千代田区民なら本籍は皇居でもOK?意外と知らない戸籍の知識

効率化
スポンサーリンク

 相続手続きを進める際など重要になる書類が、戸籍謄本です。戸籍は最寄りの自治体で入手することが可能ですが、個人情報が記載されているため、通常は閲覧できる人は親族などに限られています。ちなみに本籍地を私達は様々な場所に置くことが可能です。しかし、次々と本籍を変えると思わぬ面倒が…戸籍にまつわる意外と知らないことをまとめます。

戸籍謄本は個人の歴史を語る重要な行政書類

 戸籍とは,その人の出生から死亡するまでの親族関係を表したものです。

 その人の親は誰なのか、妻や夫は誰なのか、子供は誰か、養子はいるのか、といった内容が分かるようになっています。

 従って、戸籍を追っていけば、その人と血のつながりがある人や姻戚関係のある人が分かるようになっています。

 戸籍は市区町村単位で管理されています。

 もし戸籍の内容をあらわす書類(戸籍謄本や戸籍抄本といいます)が必要であれば、各市町村の窓口で申請すれば取得することが出来ます。

 戸籍謄本や抄本の取得にかかる費用は自治体によって異なりますが、だいたい1通当たり500円前後と言うところが相場。

 私が拠点を置く小田原市、南足柄市、大井町、松田町、箱根町あたりであれば「広域証明サービス」という制度があるので、この地域に住んでいる方であれば5市町の役場で戸籍を取得できます。

 例えば箱根に本籍がある人は、小田原市の市役所でも戸籍を取得することが出来ますので、うまく活用してみて下さい。

戸籍謄本を取得できる人は基本的に制限される

 ただし、戸籍は誰でも簡単に取得できるわけではありません。

 それこそ個人情報のカタマリのようなものであるため、行政も取得できる人に一定の制限をかけています。

 具体的には

  • 戸籍に記載されている本人
  • その人の配偶者
  • その人の父母、祖父母などの直系尊属
  • その人の子、孫などの直系卑属

 以上のつながりを証明出来なければ、戸籍を取得することは出来ません。

 離婚した相手方の戸籍や、兄弟姉妹などが戸籍を取得する場合には、その戸籍を取得する理由を文書にして説明しなければなりません。

 「相続人を確定するために必要」「離婚後の親権の確認に必要」というような具体例が必要です。

 また、税理士や弁護士、司法書士や行政書士など、行政手続や司法手続に戸籍の取得が必要になる場合には、各士業の職権で取得することも出来ます。

 その際には「戸籍等の職務上請求書」というものを添付して、各市区町村に戸籍取得を申請しますが、その時にも取得の理由を明記しなければなりません。

スカイツリーもディズニーも!本籍を置く場所はどこでも大丈夫

 さて、私達は日本国民である以上、自分自身の戸籍のある場所を定めなければなりませんが、自分の戸籍が置かれている場所を「本籍(地)」と呼びます。

 本籍は自分の住んでいる場所に置く場合が多いですが、厳密にいうと住んでいない場所を本籍地として指定することも可能です。

 例えば、小田原に住んでいるのに本籍地を皇居のある「東京都千代田区千代田1-1-1」にしてもOK。

 東京スカイツリーやディズニーランド、富士山山頂などを本籍地にすることもできます。

 ちなみに千代田区民の方は、皇居を本籍にしている場合も多いようですね。

 ただ実際に戸籍が必要になった時には、そこまで実際に足を運んで申請するか郵送で請求しないとならないので、住所地にしておいた方が無難です。

 多くの方は、住所地もしくはご実家のある場所を本籍にしているケースがほとんどですね。

 実務者サイドの意見を言わせていただくと、本籍をコロコロ変えるのは避けた方が良いです。

 相続手続きなどでは、生まれてから死ぬまでの戸籍が必要になるのですが、本籍地が変わるたびに、その場所での戸籍を取得する必要が出てきます。

 皇居のある千代田区役所に行って、富士山のある富士吉田に行って、ディズニーランドのある浦安市役所に行って・・・なんて想像しただけでもゾーッとします。

 以上は生きている方の戸籍のお話です。

 亡くなった方の戸籍もとることができますが、それらは除籍謄本、原戸籍と呼ばれるもので扱いがちょっと異なってきます。

 そのお話についてはまた別の機会に・・・。

効率化
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
鈴木 一彦

鈴木一彦 プロフィール

◆保有資格

税理士、行政書士

◆モットー

「走る税理士」 それが私の別名です!

趣味はマラソンとトレイルランニング。
時間を見つけては、海に山に走りに出かけています!
今の目標は「日本百名山をトレイルランで走破」すること。
壁は高ければ高い方が挑み甲斐があるというものです。

私は生まれも育ちも小田原です。
愛着と思い入れのあるこの地で事務所を構えております。
神奈川県西地域が魅力ある場所になるためにチカラを注いでいます!

私は税理士や弁護士などの「先生商売」と呼ばれるお堅いイメージを無くすことをモットーとしています。

我々のような専門家は、もっとみなさまにとって身近な存在であるべきなのです。
困った時、助けてほしい時に気軽に何でも相談できるような、そんな存在になりたいのです。

一人で悩んでいても、なかなか答えが出てくるものではありません。

まずはお気軽にお問い合わせください!

◆経歴

昭和50年7月 神奈川県小田原市生まれ

平成6年3月 神奈川県立小田原高校卒業

平成10年3月 法政大学経営学部経営学科卒業、神奈川県秦野市の税理士事務所で勤務
(法人税申告300件、個人確定申告800件、相続税申告20件以上を担当)

平成23年12月 第61回税理士試験合格(簿記論、財務諸表論、法人税法、消費税法、相続税法)

平成24年3月 東京地方税理士会平塚支部にて税理士登録

平成26年3月 税理士法人を退社し、神奈川県小田原市にて鈴木一彦税理士事務所を開業

平成26年7月 経済産業大臣により経営革新等認定支援機関に登録される

平成26年8月 行政書士として登録(神奈川行政書士会小田原支部)

〜ブログも絶賛更新中〜

走る税理士 鈴木一彦のブログ

鈴木 一彦をフォローする
節約社長