ステージアップのタイミングに起きやすい2つの現象〜違和感への対策は?

起業
スポンサーリンク

 自分の活躍する舞台が変わりそう、大きな環境の変化が待ち受けている、こんなときは、高揚感と共に不安やマイナスイメージが膨らむ時でもあります。なぜこのような現象が起きるのでしょうか?ステージアップのタイミングに起きやすい2つの現象、違和感に対する対策も含め、増田さんが解説してくれます。

ステージアップの段階で不安を抱くのはなぜ?

 今日は、私達が成長を遂げていく上で欠かせない、「ステージアップのタイミング」というテーマでお話してみたいと思います。

 ステージアップのタイミングは、必ずしもウキウキワクワクを感じるだけでなく、なぜか不安やマイナスイメージが膨らむ時でもあります。

 なぜ、このようなことがおきるのか?どんなふうに対応していったら良いのか?ということを考えてみたいと思います。

 そもそも、ステージとは何なのかというと、「脳が捉えているコンフォートゾーン」を指します。

 コンフォートゾーンとは、日本語に訳すと「居心地のよい場所」という意味で、「既知」で出来上がっている世界のことです。

 既に知っていること、既にあるもので出来上がっている世界なので、凄く心地がよい状態です。

ステージアップの際に起きやすい現象1:味覚が変わる

 対して、ステージアップする時には「既知」の世界から、「未知」の世界へ飛び出すので、壁(本当は新しい扉だが壁に見える)が出てきたり、違和感を感じるようになります。

 これは全て脳の働きによるものです。

 なぜなら脳にとって「変化」は死を意味するとも言われ、未知の世界に行くことを嫌って、今までの当たり前の世界に引き戻そうとするので、不快になったり、壁に見える出来事が起こったりするようになります。

 とは言っても、コツコツ前進を続けていくと、いずれステージアップのタイミングが訪れますよね。

 すると、ある変化が起こります。

 コンフォートゾーンの変化は思考より先に感覚がキャッチします。

 その影響からか、ステージアップを迎えているクライアントさんたちの中には、味覚の変化を感じる人が多いのです。

 例えば、女性は妊娠すると味覚が変化する、という現象があります。

 ホルモンのバランスが変わって、酸っぱいものが食べたくなったり、脂っこいものが苦手になったりしますよね。

 男性でも女性でも、味覚や、物の捉え方が変わったなと感じるときは、ステージアップのタイミングであることが多いのです。

ステージアップの際に起きやすい現象2:「何か気になる」が増える⇒対応策は?

 ステージアップのタイミングで起こるもう1つの現象として、思考より感覚が先行するので、「何か気になる」という状態が起こりやすくなります。

 「よく理由がわからないけれど、◯◯が気になる」という状態が頻繁に訪れるなら、これに素直に従う(採用する)のが正しい選択です。

 「何か気になる」という状態は、既知の世界から未知の世界に行くために、必要なものをキャッチしようとしているんですね。

 普段だったら、思考で理性をはたらかせて、物事を取捨選択するわけですけれど、ステージアップの時は「気になるほう」を選択することで、新しいステージへ進みやすくなりますよ。

 
起業
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
増田恵里佳

若い頃から家出を繰り返し、水商売の世界に入るも、地味顔・人見知り・話し下手のせいで、ママからクビ宣告を受ける。

「自分を変えたい!」と思ったタイミングで、コーチングに出会い、その言葉の力に惹かれ、600万円以上をかけて、10年間専らコーチングを学ぶ間に整形なしで最下位ホステスからNo.1を獲得。

その後、カウンセリング、コーチング、コミュニケーションスキルを組み合わせた独自のメニュー『ジュエルコーチング』を開始。

コーチングの主な成果は以下のとおり。

・1ヶ月で婚約が成立
・1ヶ月で理想の彼とお付き合い
・マンネリ化した関係から結婚にまで進んだ
・仕事で社内No. 1、自己最高の売り上げ達成

現在相談件数は1000件を超え、依頼された婚活セミナーでは、カップリング率80%を誇る。

増田恵里佳をフォローする
節約社長