税務調査でパソコン内のデータ提出を求められた⇒断ることって可能?

税務調査
スポンサーリンク

 帳簿書類の電子化が進んでいるため、多くの会社では、パソコン内、もしくはクラウド型の会計ソフトで数字を管理されていることでしょう。税務調査でも調査官が、パソコンのファイルや会計ソフトの管理画面を見たい、電子媒体で書類を提出して欲しい、と言ってくるケースが増えています。果たして応じる必要があるでしょうか?

税務調査で電子媒体の書類提出を求められたらどうする?

 9月から12月は、個人・法人共に税務調査が一番入りやすいシーズンです。

 さて、帳簿書類の電子化が進んでいるため、多くの会社では、パソコン内、もしくはクラウド型の会計ソフトで数字を管理されていることでしょう。

 そのため税務調査でも調査官が、パソコンのファイルや会計ソフトの管理画面を見たい、電子媒体で書類を提出して欲しい、と言ってくるケースが増えています。

 果たして私達は、この要求に応じる必要があるのでしょうか?

電子媒体による書類提出に応じる必要はない

 結論から言うと、税務調査官にパソコンの画面を見せたり、電子媒体で書類を提出する必要はありません。

 たしかに、税務調査官には質問検査権が与えられています。

 また、正当な理由がないのに書類の提示・提出を拒んだり、虚偽の記載をした帳簿書類等を提示・提出した場合には、罰則(1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)が科されることがあります。

 ただし国税庁は、提出を求める帳簿書類等が電磁的記録である場合、電磁的記録を調査担当者が確認し得る状態なら、提出についてはプリントアウトしたもので良いとしています。※

 証拠の提示を求められた時に画面を見せる必要はありますが、提出する際には電子媒体提出する必要もありません。

 また、税務調査官が持参したUSBなどへの記録保存を求めてくることもありますが、

(注) 提出いただいた電磁的記録については、調査終了後、確実に廃棄(消去)することとしています。※

 というように、保管方法に関する基準は極めて不明瞭です。

 「データが外部流出し、第三者によって悪用されれば、損害を被るおそれがあるため、保管・処分方法まで書類で明示していただけますか?」と言えばよいでしょう。

 だいたい、税務調査官の要求はそこで止まります。

不用意な形でツッコミを受けないために事前チェックが必要

 やましいことが何一つ無いため、パソコン画面を見せる方もたまにいらっしゃいますが、その場合でも画面操作は自分達でやるのが良いでしょう。

 また、パソコン画面上に会計や契約に関連するフォルダも置いておかないことがベストです。

 税務調査官は追徴課税の取っ掛かりとなる証拠を常に探しているからです。

 税務調査の当日は喧嘩しても仕方がありませんから、あくまでも協力的な姿勢を見せるべきですが、不必要なツッコミを受けないよう注意しましょう。

※税務調査手続に関するFAQ(一般納税者向け):国税庁
https://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/data/h24/nozeikankyo/ippan02.htm

税務調査
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
北村 光宏

税理士法人ガルベラ・パートナーズ 代表社員(東京)
北村 光宏

経歴:

税理士
2000年、中央大学・経済学部を卒業
一般事業会社及び中堅税理士法人を経験
2011年、東京事務所に入社
2015年、税理士法人の代表社員に就任
趣味:釣り

当社の強み:

ガルベラ・パートナーズグループは、国内12社、海外6社で形成されております。

その内訳は、税理士法人、社会保険労務士法人、司法書士法人、行政書士法人、コンサルティング会社、資産運用会社、海外ビジネス専門コンサルティング会社などによる専門家集団であり、お客様が直面されている様々な問題をいち早く解決できるよう、ご支援させていただいております。

特に、IPO、人事評価、ホールディングス化、組織再編・会社分割、香港・ベトナム・中東諸国を始めとした海外進出援助、海外赴任に伴う労務・税務については、ワンストップソリューションをご提供できる強みを持っております。

運営サービス一覧:

ホールディングス化サポート.com

会社分割なび

人事評価制度.com

労務監査.com

フランチャイズ加盟相談センター

ガルベラの香港進出サポート

ベトナム進出サポートセンター

国際労務.com

海外赴任.com

北村 光宏をフォローする
節約社長