NHKのワンセグ判決敗訴に学ぶ契約書作成時の用語解釈における注意点

ワンセグ携帯はNHKに受信料支払い義務無し?

 今年の8月にさいたま地裁は、NHKとの受信契約に関する画期的な判決を出しました。

 その内容は、ワンセグ付きの携帯電話を所持していたとしても、放送法に鑑みた時にNHKと受信契約を締結する義務はない、というものです。

 NHKはただちに、高等裁判所へ控訴する旨を発表してますので、地裁の判決がそのまま通るか否かは現時点ではわかりません。

 さいたま地裁の判決は、ワンセグ付の携帯電話を所持していても、受信契約をNHKと締結する必要がない理由を、放送法の以下条文に根拠として認めています。

放送法 第32条 (受信契約及び受信料)

1、協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものを言う。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

 確かに、「携帯電話」は、放送の受信を主たる目的とはせず、通話を主たる目的とするものです。

 更に、たとえ携帯電話にテレビ電波を受信する機能があったとしても、それはテレビアンテナのように受信設備を「設置」したわけではなく、受信設備を「携帯」していたまで、という論旨を組み立てれば、そちらのほうが社会通念上合理的と判断されます。

契約書は用語や文言の捉え方ひとつで変わる

 今回の事件を取り上げたのは、何もNHKを批判するためではなく、契約書や法律の「用語」や「文言」の捉え方一つで、状況が大きく変わってしまうことを読者の皆様に知ってほしかったからです。

 普段、何気なく私達は契約書を作成し、リーガルチェックを受けてOKが出たならば、「これで大丈夫」と契約調印を行いますが、用語や文言の捉え方は双方で全く異なるものとなる場合があります。

 NHKも、まさかこのような事態になるとは思っていなかったはずです。

 これを防ぐのに有効な対策は、契約書の中で使用する用語の定義を、契約書の冒頭部分もしくは末尾に注釈として記すことです。

 相手方が用語の注釈付き契約書を作る際は、使用される用語が相手に有利な条項となるよう作られていないか注意すべきでしょう。

 例え、同じ用語を使っていても、相手が違う意味で使っている、自分達と別の目的の取引をするために利用しているという、まさかの事態が起きないようにする必要があるのです。

用語や文言の見解相違で契約は変えられない

 今回の判決を受けて、NHK局内では放送法の改正に関する論議が起き、NHKと契約を締結する根拠である放送法を変えようとする動きも出ています。

 NHKの石原進経営委員長が9月13日に「ネット配信であっても何らかの受信料をいただくことは必要」と述べ、ネット視聴者にも受信料の負担を求める意向を示したことは、記憶にあたらしいところです。

 その際は受信料に関する文言に「設置」だけでなく「携帯」の場合も、NHKと受診契約を締結する義務があるという文言への改正が考えられます。

 親方日の丸・NHKがこのような暴挙に出ることができても、民間企業間の契約締結においては、片方が一方的に契約のルールを変えることは出来ません。

 契約を締結する際は、契約書の用語や文言について、一層の注意が必要とされます。

時事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
名古屋総合法律事務所

弁護士法人名古屋総合法律事務所は、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小中堅企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門性の高い法律事務所です。

~名古屋総合法律事務所の特徴・強み~

【1. 法務・税務・登記のトータルなコンサルト、そして業務の専門化、愛知・名古屋 トップクラスの信頼と実績】

名古屋総合法律事務所は、名古屋総合リーガルグループとして、同フロアに税理士法人名古屋総合パートナーズ、名古屋総合司法書士事務所、名古屋総合社労士事務所がございます。法務・税務・労務・登記のご相談がリアルタイムにお受けできます。そのため、弁護士と税理士・司法書士・社会保険労務士との連携をスムーズに行うことができ、迅速なサービスを提供させていただくことができます。また、業務としては、相続 (相続税を含む)・離婚・交通事故・債務整理・不動産・中小企業法務 (使用者側の労働事件を含む) の6分野に特化した専門法律事務所です。多くのノウハウを事務所内で蓄積・共有でき、上記専門6分野においてトップクラスの法律事務所となっております。経験豊富な弁護士10名・税理士2名・司法書士1名・社会保険労務士2名が各専門チームとなって迅速に対応します。

【2. リーズナブルな弁護士費用】

弁護士・法律事務所の弁護士費用は、わかりにくく事前に予測できない、思いがけない名目で費用がかかる、あるいは請求されるという問題がありました。名古屋総合法律事務所では、リーズナブルな価格で、また、詳細な報酬規定とその説明をしています。

【3. 女性弁護士、男性弁護士をご選択いただけます】

例えば、「女性の方のための女性弁護士による相談」を行っております。男性弁護士にはご相談しにくい、女性弁護士ではなく男性弁護士を、という方はどうぞご利用ください。

【4. 丸の内駅徒歩2分の利便性】

新事務所はオフィス街、問屋街、中高層住宅街の混在する名古屋市中区丸の内・錦地区のほぼ中央に位置しております。桜通りに面し、本町通りにほど近い立地です。地下鉄桜通線丸の内駅4番出口からは徒歩2分と、交通の便が大変良くなりました。

【5. より良いサービスの追究】

皆様により快適にご相談していただくために平日夜間相談、土曜相談を拡充いたします!名古屋を代表するビジネス街にありますので、会社帰りなどにもご利用いただけるよう、夜間相談を毎週火曜・水曜日に実施しております。また、土曜相談も、毎週土曜日に実施しております。夜間相談・土曜相談いずれも、弁護士2~3名の体制を整え、よりご希望の時間帯にご予約をお取りできるよう努力しています。

【6. 完全個室の相談室9室をご用意しております。】

プライバシーの保護・情報の漏えいを防ぐことを大切にしています。名古屋総合法律事務所は、相談ルームと執務エリアを別々に設け、「個別相談」、「完全予約制」、「完全個室」で、相談内容などのプライバシー、個人情報の保護を徹底しております。ご安心してご相談できます。防音に配慮した完全個室とし、天井までのハイパーテイションを設置し、さらに内部にグラスウールを充填し、さらに今回は、天井の一部にグラスウールを充填しました。また、音漏れ防止策の一つとして、弱い音量でBGMを流しております。

【7. 1万冊の蔵書】

専門法律事務所にふさわしく、事務所内には法律関係図書など1万冊の蔵書があります。また、弁護士・税理士・司法書士・社会保険労務士・事務スタッフともに離婚・相続・中小企業法務など専門6分野について事務所内外での厳しい研鑽に励んでおります。

【8. 組織としての事務所】

弁護士法人名古屋総合法律事務所は「合同事務所」「共同事務所」ではありません。名実ともに、一つの組織です。組織としてより良いサービスをより適正な価格で満足していただけるよう全力を挙げております。

名古屋総合法律事務所のポータルサイト

相続サイト

離婚サイト

債務整理サイト

交通事故サイト

不動産サイト

企業法務サイト

労務問題サイト

住宅ローンサイト 

登記サイト 

相続税サイト

会社設立サイト

名古屋相続手続き遺言後見センター 

名古屋総合法律事務所をフォローする
節約社長