ビジネスにおいて「1」という数字が最悪な数字となる場面

「1」という数字が最悪な数字となる場合がある

 今回は、「最悪な数字『1』に気をつけろ」というテーマでお届けします。

 1という数字に読者のみなさんはどんな印象を抱かれますか?

 トランプのエース、野球のエース、1番槍などなど…1という数字は一般的に「強い」「早い」などプラスの印象を与える数字です。

 ビジネスでも、地域1番店、シェアナンバー1、顧客満足度ナンバー1など、1は非常にプラスの印象が強い数字です。

 ところが、同じビジネスの世界でも、ある分野で数字を見た時に1という数字が目立つなら、私たちは注意を払う必要があります。

集客の場面で『1』という数字はヤバイ数字だ

 ビジネスをやる上で、『1』という数字が目立つなら気をつけなければならない場面、それは集客の場面です。

 たとえば、お客さんが1人しかいない、集客手段が1つだけ、お店が1つだけ、これって会社として終わっていると思いませんか?

 お客さんが1人しかいなければ契約終了でおさらば、集客手段が1つしかなければ、その集客手段が廃れると会社も廃れる。お店が1つしかなければ地域要因に大きく業績が左右される。

 これくらい1という数字はビジネスの集客場面においてリスクのある数字です。

 もちろん1というのは極端な表し方であって、2とか3でもヤバイです。

 月間1,000万円の利益を作ろうと思った時に、1人から1,000万円をもらっているのか、100人から10万円ずつ計1,000万円をもらっているのかには雲泥の差があります。

 1,000万円をくれる顧客は確かに上客かもしれませんが、この人がいなくなったら、その時点であなたのビジネスは終わります。

 一方で100人から10万円ずつ計1,000万円をもらっている場合、10人のお客様がいなくなっても900万円の利益を確保できます。

 絶対に後者を選んだほうが良いと誰もが思うはずです。

1つだけで集客しない。全部使って集客する。

 集客に関する数字は大きければ大きいほど良いです。

 「うちは凄いお客さんが1人ついているから、儲かって儲かって仕方がないわ。」なんて言ってるようじゃアウトです。

 うちはホームページだけで集客してます。チラシだけで集客しています。アナログの営業だけで集客しています。っていうのはNGです。

 その、「1つだけ」やってる集客ツールがダメになったらどうするんですか?という話だからです。

 集客において「1」はダメな数字です。アナログもホームページもSNSもチラシも効果が高いものは全部使い倒して、顧客も集客ツールもどんどん増やしてください。

 
営業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

1974年生まれ。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了 MBA。さらに、博士課程に進学して、博士号取得。博士号取得後、外資系・国内独立系コンサルティング会社を経て、株式会社マーキュリーコンサルティングを設立。

経営コンサルタント業界の異端児として、全国延べ1600社以上の会社やひとりビジネスを支援する。また、財団法人埼玉県中小企業振興公社をはじめ、各都道府県中小企業振興支援センターの専門家として、中小零細企業の経営支援や独立・創業支援をする傍ら、全国の大学、商工会議所、商工会、青年会議所、金融機関などの主催による講演会の講師として活躍し、あらゆる業界で勝ち組企業や成功者を生み出している。更にトップアフィリエイターとしても活躍。キャンペーンの報酬ランキングに常に上位ランキングしている実績を持つ。現在、年収1億円起業家を輩出するため、日々コンサルティングに奔走している。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

個別コンサルティングお申込みは、こちらから

完全放置アフィリエイト塾お申込みは、こちらから

パーフェクトマインド口座お申込みは、こちらから

島倉大輔をフォローする
節約社長