大企業の管理職経験者ほど陥りやすい「組織病」から抜け出す3つの方法

起業

 私達が兼ね備えている環境適応能力は、時として弊害を生むことがあります。ずっと慣れ親しんできた組織、たとえば大企業を辞めて起業する人の多くが上手くいかないのは、過去の環境適応で得たものを今も引きずる「組織病」になっているのが主な原因です。どうすれば、組織病から抜け出せるのか?3つの方法をご紹介します。

人間の環境適応能力は時として弊害を起こす

 人は同じ場所にずっといると、いつの間にかその環境に適応して身を上手くこなすようになっていきます。

 古来より人は社会的動物として生命をこれまでずっと子々孫々繋いできたため、環境適応能力が非常に高いのです。

 会社も1つのコミュニティです。会社勤めの多くの人にとって、自分の会社は社会人になった後は一番長い時間を過ごす場所ですから、その環境が当人に及ぼす影響は計り知れません。

 ただし、環境に適応するのは良しとしても、そこで1つの弊害が起こりやすくなります。

 自分が当たり前だと思っている勤務先の会社の常識と世間一般の常識にはズレがありますし、会社間によってもズレがあります。

 ところが、同じ会社にずっといると、その会社の常識が当たり前になって、他の環境にいる人をなかなか認められなくなったり、違う環境を肯定できなくなるのです。

 私は、10数年間務めていた化粧品会社からマーケティングの企画会社に転職した時に、上記の弊害を感じました。

 化粧品会社とマーケティングの企画会社とでは仕事内容が全然違います。

 また、化粧品会社は従業員数が千人規模、マーケティングの企画会社は数十人規模でした。

 仕事のやり方、考え方、価値観が違うため、最初のうちは随分戸惑いました。

大手企業の管理職経験者の多くが起業後にズレを修正できない

 とはいえ、転職による環境の違いへの適応くらいなら、まだ大したことではありません。会社から会社への転職の場合は戸惑っても、新しい会社の先輩が大抵はフォローしてくれますし、何よりも決まったお給料を会社が毎月支払ってくれます。

 しかし、起業した場合は誰もフォローしてくれませんし、世間の常識とズレていることに気が付かない場合もあります。

 気が付かないまま進むと、誰も決まったお給料などくれませんから、最後にはお金に困る事態にまで陥ってしまいます。

 私は中小企業診断士として多くの起業家と面談を重ねていますが、特にこの問題が起きやすいのは、大企業に勤めていた人が起業する場合です。

 起業を考えているのですから、大抵の方は独立心旺盛で、能力やこれまでの実績もある方です。

 でも、属していた組織が大きければ大きいほど、大抵の人が勤務していた会社の常識や価値観に知らず知らずに染まっています。

やっかいなのが管理職を経験してきた40代後半から50代の起業家

 特にこじらせやすいのが、40代後半から50代で大手企業を早期退職した人、なかでも管理職として肩書のあった起業家達です。

 時々見掛けるのが、会社をやめても、会社の時の肩書の意識のままで他人と接している人です。

 本人は意識しなくても、長い間管理職をやっていると知らず知らずに出てしまうようです。

 「◯菱商事ってご存知ですか?私、あそこでアメリカ支社の◯◯部の部長やってたんですよ。ですから…」とやってしまうのです。

 でも、その人の過去の看板など、今接している取引先にとっては、はっきり言ってどうでも良い無駄話、余談でしかありません。

 求められているのは成果であり、肩書ではないのです。

 こんなことをやっているのでは、人によっては、「こいつ、胡散臭いな。」とマイナスの印象を抱き遠ざかってしまうこともあるでしょう。

 起業した以上、私達は一旦これまでの話を全てリセットし、ゼロから始めねばなりません、

 今までいた会社の看板も肩書も全て捨て、「私」という一個人の信用で仕事をしなければなりません。

組織病はプライドを守るための自己防衛反応

 ところが、大手出身で管理職を経てきた人ほど、なかなかこれが出来ないようで、相手に対して上からかかってくる傾向があります。

 仕事がなかなか見つけられない人は、過去の下請け先に言って、これまでと同じような態度で仕事をもらおうとすることもあるようです。

 結果は…悔しい門前払いになってしまいます。激しくプライドが傷つけられ、落胆します。

 今までは対等以上に接することが出来た相手に、自分より上位の立場から話されたりすると、「俺は今まで大きな会社の管理職だったんだぞ」という心理になってしまうんですね。

 これが典型的な「組織病」というヤツです。やっかいなのは、組織病にかかっている起業家のほとんどは、自分が組織病の患者であることに対して無自覚だということです。

 会社時代の肩書の意識や態度がついつい出てしまうのは、自己防衛の意識が働くからです。

 他人にバカにされないよう、無意識のうちに過去の肩書を支えにしようという心理状態が組織病を助長します。

「組織病」から抜け出すのに肝要な3つの方法

 では、組織病から抜け出すのは不可能なのでしょうか?

 私がこれまで関わってきた起業家の例からいくと、組織病から抜け出すことは可能です。

 やり方は3つあります。

 1つめは、今までとは違う世界の人たちと一人でも多く自分から接することを心がけ、わからないことは率直に聞きながら、自学自習の姿勢で事業を展開することです。

 どうしても人はキャリアを積んできた仕事を選び、過去のつながりでお金を稼ぎたがるものですが、現実にはこのパターンだと下請けに成り下がることがほとんど。

 自らが積極的に新たな可能性ある分野を学んで探し、それを少しずつ事業として実行に移していきましょう。

 その中で、自分と違う経験をしてきた能力ある人と出会えるはずです。年令や性別に関係なくわからないことは、積極的に「教えて欲しい」と伝え、自分からアプローチしてください。

 2つ目の組織病から抜け出す方法は、己の組織病を認識し、修正するために事業計画を作成することです。

 無意識のうちに組織病にかかった人が作る事業計画書は、今までの会社の常識が色濃く反映されたものとなりやすいもの。

 一度作った事業計画を絶対視しないで、多くの人の意見、できれば苦労してきた経営者の意見を聞いて、柔軟に修正してみましょう。

 ズタボロに言われるかもしれませんが、ここで修正すべきことを指摘してもらえたならラッキーです。本当にお金が無くなってボロ雑巾のようになることを考えれば、全くもって幸せな話です。

 3つ目、最後に組織病から抜け出す対策方法は、自信を持つことです。

 ただし自信を持つのは、これまでのキャリアに対してではありません。

 過去は過去、今は今と、早く割り切りましょう。不確実な未来に一歩足を踏み入れた自分に対して、これから自分がやることに対して、「お前はやれる」と根拠が無くとも自信を持つのです。

 ただし、謙虚さを忘れないように…。

 私からお伝えできる組織病対策は以上です。

起業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
大場保男

大場 保男 (おおば やすお)
静岡県沼津市生まれ
早稲田大学第一文学部心理学科卒業

経済産業大臣登録中小企業診断士
東京都福祉サービス第三者評価者
SOURCE公認ベーシックトレーナー
関東学院大学経済学部非常勤講師

社会人としてのスタートは、二日酔いで遅刻

大学を卒業し、就職先の化粧品会社の入社式を翌日に控えた夜、
アパートの隣の部屋の友人から
「彼女に振られたからヤケ酒に付き合え」と言われて明け方近くまで痛飲。
案の定、入社式は遅刻、まだ身体に酒が残っており、
人事担当者に一発で二日酔いであることがバレて大目玉。

これに懲りることなく、酒杯を重ねて幾年月、
最近めっきり酒量は減ったけれども、
酒を通して様々な分野の人たちとの付き合いを楽しんでいる。

上司の独立に伴って転職したが、その会社はあえなく倒産

化粧品会社からマーケティング企画会社へ移って10年近く経った頃、
上司が「独立するので自分の会社に来ないか?」を誘われて転職。
社員4人の小世帯ながら、
東銀座の歌舞伎座近くの立派なビルの
ワンフロアを事務所に会社が立ち上がった。

オープンの祝賀パーティも盛大に行われた。
しかし、その会社は1年も経たずしてあえなく倒産…。
その時は、すでに中小企業診断士の資格をとっていたので、
資格があればなんとかなるのでは…と甘い考え。

46歳、何の見通しも計画もないままに独立起業

自分の意思ではなく、やむなく独立せざるを得ない状況での起業。
平成5年、46歳だった。独立起業に対する見通しも計画も何もなかった。

中小企業診断士の資格を活かそうと、知人から紹介されて行政の人に会ったとき、
「専門分野は何ですか?」と問われてハタと返答に窮した。
そこで、化粧品会社に勤務していた頃、
一番長く携わっていた「イベント企画」を自分の専門として打ち出すことにした。

以来、「商店街のイベント屋」として神奈川県を中心に、
イベントによって商店街の活気を取り戻そうという活動に取り組んできた。
かかわった商店街は、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、座間市、
大和市、厚木市など50ヶ所以上に及んだ。

お店の販売促進、中心市街地活性化、農業診断などに取り組む

「商店街のイベント屋」として活動しているうちに、
県庁や市役所などの行政、商工会・商工会議所などの
商業振興や地域活性化を担う部署の人たちとの人脈ができてきた。
そこから、商店街のイベント以外の仕事も依頼されるようになった。

商店街のコンセプトづくり、特産品の開発、中心市街地活性化、
物販店や飲食店などの店舗診断と販売促進、
チラシやニュースレターの作成などを行ってきた。
店舗診断の業種は多岐に渡り、約300店の店舗診断を行った。
また、農家の経営診断や野菜の直売所の販売促進にも取り組んだ。

「かながわ朝市ネットワーク」の立ち上げ

神奈川県西部の人通りがほとんどない商店街、何とか活気を取り戻そうと、
朝市の立ち上げを手伝った。
当日、果たしてお客様は来ているだろうかと不安な気持ちで会場に着くと、
「この街にもこんなに人がいたのか」
というほどの賑わい。

以来、朝市の魅力に惹かれ、あちこちの朝市の立ち上げの支援を行ってきた。
神奈川県内各地の朝市の連携を図ることを目的に
平成21年「かながわ朝市ネットワーク」を立ち上げた。

活動の一環として、毎年1回、県内の朝市が一堂に
会するイベント「かながわ朝市サミット」を行ってきた。
今まで、横浜、平塚、小田原、相模原、座間、茅ヶ崎で実施してきており、
毎回、約100店が出店し、2万~3万人の来場者で賑わった。

平成26年、神奈川県内の約40ヶ所の朝市を紹介した「かながわ朝市ガイドブック」、
朝市を実施するための「朝市実践マニュアル」を発行。
今後も朝市を通して地域活性化に取り組んでいく。

商工会議所で延400人前後の創業相談を実施

平成19年より神奈川県の県西地区の商工会議所で、
創業相談を担当することになった。
現在までに延400人前後の起業の相談を行ってきた。
業種はマチマチだが、ほとんどの人がそれまで自分が従事していた業種と同じ業種で起業。
それしか起業の選択肢がないと思っている…。
その人のやりたいことは、本当にそれなのだろうか?

そんな折、アメリカのマイク・マクマナスの開発した
SOURCEという手法に出会い、トレーナーの資格を取得。
自分の本当に好きなこと、ワクワクすることを見極め、
本来の自分を発見し、それに基づいた
仕事にしていくことが充実した人生につながるという考え方に出会う。

「ライフワーク起業」の支援を自分のライフワークに

起業しても、3年後まで生き残れるのは約3割、
オリンピック選手のコーチングで有名な
あるコーチによると
目標設定の95%が実現しない。
立てた目標が本当にやりたいことでないからだという。

「ライフワーク起業」とは、自分の本当に好きなこと、
ワクワクすることを見極め、本来の自分を最大限に活かして
経済的にも豊かに生きるための起業、
これを支援していくことを私のライフワークにすることにした。

家族は妻とイヌとネコ、落語をきくのが好き

家族は妻とイヌとネコ。
イヌはヨークシャーテリアと
マルチーズのミックス。
朝、目が覚めると私の横に寝ていることが多い。
ネコは野良ネコ出身、寝る前に晩酌していると私の膝に乗ってくる。

化粧品会社に勤務していたころ、会社をサボって、
よく浅草演芸ホールに落語をききに行った。

趣味はと聞かれて
これはというものはないが
強いて言えば落語かなという程度
こだわりの落語論を持っているわけではない。

ハッツァン、クマサン、ご隠居さんの世界が好きなのだ。

大場保男をフォローする
節約社長