秘伝のレシピを著作権で守りビジネスで活用することは果たして可能?

著作権
スポンサーリンク

 自社が飲食店を営業しており、自慢メニューのレシピをフランチャイズや暖簾分けという形でビジネスに活用しようとした際、レシピを著作権で保護しながら世の中に広めることは可能なのでしょうか?著作権で保護できる場合と保護できないケースを踏まえて、著作権でレシピを保護するのに効果的な措置をご紹介します。

当店自慢のレシピをビジネスで活用〜著作権でレシピの保護は可能か?

 グルメ番組で人気の飲食店が紹介される時、よく料理人に「この深いコクを出す秘訣は?」「どんなふうにこのタレを作っているのか?」という質問を投げかける場面が登場します。

 予想は着くと思いますが、これらの方々の多くは「レシピは企業秘密」と答えます。

 確かに、秘伝のレシピは、企業努力により作り上げた価値ある財産です。

 公開をせずに秘密にするという方法もありますが、ビジネスという観点で考えたときには、自分たちがコントロールしたうえで、適正に利用してもらうことで収益につなげるかたちで、レシピを活用するというのも一つの策です。

 とはいえ、レシピをビジネスで適正にコントロールするためには、一定のルール化でこれを利用してもらう必要があります。

 そのために、知的財産権(著作権)で何とかレシピを保護することはできないのでしょうか。

レシピを著作権で保護できる場合と保護できない場合

 秘伝のレシピ(料理のレシピ)と一口にいっても、とらえ方は人それぞれです。

 「レシピを真似されてしまった」という相談を受ける場合には、大きく分類すると以下にあげる2つのケースがあります。

 1つ目は、レシピを掲載したホームページの内容をそのまま無断で転載されてしまった場合や、レシピを掲載したテキストの内容をそのまま無断でコピーし配布されてしまう場合です。いわゆるデッドコピーというものです。

 2つ目は、レシピを掲載したホームページやテキストの内容をそのままではないけれども、料理の材料や作り方が同じで、その料理方法で料理すると同じ料理ができ上がってしまう場合です。

 この2つの違いは、分かりにくいかもしれませんが、私たち専門家からすれば、この2つは大きな違いがあります。

 それは、前者は著作権で保護することが可能なのに対して、後者は著作権で保護できないということです。

 インターネットで「レシピ」「著作権」のキーワードで検索すると、「料理のレシピは著作権で保護できない」との回答が多いですが、これは、後者のケースを指していっています。

 本稿でお伝えしたいことは、料理のレシピの本質的な部分は著作権で保護されないが、保護される部分もある、ということです。

 では、どこに違いがあるのかみていきましょう。

著作権で保護できる「表現」と保護できない「アイデア」の違い

 著作権で保護できるのはあくまで「表現」であって、「アイデア」までは保護できません。

 ここでよく分からないのが、「表現」と「アイデア」の関係です。

 この2つはどのような関係になっているかというと、どれぐらい具体的かというレベルの違いにあります。

 「アイデア」は、「表現」よりも抽象的な内容になります。

 「アイデア」の場合、例えば、「木は、幹から枝が生えている。」をアイデアとして捉えると、枝が2本でも3本でも極端には100本でも幹から生えていれば、ここでいう「木」に該当します。

 これに対し、「表現」の場合、「私の家の木は、2本の枝が幹から生えている。」という表現と、「私の家の木は、100本の枝が幹から生えている。」という表現は、「2本」「100本」という点で違っていますので、表現が異なります。

 つまり、「表現」とは、文章などで表された内容という意味です。

 これに対し、「アイデア」とは、文章などで表された内容ではなく、そこに現れた考え方になります。

 この点で、アイデアの方が多くの表現を包括することができます。

 アイデア(広い) > 表現(狭い)の関係といえます。

 ですから、レシピの話に戻ると、できれば料理の作り方というアイデアの点で本当は保護できれば一番なのです。

レシピの著作権保護は豊富な文章や写真のレシピへの挿入で行える

 ここまでお読みいただければ、料理のレシピは、本質的な部分を著作権では保護できないことが理解いただけたと思います。

 では、何も手当をすることができないのでしょうか。

 先程お伝えしたとおり、レシピを掲載したホームページやテキストの内容をそのまま転載等することは著作権で禁止できます。

 これは、レシピの内容を説明する場合に、各工程の感想や材料の見栄えなどを文章として記載していることが多く、この文章には著作権があるからです。

 また、写真や画像を添えて説明していれば、その写真や画像にも著作権があります。

 つまり、ホームページやテキストには、レシピの本質的な部分に加えて、著作権のある文章や写真が付属しています。

 デッドコピーという行為は、著作権のある文章や写真まで含めてコピーするため、著作権の侵害につながることが多いのです。

 ですから、著作権を侵害せずにこれらを利用するには、ホームページやテキストの内容から著作権のある文章や写真を取り除くという作業が必要となります。

 これをきちんとやろうとすると結構大変な作業です。

 ホームページやテキストの内容のうち何が「アイデア」で何が「表現」かを見極め、「表現」の部分だけを取り除かなければならないからです。

 このことから分かるように、レシピを著作権で保護する工夫は、著作権のある文章や写真を随所にちりばめることです。

 例えば、各工程の感想や材料の見栄えなどを文章として記載したり、写真やイラストなどを使ってレシピの内容を説明したりすることです。

 著作権によるレシピの保護については、100%ではないけど0%ではない。

 では、この0%ではない部分をどこまで100%に近づけられるかということを考えることがよいでしょう。

著作権
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
弁理士 渡部 仁

新卒で特許事務所に勤務し、生粋の知的財産専門家として20年以上の実務経験を有しています。
2009年に現在の特許事務所を鎌倉に設立し、特許・商標・著作権を専門として地元企業の支援に力を入れています。また、IT・ソフトウェア・ビジネスモデルの特許に強く、特許権の侵害訴訟や外国での特許取得も取り扱っています。
鎌倉商工会議所専門相談員、知財総合支援窓口知財専門家などに従事し、地域の中小企業や行政に対する公的な支援にも数多く携わっています。

知的財産権は、事業を守るだけに止まりません。活用の仕方によって利益を上げる武器にもなり得ます。
すべてのお客様が知的財産を活用して利益を上げ、事業を大きく発展させるという目標に導くことこそが私の使命です。
人との信頼、関わり合いを大切にし、情熱をもって誠実な仕事を心がけて参ります。
記事をご覧いただき、自社の知的財産についてお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

経営者の皆様へ
私たちは、知的財産活用の知識をもつ特許事務所です。
私たちは、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。
地元企業とのつながりが密接であることから、鎌倉で活躍する企業が具体的にどのような取り組みを行ったか、その取り組みのなかで知的財産をどのように手当てしてきたか、どういう取り組みが成功事例につながり、どういう取り組みが失敗事例につながったのかなど、ビジネスで使える知的財産活用の知識を有しています。
地元企業を支援して得られた知識や経験をもとに、お客様の事業そのものがうまく循環することを最も大切に考え、よりよい循環が生まれるように知的財産権を手当てしています。
このことが、結果として、知的財産を活用してお客様の利益を高めることにつながると考えているからです。

【資格】
弁理士 特定侵害訴訟代理人
第一種電気通信主任技術者
情報処理技術者

【公的な役職 2016年6月現在】
鎌倉商工会議所専門相談員
横須賀市商工相談員
知財総合支援窓口知財専門家
神奈川県特許等取得活用支援事業知財専門家
島根県特許等取得活用支援事業知財専門家
川崎市中小企業サポートセンター知財専門家
神奈川産業振興センター知財専門家
神奈川県商工会連合会知財専門家
日本弁理士会関東支部神奈川委員会副委員長
日本知的財産仲裁センター事業適合性判定人候補者
日本知的財産仲裁センター調停人・仲裁人補助者候補者

【主な講演実績】
2014年 かわさき知的財産スクール 講師
2015年 かわさき知的財産スクール 講師
2015年 経済産業省・特許庁主催の知的財産セミナー 講師
2016年 かわさき知的財産スクール 講師
2016年 神奈川県ものづくり技術交流会 IoTフォーラム招待講演 講師
2016年 経済産業省・特許庁主催の知的財産セミナー 講師

弁理士 渡部 仁をフォローする
節約社長