◯◯すぎて引かれてしまう非モテ男性 自分の善より相手への思いやりを

時事

◯◯すぎて引かれてしまう!◯◯の中身は正直

今日は、「◯◯すぎて引かれてしまう!非モテ男性とは?」というテーマでお届けします。

◯◯、これ自体は悪いことでは決して無いんですけれど、「すぎる」ことで、かえって非モテになるケースが多々あります。

◯◯に入る言葉は、「正直」です。正直過ぎる男性は非モテになりやすいんです。

この場合の「正直すぎる」とはどういうことか、以下説明していきますね。

男性が正直すぎると非モテになるのはなぜか?

もちろん正直なのは良いことです。

ですが、相手が勘ぐりやすいタイプの人に対しては、あまりに正直に何でも話してしまうと、その相手を悩ませたり、迷わせたり、時には傷つけてしまうことがあります。

たとえば、あなたが40歳で、今まで誰とも付き合ったことが無いとして、それは決して悪いことではありません。

ただ、その事実をはっきりそのまま伝えると、「この人クセが強い人なのかな。」とか、「もしかして本当は異性じゃない人が好きなのかな」とか、そういうふうに勘ぐられてしまい、それ以上コミュニケーションが取れなくなることがあります。

正直に言ったことによって自分は楽になるかもしれないですが、相手が傷つくこともありますよね。

風俗に行きまくっていたことがある

不倫をしていたことがある

昔付き合っていた人に似てるから気になって声をかけた

こんな情報を、バカ正直に言われたい女性なんて大抵いませんし、言うこと自体が本当に相手を思いやっているのか甚だ疑問です。

相手を思いやっての嘘なら言い切ってしまう

このような場合、相手に迷惑をかけない範囲であれば相手の気持ちを慮って、優しさで嘘をつくことも1つのあり方なんじゃないでしょうか?

もちろん普段正直なのはOKです。

ですが、女性が「風俗とか行ったことある?」って聴く時は、「この人は遊び人なのかな?」と確かめているわけで、「ないない、全然行ったことないんだよね。」とか言い切っちゃえば良いんです。

行ってたとしても(笑)!「何言ってるの?全然行ってないよ。確かに、学生時代…10年くらい前に友人に強引に誘われたけれどつまらないじゃん、あれ。というか、◯◯がいるのになんでそんなことしなければいけないの?」って強く宣言しましょう。

基本は正直、だけども正直すぎると相手を傷つける場合があるので、嘘も方便の範囲であれば、そちらのほうが優しさとなる場合があります。

 
時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
有馬 樹里

恋愛・婚活スタイリストJURI

1976年6月26日生まれ 東京都出身

恋愛・婚活カウンセラー、恋愛・婚活セミナー講師

【恋愛・婚活セミナー講師として】

2011年に恋愛・婚活セミナー講師として開業

その後、東証一部上場結婚相談所IBJのカウンセラー、
恋愛アカデミーの婚活セミナー講師、
その他結婚相談所などと提携して活躍。

自身でも恋愛・婚活セミナーや
個別カウンセリングを実施し、
述べ10000人以上を担当。

請け負った会員は100%お見合いに至り、

交際から半年以内で成婚に結びつけた確率60%超という実績を誇る。

【著者として】

2016年3月に出版した著書
「彼女が欲しい方必見!必勝☆モテる出会いの技術」

2014年4月に出版した著書
「次・また会いたい人」

いずれもAmazon心理学ランキング1位を獲得。

【Podcastラジオパーソナリティーとして】

AppleのPodcastラジオでは、
恋愛・婚活専門家のJURIの
『野獣でも美女を捕まえるテクニック。
 女性の本音、教えます。』

では、

社会/文化部門で1位を獲得。

わかりやすく実践しやすいと定評を得ている。

【完全無料!podcastラジオ】
→iPhoneの方
→Androidの方

【メルマガ】
『90日以内に理想の彼女を作るスピード婚活メソッド』
5ステップ動画無料プレゼント!
こちらから

【LINE@】
LINE@登録はこちらから
LINE ID:@mxw9966u(@も入れて検索してね♡)

有馬 樹里をフォローする
節約社長