会社の立ち上げ時は信用金庫とうまく付き合おう

資金調達

 信用金庫は、都市銀行やメガバンクと比べると、名前からしてどうしても見劣りしてしまうと思いがちな方も多いようだが、中小企業や零細企業にとっては心強い味方だ。利用にはメリット・デメリット双方あるが、特に創業時はキャッシュが足りなくなる場合があるので、デメリットを踏まえても懇意におつきあいしたほうが良いだろう。

スポンサーリンク

地元密着型の信用金庫 利用してますか?

 地名が名称に含まれているような地元密着型の信用金庫、あなたは利用しているだろうか?

 信用金庫は、都市銀行やメガバンクと比べると、名前からしてどうしても見劣りしてしまうと思いがちな方も多いようだが、中小企業や零細企業の心強い味方だ。

 地元企業が顧客の大半ゆえ、フォローも細かで、融資に融通を利かせてくれるからだ。

スポンサーリンク

信用金庫を利用するメリット・デメリット

 一方で信用金庫の利用にはデメリットもある。大口融資に対応できなかったり、都市銀行に比べて金利が高いことである。

 では、どのような場合に信用金庫を利用するのがお得かといえば、新規で会社を立ち上げた場合があげられる。

 業績がある程度安定するまでは、信用金庫の利用をお勧めする。信用金庫は、貴方が創業時からコツコツと資金を信用金庫へ入金した実績があれば、様々な制度を通じて有利な提案を持ってきてくれるだろう。

 対して都市銀行は大口融資に応じてくれやすいが、業績が悪化した時はサッと貴方への融資を引くだろう。もっとも創業時に直接お金を貸してくれるケースも早々ない。

 今や大企業と言われる企業も、創業時は信用金庫からの融資で資金をつないだケースが多い。

スポンサーリンク

業績が拡大しても付き合いは切らすな

 大幅に業績を拡大する上で、メガバンクや都市銀行をメインバンクにスイッチすることはありだ。

 そのような場合でも、信用金庫とのお付き合いは続けることをお勧めする。
 
 企業として取り扱うお金が増加していけば、取引形態や取引サイトがイレギュラーなケースも増えるが、そのような場合に信用金庫は短資の借り入れに柔軟に応じてくれる。

 創業時はとにかく名より実、信用金庫を自分の賢い味方にしよう。

資金調達
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

起業、経営を応援するWEBマガジン編集部です。

編集部をフォローする
節約社長