永遠のルーキー、イーロン・マスクが語る4つのルーキーマインド、その心得

効率化

1)“バックパッカー・マインドセット”

新人は、たいてい重荷を背負っていない。

だからこそ、新しい現実にフィットした新しいやり方を見つけられるのだ。

また、新人は経験がないために“不可能である”とは思わない。

そしてイーロンは、多くを背負った気になっている私達も、大抵は大したものを背負ってなどいないと言う。

困難な仕事に臆することがない状態は、最大の強みになり、組織により多くのイノベーションをもたらす。

2)“狩猟採集民モード”

一般的に、組織は新人に「新しいアイデア」を期待する。

しかし、新鮮なアイデアというものは無からひらめくものではない。

大抵の新鮮なアイデアは、人の話を聞き、質問する過程で思いつくことが多いものである。

新人は経験がないだけに、人に質問をすることに躊躇がない。なんの躊躇も無いのだ。

ある調査によると、新人はベテランと比較して平均5倍も専門家に接触している。

つまり、彼らは積極的に外に出て、“知識をハンティングしている”のである。

マンモスの肉を探すように、私達は積極的に狩猟民族として知識をハンティングしなければならない。

3)“ファイアウォーカーモード”

燃える火の中をかいくぐるには、火を踏まないように慎重になる必要がある一方で、火の粉が降りかからないように素早く逃げる必要がある。

新人は免許取り立てのドライバーが法定速度を守るように慎重にふるまう。

同時に、知識不足を埋めなくては目の前の業務を捌き切れないので、命懸けで素早く成長していく。

私達は火の中をかいくぐるように、慎重に道を選び、なおかつ素早く成長するマインドを持つ必要がある。

4)“開拓者モード”

新人は新たな開拓地を求めて外へ出ようとする。

また、コネやツテなど潤沢な資源がないために、最も重要な顧客のニーズを満たすことに集中する。

彼らの欠乏感と猛烈な熱意は、大きな強みになる。

ペイパルの成功で散々お金を手にして、アイアンマンの主役モデルにもなった。そのくせ本気で宇宙に人を送ろうとしてバカみたいに私財を費やすイーロンは未だにこうだ。

散々冒険してきただろうが、今何かをやろうとしているあなたは?あなたのルーキー力はどのくらいだろうか?

Photo credit: jdlasica on Visualhunt / CC BY

効率化
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
編集部

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長