターネットを調べてみると、「50歳からのスノーボード」的なスクールは実際に存在しました。

でもさすがに、「50歳からのハーフパイプ」とか、「50歳からのビックエア」とかはありませんでしたね。残念。

ただ、どのスクールも体験会も今年の受付は終了。

来年こそ、ぜひチャレンジしたいと思います。

ところで、僕の背中を押したのは誰だと思いますか?ハーフパイプ銀メダリストの平野選手?16歳でビッグエア4位入賞の岩渕選手?

いいえ、違います。僕の背中を押してくれたのは、82歳の女性プログラマー、若宮正子さんです。

若宮正子さんが教えてくれるのは「僕達がいつだって変われる」こと

若宮正子さんは、昨年、アップルが開催した開発技術者会議に招かれた日本人の女性プログラマーです。

驚くべきはその年齢とプログラマーになった経緯。若宮さんは82歳。

彼女はなんと、2017年に入ってからアップルのアプリ開発言語を学び始めて、「hinadan」という高齢者でも楽しめるパズルゲームを開発したのです。

「若い人に勝てるゲームを作ろうと思いました」

若宮さんは、アップルの最高責任者ティム・クックにこう話しました。

 

「82歳からアプリ言語を学び始める?」
「しかも、こんな短期間にゲームを開発する?」

僕は最初、信じることができませんでした。みなさんも、初めてこんなことに出くわしたらそう思いますよね?

でも、彼女は本当に自分がやりたいことを実現したのです。

ちなみに、彼女がインターネットと出会ったきっかけは、60代に入ってから始めた親の介護。

介護で家にこもる彼女にとって、インターネットが唯一、外部の人と交流を持てる場所だったのです。

最初はまっさらのド素人。インターネットと接続するまでに3ヶ月かかったところから、アプリ開発言語を習得したわけです。

「年だから◯◯◯できない」
「苦手だから◯◯◯できない」
「難しいからマーケティングは無理だ」

これ僕たち、平気で口にしちゃいますよね?でも、これって本当に恥ずかしいいこと。勝手に自分に都合の良い「壁」を作っているだけ。

若宮さんの例を考えれば、ただの言い訳になってしまいますよね。

若宮正子さんを知って、僕は「理想の老後」が見えてきました。

それは「独創する愉快なジジイ」になること。

独創すること、愉快であること、そして絶対に言い訳を言わないことを、目標にしようと誓いました。

明日死ぬと思って生き、永遠に生きると思って学ぶ

あなたが取り組んでいるマーケティングは次の3つの要素から形成されています。

「マーケット」「メッセージ」「メディア」

「メッセージ」は不変です。古今東西、人の欲求は変わらない。けれど、「マーケット」と「メディア」は目まぐるしく変化しています。

「年だから」「苦手だから」なんて言い訳を言っている場合ではないのですね。

「明日死ぬと思って生きなさい、永遠に生きると思って学びなさい」

まさに、ガンジーの言葉の通りなのです。

だって82歳からだって、プログラミングを学んでゲームを開発することができるのですよ。

僕たちにできないわけありませんよね?

さあ、あなたはなりたいと思う変化を自分に起こすため、今日から何を学び始めますか?

経営
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長