ペット管理もIOT ペット用スマート体重計「くるみスケール 」が秀逸

時事

ペットの健康管理もIOT「Kurumi Scale(くるみスケール)」が登場

日本国内では2016年時点で、892万匹の犬と952万匹の猫が飼われており、「アベノミクスが駄目ならネコノミクス」と呼ばれるように、その規模は約1.5兆円まで拡大しました。※

ペットの家族内における存在意義はますます増しているため、ペットたちの予防医学分野も急速に発達を遂げています。

そんな中、先週クラウドファンディング「Makuake」で発表されたのが、キャリーやトレーに貼るだけでペットの健康管理と体重測定が可能になる、「Kurumi Scale(くるみスケール)」という商品です。

「Kurumi Scale(くるみスケール)」は、キャリーやトイレトレーの裏に貼り付けるだけで、犬や猫などペットの体重計測ができて、スマホで「自宅における病気の予防、管理」を実現するスマート体重計です。

体重計と連動した専用スマホアプリを使い、全種類、全サイズのワンちゃん、ネコちゃんの体重、食事、運動管理ができます。大切な家族の健康を守る製品です。

ペットにとっては体重の僅かな増減が大きな意味を持つ

ペットにとってはわずかな増減でも大きな変化を意味することがあります。

体重の増減を継続的に記録するだけで、心臓病、関節炎、糖尿病等のリスクを高める肥満痩身のコントロールが可能になったり、病気の早期発見が可能になります。

しかし、自宅での正確な体重測定が意外と難しいのは、ペットを飼う人なら誰もが知るところ。

小型・中型のペットの場合は、ペットが体重計でじっといてくれないので、ペットを抱っこして人間の体重計で測定する結果、体の小さい子の正確な体重測定が困難だったりします。

節約社長

また、大型のペットの場合は、人間の体重計には重くて乗せられないため、動物病院/やサロン等に行った際に測定するくらしか体重の増減を知ることができず、経済的、時間的な負担が大きくなります。

節約社長

「Kurumi Scale(くるみスケール)」は体重を自動測定、健康管理の提案もしてくれる

「Kurumi Scale(くるみスケール)」は、自宅で使っている用品(トイレトレー、キャリー等)の裏に、スマート体重計を付けるだけでペットたちの体重を自動測定してくれます。

節約社長

このスマート体重計のケーブルは1メートルまで伸びるので、全ての種類や大きさの犬・猫の体重測定に対応します。

節約社長

体重計で測定したデータは、Bluetoothで連動したスマホアプリで管理され、日、週、月、年の単位でグラフ化して表示も可能です。

また、同アプリはデータに基づき適正食事量や運動時間等を提案もしてくれます。

多頭飼いしている場合も識別チップをそれぞれの犬、猫に着けるだけで、識別された情報をアプリに記録してくれます。

節約社長

ペットの健康管理もIoT、そんな時代がやってきました。

参考リンク:【新IoT商品】スマホと連動・ペットの健康管理ができるスマート体重計「くるみスケール 」Makuakeにてクラウドファンディング開始!

※http://www.petfood.or.jp/topics/img/171225.pdf

時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
編集部

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長