五輪のメダリスト達から学ぶ 人を動かす広告に秘められた「2つのE」の力

マーケティング

メダリスト達は理屈ではなく2つの感情で動く

やりましたね!

66年ぶりの快挙を成し遂げたフィギュアスケートの羽生選手。予告通り悲願の金メダルを手にしたスピードスケートの小平選手。

先週末は2つの金メダルに日本中が沸き立ちました。

でも、不思議に思ったことはありませんか?「なぜ彼らはこんなに頑張れるんだろう?」って。

これは羽生選手、小平選手のようなメダリスト達に限ったことではなく、連日しのぎを削っているアスリートの皆さん全てに当てはまることです。

大会直前の大怪我、過酷なリハビリ、挫折、葛藤、衝突、分裂…更には職につけない、お金に困って貧乏生活、なんてこともままあります。

でも彼らは絶対にその世界で頂点に立つことを諦めません。行動を止めようとはしません。

その理由は理屈ではなく、「2つのE」つまり、2つのEmotion(感情)に基づくものです。

2つのE(感情)、それは、

「メチャメチャ悔しい」

「メチャメチャ嬉しい」

という2つのEです。

2つの感情のギャップ。これが彼らの頑張りの源泉になっているのです。

たとえ苦痛や挫折による悔しさがあったとしても、頂点で味わえる喜びを知っているからこそ、彼らは厳しく苦しいトレーニングや、普通の若者とは違う節制生活を進んで受け入れているのです。

素質がピカイチで理屈も理解している。けれど最後は感情が人を行動に駆り立てる

2つの感情のギャップがアスリートを動かしていることを表す例として、スピードスケートで銀と銅、2つのメダルを現時点で取得している高木美帆選手のエピソードをご紹介しましょう。

彼女が飛翔したきっかけは、2年前にベルリンで行われた世界選手権でした。

オリンピック3大会連続で金メダルを取ったイレイン・ブストに負けた時、高木選手はヨハン・デビット・コーチに、「やっぱり強いね。」とつぶやいたそうです。半ば諦めにも似た悔しい気持ちだったのでしょう。

ところがデビットは高木選手にこう言いました。

「なぜ、同じ人間ができたことなのに、自分はできないと思うんだ。俺なら『自分もできる』って思うぞ」

この言葉で「自分でもやれるのか?」と感情を動かされた高木選手は、先シーズンからめきめきと頭角を現し、ついに今シーズンのワールドカップでは1,500m負け無し、世界のトップへ躍り出ます。

たしかに中学生時代から天才と呼ばれ、素質は十分に持っていた。

高校も大学もトップレベルのところへ行き、あらゆる練習メソッドをこなしていたし、自分はもちろんライバルのデータを計測して、理屈上はスピードスケートでやれることはやっているはずだった。

そんな彼女ですら、「悔しい⇒喜び」のギャップによって心を動かされて、はじめて結果を残すために意欲的に行動できるようになったのです。

ビジネスの世界でも人は理屈でなく感情で動く

ビジネスの世界でも、これら2つの感情のギャップが人を動かす点は全く同じです。

たとえば、あなたの広告には見込み客の感情(Emotion)が表現されているでしょうか?

というのも、理屈っぽい人って嫌われやすいですよね。

たとえ理屈で人を説き伏せて納得させようとしても、相手の心はどうでしょうか?「うるせーな、もう。わかったよ。」と、せいぜいそう思っているものです。

表面では首を縦に振っていても、心のなかでは全然納得していないから、動いてくれない。

なぜなら人間は感情を満たされたり、心を動かされた後ではじめて、行動に移ることができるようにできているからです。

そこで今日はあなたに2つの質問をさせてください。これらの質問に対する答えをあなたは明確に持っているでしょうか?

質問1:あなたの見込み客が商品を購入して一番辛いと感じる体験は何だと思いますか?

質問2:あなたの見込み客が商品を購入して一番嬉しいと感じる体験は何だと思いますか?

私達がそうであるように、お客様は理屈を幾ら突きつけられたところで、心が動かされていなければ、こちらに全く振り向いてくれません。

膨大なデータを突きつけられたところで、商品のスペックを突きつけられたところで、お客様の心は動くわけがない。行動するわけがありません。

優れた広告には、これら2つの感情のギャップにより人を動かす仕掛けが100%入っています。

お客様の「辛い⇒喜び」のギャップを想像し、感じ取り、あなたの商品を使うことで得られる喜びを、広告で表現してみてください。

結果は大きく異るものとなるでしょう。

 
マーケティング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
高橋 伸夫

【プロフィール】

ブリッジワーク代表 高橋伸夫
福島県出身。北海学園大学卒業。
大学卒業後、札幌で地元広告代理店に勤務。
営業マネージャー・メディアプランナーとして多数のクライアントのマーケティングを担当。
2011年ブリッジワーク設立。集客企画を中心にしたチラシ作成業務、マーケティングコンサルタント業務を行っている。

【ご挨拶】

「多額な広告投資ができない、成長過程にある企業のみなさまのお手伝いをしたい」私は広告代理店に勤務しているころから、ずっとそう思っていました。

こんにちは。ブリッジワークの高橋伸夫と申します。
私たちは“チラシ”というマーケティングツールを通じて企業の集客支援を行っています。
なぜチラシなのか?
それはチラシは地域に密着している企業・店舗にとって最適なリアルメディアだからです。
でもインターネットが普及し簡単にさまざまな情報が入手可能な現在、
チラシで成果を上げていくのは簡単なことではありません。

ある調査によると北海道における新聞折り込みの枚数は年間1.2億枚以上。
これは新聞に折り込まれた枚数です。これにポスティングの枚数を加えると・・・・
そのなかでチラシの成果を上げるには
緻密な集客の企画・お客様を動かす広告文章・メッセージを際立たせるデザイン
この3つの要素が欠かせません。
“誰にたいしてどのように売っていくのか”この手順・戦略が重要なのです。
私たちは集客の企画から印刷までワンストップのサービスを提供しています。
広告にかけられる金額には限りがあります。みなさまの貴重な広告費を無駄にしないため
僕たちにぜひご相談ください。

「小さな投資で大きな効果を」私たち、ブリッジワークのモットーです。

【ブリッジワークのサービス】

1)集客7プログラム・パートナーシップ
月々わずかな予算で、マーケティングの悩み・課題を解決することができます。
「集客7プログラム」はオンラインによる集客支援サービス。
メールによる相談は無制限。
いつでも、どこでも、あなたのそばで、ビジネスの発展をサポートします。

2)マーケティング・コンサルタント・サービス
「売る仕組み」これは、ビジネスを継続的に発展させるために、必ず必要になるものです。
ブリッジワークでは、ビジネスの成長過程、課題に応じた完全オーダーメイドのコンサルティング・サービスを提供しています。
マーケティングの専門家をあなたのチームに加えてみませんか?

3)90日間バカ売れチラシ完全マスター講座
集客力の高いチラシ作成のノウハウを確実に手に入れることができます。
集客チラシは小規模ビジネスに最適なマーケティング・ツール。
効果を高める、企画の作り方、コピーライティング、そしてデザインワーク。
実際のチラシ作成の工程に沿ったステップ・バイ・ステップの解説で、確実にマスターできる動画コンテンツです。

4)知識ゼロからのコピーラティング入門講座
「最強の売る力」が90日で手に入れることができます。
売るために不可欠なスキル。
それがメッセージを作る力、コピーライティングです。
どんなに優れた商品・サービスも、どんなに練りに練ったマーケティング・プランも、お客様に伝わらなければ、あなたのビジネスの成長はありません。
あなたもこの動画コンテンツで「売る力」を手に入れてみませんか?

5)ブリッジワークのコピーライティング
「メッセージ」これは、ビジネスの成長を決める、マーケティングの中でも、最も重要な要素です。お客様へ「何を伝えるのか」「どのように伝えるのか」。
広告原稿の作成、セールスレターの作成、ホームページの原稿作成、電話セールスのスクリプトの作成など、ブリッジワークでは様々なメッセージの作成を、きめ細かいサービスで提供しています。

6)集客チラシ作成サービス
チラシは小規模ビジネスの発展に欠かすことのできないマーケティングツールです。「企画・構成」「コピーライティング」「デザイン」効果を高めるにはこの3つの要素が不可欠。ブリッジワークでは、企画の立案から印刷まで、ワンストップで効果の高いチラシの作成を提供しています。

高橋 伸夫をフォローする
節約社長