カゴメトマトジュースの売上を対前年比30%UPにした、たった一行のキャッチコピー

カゴメのトマトジュースが数年で大幅に売上増

 カゴメのトマトジュースと言えば、好きか嫌いかは別として、誰もが知っている馴染みの商品ですよね。

  「トマトジュースと言えばカゴメ。カゴメと言えばトマトジュース。」 といった具合に、ブランドとして私達の間できちんと定着しています。

 なにせ、販売開始はなんと1933年(昭和8年)ですから、100年近く続く超ロングセラー商品であり、それだけでも凄いことと言えるでしょう。

 一方で、傍目から私達が見て、カゴメのトマトジュースに対して抱くイメージといえば、「毎年安定して売れてはいるが爆発的に売れるようなことはない商品」というものではないでしょうか?

 実は違うんです。

 カゴメのトマトジュースは、ここ数年大躍進を果たしており、2015年にリニューアルしてから売上が急増。対前年比25~30パーセントの割合で売上を伸ばしているのです。

トマトジュースの売上増に貢献した“たった一行のキャッチコピー”

 誰もが知っているロングセラー商品でこれだけの伸びを見せる商品は他にあまり類を見ず、この快挙自体が凄いことです。

 さらに凄いのは、カゴメがその売上を伸ばした方法です。

 新たに広告を増やしたとか、販路を拡大したとかではなく、たった1行のキャッチコピーを加えただけで売上増を実現したのです。

 では、いったいどのようなキャッチコピーなのかというと、

血中コレステロールが気になる方に(機能性表示食品)

 パッケージにたったこの1行を入れただけで、普段からコレステロールが気になる人や、健康志向の人の注目を惹きつけて、爆発的に売上をあげたわけです。

 パッケージのデザインに1行加えるだけなら、さほどコストもかからないので、カゴメの戦略は大成功だと言えるでしょう。

理想の顧客であるペルソナをひとり決めて深掘りする

 今回、カゴメが手に入れた成功は、決して他人事ではありません。

 あなたのビジネスにも、深く関係することなので本質をしっかりとつかんでくださいね。

 ビジネスをしていると、

  • あの人にも売りたい
  • この人にも買ってもらいたい

 と考えた挙句、あらゆるすべての人を対象に売りたくなるのが人の常。

 ところが、ターゲットをぼやけさせる(拡大する)と、商品はかえって売れなくなります。

 理想の顧客であるペルソナをひとり決めて、

  • ペルソナがどんなことで悩んでいるのか?
  • ペルソナは悩みを解決してどうなりたいのか

 を徹底的に深掘りしていき、そのペルソナにあう商品やマーケティングを考えることが、売れるための唯一の方法です。

 欲を出して万人向けの商品を作り、商品やサービスを売ろうとしても、成功するのは大量広告が打てる大手企業だけです。

 中小企業やひとりビジネスのオーナーが、そんなことをしたら完全にアウトです!

 ペルソナを決めて、そのペルソナに向けた商品開発、マーケティングを考える。

 これこそが、結果を出すためにあなたがやるべきことです。

企業分析
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
島倉大輔

1974年生まれ。筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了 MBA。さらに、博士課程に進学して、博士号取得。博士号取得後、外資系・国内独立系コンサルティング会社を経て、株式会社マーキュリーコンサルティングを設立。

経営コンサルタント業界の異端児として、全国延べ1600社以上の会社やひとりビジネスを支援する。また、財団法人埼玉県中小企業振興公社をはじめ、各都道府県中小企業振興支援センターの専門家として、中小零細企業の経営支援や独立・創業支援をする傍ら、全国の大学、商工会議所、商工会、青年会議所、金融機関などの主催による講演会の講師として活躍し、あらゆる業界で勝ち組企業や成功者を生み出している。更にトップアフィリエイターとしても活躍。キャンペーンの報酬ランキングに常に上位ランキングしている実績を持つ。現在、年収1億円起業家を輩出するため、日々コンサルティングに奔走している。

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

個別コンサルティングお申込みは、こちらから

完全放置アフィリエイト塾お申込みは、こちらから

パーフェクトマインド口座お申込みは、こちらから

島倉大輔をフォローする
節約社長