あなたの他人に対する怒りやイライラを解消するのに役立つ「ストローク」の秘密

健康

正論を振りかざして部下や取引先を罵倒した若い日々

今日は金曜日。土日が休みの方なら忙しかった1週間の終わりを迎え、あと一踏ん張りというところでしょう。

この1週間で溜まりに溜まったイライラやストレスに疲れ切っている人はいませんか?

こんにちは。ブリッジワークの高橋です。

30代の頃、思い起こしてみると僕は最低の人間でした。

多少仕事ができるからと言って、自分の「正しい」を盾に部下や取引先を罵倒し続けていました。

「何でこんなことができないんだ!」

そんな言葉を仲間にぶつけ続けた結果、僕は何を得たでしょうか?

何も得ることはできませんでした。それどころか多くのものを失ったのです。

人へのイライラから抜け出したいなら「プラスのストローク」を駆使せよ

正しいことを言っていたにも関わらず、僕が多くのものを失い、人も着いてこなかった理由、それは僕が間違った「ストローク」を発信していたからです。

「プラスのストローク」

あなたは、この言葉を聞いたことがありますか?

「プラスのストローク」とは、交流分析と呼ばれる精神療法の世界の言葉で、肯定的な言葉を発信していると、自然と肯定的なフィードバックが返ってくることを表します。

30代の僕は、これと全く逆なことをしていたわけですね。

否定的な言葉を発していたから、いくら自分が「正しい」としても、マイナスのフィードバックしか受け取ることができなかったわけです。

全くもってお恥ずかしい限りです。

「プラスのストローク」の威力。これは僕の集客プログラムに参加するメンバーさんを見ているとわかります。

常にビジネスを発展させているメンバーさんは、例外なく「プラスのストローク」を使っています。

たとえ意に沿わないことがあってもスタッフさんや取引先に、「何でこんなことができないんだ!」なんて絶対に言わない。

「いつもありがとう。でもこれ、こうすればもっと良くなるんじゃない?」

プラスのストロークを使うから、相手もプラスのフィードバックを返してくれる。そうやって正のループをどんどん広げていって、ビジネスも結果的には大きくなっているんですね。

イライラは相手を傷つけようとする心のエサとなる

イライラ、ストレスの多くは人間関係から生まれます。「何で◯◯◯◯なんだ!」が諸悪の根源。

特に自分が「正しい」と思っている時、それがお客様ではなく内輪のスタッフさんや取引先であった時は要注意です。

「正しい」を盾にして、ついつい相手をやり込めたくなりますからね。

ストロークは日本語で「心の栄養」とも呼ばれていますが、実際にそうなんです。

イライラをエサにして、マイナスのストロークは更に威力を増します。

一瞬やり込めたように見えて、現実はその反対に向かい、あなたが味方に付けておきたかった相手はどんどん離れていってしまいます。

そんな時こそ「プラスのストローク」を思い起こしてほしいのです。

肯定的な言葉を受け取って嫌な気持ちになる人はいませんよね?

プラスのストロークで接した相手は、自然とあなたの言葉に耳を傾けてくれるはずです。

今週のイライラやストレスは週末のうちに綺麗さっぱり忘れて、来週から使ってみてください。

30代の僕がこれを知っていたら…あなたは、僕のような過ちを犯さないでくださいね。

それではまた!

健康
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長