1986年に海外と日本国内でそれぞれ100万円ずつ投じたら30年後は何倍?

日経平均株価がバブル景気崩壊後の最高値を更新

 11月に入ってからも、日経平均株価がバブル景気崩壊後の最高値を更新し続けています。

 少し上昇のピッチが速すぎる気もしますが、今回の株高は企業業績を伴った上昇ですので、大方の予想としては今後も当面は上昇が見込まれています。

 さて、今回は外国株に30年間投資を続けていた場合、その成果はどうなっていたのか?について、過去の実績にもとづいてご紹介したいと思います。

 タラレバと言わず、少しだけお付き合いください。

1986年に海外と日本国内でそれぞれ100万円ずつ投じたら30年後は何倍?

 下の表は、外国株と日本株の1986年7月から2016年7月までの30年間の運用成績を比較したものです。

節約社長

 日本株の株価指標としてはTOPIX(※1)を、外国株の株価指標としてはMSCIコクサイ(※2)を使用しています。

 ご覧のとおり外国株が30年間の間に約9倍に増えているのに対し、日本株の上昇は1.3倍に留まっています。

 同じ100万円を1986年にそれぞれ投資したなら、外国株は900万円の資産価値となっているのに対して、日本株の場合は130万円程度にしかならない計算です。

 日本は、この30年の間にバブルの崩壊や長引くデフレの影響もあってなかなかGDPが伸びず、株価もそれほど上がらなかったものと考えられます。

 一方で、相対的に人口が増加している国やGDPの伸びが高い国は、株価も堅調に値上がりしています。

統計を見る限り海外への国際分散投資が有効

 資産運用は「分散投資」が基本です。

 「怪しい」「危険」「詐欺」など、海外投資については、まだまだネガティブなイメージを待たれる方が多いかもしれません。

 しかし、そもそも国内であろうが、海外であろうが、投資にリスクは付きものです。

 ここ数カ月は日本株の上昇が目立っていますが、この統計を見る限りは日本国内だけで資産運用するよりも、海外資産も含めた国際分散投資が有効であることが明らかなようです。

※1 MSCIコクサイ:モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが算出し公表している国際的な株価指数で、日本を除く先進国22カ国の上場企業の株式指数で構成されたもの

※2 TOPIX:東京証券取引所第一部に上場されている全銘柄を対象に時価総額を指数として算出されたもの

資産運用
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
永柄 正智

1972年1月 長崎市生まれ。
シンガポール在住。

趣味:海外旅行、街歩き、子育て

性格:物事を常に前向きにとらえる非常にプラス思考な性格

【保有資格】
CFP@(日本FP協会認定:国際資格)
一級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
神戸市アジア進出支援センター・アドバイザー
ロングステイアドバイザー(ロングステイ財団認定)

地方自治体の職員として20年間勤務し、都市再開発事業や観光振興、空港のオペレーション業務などの仕事を経験してきました。特に公共事業に伴う地元調整や補償交渉等の様々な経験を活かした問題解決型のアドバイスを得意としております。

数年前に妻の仕事の関係で、家族でシンガポールに移住することを決意し、移住の準備を進めてきました。その経験の中で、ライフプランニングにおいて適切な判断を行うためには、社会保障制度や税制、教育等の仕組みや知識を十分に理解する必要性があることを再認識し、FP資格及びロングステイアドバイザーの資格を取得しました。

現在、シンガポールにおいて、現地駐在員や海外移住希望者、教育移住希望者の方々を対象としたファイナンシャルプランナーとして活動しています。

永柄 正智をフォローする
節約社長